ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
タグ:深セン新生活日記 ( 133 ) タグの人気記事
| 非公開コメント  
2009年 03月 01日
深セン新生活日記【134 終】 ブログ正式開設 (2006.5.19)

深圳新生活日記 【134 終】  2006年5月19日  ブログ正式開設

今日もいい天気。農林路を歩いて写真を撮りながら通天閣まで。
適当にバスに乗る。布吉行き。草補を少しぶらぶらしてから323路のバスで帰る。
山姆会員店(SAM'S CLUB)へ。麦入りの枕を買う。麦枕みたい。

ブログは今日を正式開設日とした。公開設定に加えて更新通知を送る設定に。

12900歩

この日の日記で「深圳新生活日記」の最終回としました。これ以後はブログが日記の役目となります。

5月19日は唐招提寺のうちわまきの日。この付近の覚えやすいような日は他に思いつかず、タイトルを「深圳マンション購入内装記」として5月19日を開設日と設定しました。
これ以後は書きためたマンション購入内装記、「創房記」を順を追って少しずつ公開することになります。

それ以後はそのまま放置するかどうかといろいろ思案しながら少しずつ記事を書き始めました。
まずは香港に出てきてから書いていた日記のまとめの意味で日記を抜粋しながら1週間に2回up、さらにマンションを購入して内装準備から内装完成までの内装日記も抜粋して週2回upすることで週4回分の記事を確保、あとの週3日分は思いつくままに書いていくこととしてブログの継続を決心しました。
ブログ名を「深圳の日々」に改題、さらに香港日記を連載していることをふまえて「深圳の日々+香港」としてさらにFunny days in Shenzhen +Hongkongを追加して現在に至っています。
いつネタ切れになるか不安はありましたので3年近くも続くとは思わなかったことですが。

ブログを書き続けてよかったと思います。
自分一人で勝手に思っていればいいのでなく、記事を公にするということで記事に対してあやふやなところは確認作業をしなければなりませんでした。主にWEBを利用して確認するのですが、念のため複数の記述を確認して同じことが書いてあればOKとしてupしていました。おかげでその過程で思わぬ新知識がわかったり、より深く深圳のことを知ったりできました。
深圳に対して愛着ができてきたのもブログを書くことで深圳を深く知ることになったからだと思います。

でもこうして日記シリーズがすべて完了したことでついにネタ切れとなってしまいました。まあ、でも今までみたいに毎日更新という考えを持たずに気ままに更新というスタイルで続けていこうと思っています。
引き続きよろしくです。



「深圳新生活日記」
  おわり








2代目のスキンです。名前が深圳の日々に変わっています。
初代の「深圳マンション購入内装記」は残念ながら保管していませんでした。




初代がありました。pdfファイルが残っていました。フォントが違うし、メニュー部の画像も少し荒れてはいますが・・・





[PR]
by sceneway | 2009-03-01 09:06 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 02月 26日
深セン新生活日記【133】 ついにブログ仮公開 (2006.5.13) / 季節はずれの蝉

深圳新生活日記 【133】  2006年5月13日  ついにブログ仮公開

Blogを最終チェックし、設定を非公開から公開に変更、更新通知はせず仮公開とする。
ごく親しい知人にメールで知らせる。いくつかBlogにアクセスがあったのでメールを読んだのだろう。

東海坊の日本料理屋で超久しぶりに食べる。味が前より悪くなった。もう来ないだろう。
初めて香蜜湖路を歩いて帰る。意外に近く感じる。

7200歩

2009.2. 深圳で
この前まで寒いと思っていたのにすでに暑く感じられる時もあるこのごろ。
マンションの近くを散歩、聖人大座に登ってみました。半袖で。

黄色と黒のタイガースカラーの虫が私の顔面を直撃、もしかして・・と思ったらやっぱり蝉でした。
季節はずれの蝉、力なく地面にダウン。ステッキでいじってみると少し動きますがほとんど力なし。どうして今時出てきたのでしょう・・


力ない季節はずれの蝉 日本の蝉とは違ってカラフルです
b0075737_21534025.jpg

そして九重葛(ブーゲンビリア)は今が旬
ちなみに赤いのは花ではなく苞だとのことで、中の小さいのが花だそうです。
花が小さいので虫に知らせるように苞が華やかなのかな・・・
b0075737_21535477.jpg

そして九重葛に蝶
b0075737_215469.jpg





[PR]
by sceneway | 2009-02-26 22:03 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 02月 20日
深セン新生活日記【132】 ブログの草稿ができあがる (2006.5.12)

深圳新生活日記 【132】  2006年5月12日  ブログの草稿ができあがる

写真の補充もおわりBlogの草稿ができた。
今日はのんびりして明日からチェックしよう。

マンション内装に関するブログ原稿を全編書き終えました。あとはチェック。
一般的なブログのからすると手順が違うのですが、当時、毎日ブログを更新するということは精神的負担が大きくてできないと思っていたのです。
ですからブログというより、自分史の記録ホームページみたいに考えていたのですが、ブログだとホームページとは違っていろいろ便利な気がしたのでブログサービスを利用したホームページという感覚でした。
そして次の日の13日、ブログ設定を非公開から公開にセットして仮開設。ともあれ中国での自分の転換期でした。



当時、ブログ用に撮影していた深南東路、地王大厦前。 (2006.5.)
b0075737_0511437.jpg



[PR]
by sceneway | 2009-02-20 23:39 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 02月 19日
深セン新生活日記【131】 激しく変化する深セン (2006.5.9)

深圳新生活日記 【131】  2006年5月9日  激しく変化する深圳

昼過ぎ、マンション管理費などの自動引き落としの指定口座になっている工商銀行へ補充のため預け入れ。

皇崗口岸にほど近い街、崗厦へ。
ブログ記事写真作成のため内装工事の材料などを買った内装材料店「世紀中心」へ行くとなんと解体工事中!
えっ..何で・・結構便利だったのに。
香蜜湖の不動産屋もなくなってたし、短い時間の間に思い出が急激になくなっている。
好百年へ行って写真を撮る。こちらは問題なし。

福田新村へ歩き325路のバスに乗って帰る。
帰宅後、ウォルマートの会員店、山姆会員店(SAM'S CLUB)へ行って買い物。買い込んだので帰りは運び屋を利用する。10元。

9,500歩

世紀中心のあったところは、今、新都心として再開発されているところです。都心の商業区にでっかい内装材料店はあわないので立ち退きとなったのでしょう。今は私のマンションにも近い香蜜湖付近に移動しました。
ただ、2004年ぐらいの内装材料店の景気はよかったらしいのですが年々商売は下降気味のようです。



マンションからの展望
新しいマンションが急速に増えて古い町が消えていく
b0075737_1224263.jpg





[PR]
by sceneway | 2009-02-19 23:23 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 02月 13日
深セン新生活日記【130】 深圳の店のサービス (2006.5.7)

深圳新生活日記 【130】  2006年5月7日  深圳の店のサービス

Blogは大詰め。
お腹が出るのを警戒して少なめの食事に。体重はxxkg近い。

久しぶりに景田北のあんま。運動不足のため歩いていく。片道3,500歩。
まずパン屋にパンを買いに行く。行くと小姐がトレイを持ってついてくれる。選んだパンを彼女の持つトレイに。8元の買い物。

健康中心でいつもの17号の小姐を指名してまず足のマッサージ、そのあと背中と腕を中心にマッサージ。この小姐が一番うまい。やっている時はけっこう痛かったがあとはいい気持ち。計2時間70元。20元をチップ。

7,100歩

このパン屋さんのサービスは深圳で少しびっくりしたサービスの一つです。
このころよく利用していた宝安のDVD屋も私の好みをよく覚えていて私にあいそうな新しいDVDを紹介しながら、このパン屋と同じようについてきてくれます。気に入ったものがあれば彼女にわたす・・そしてある文房具屋さんも同じでした。

これらはいずれも小さいお店。これが昔からの中国の風習なのかも知れません。
レストランに行けばお勘定はテーブルまで取りに来て清算とか、現金の授受に関してはお金を出す方に不快感を与えないという考え方なのでしょうか・・これが商売の秘訣か・・




変貌する深圳の世界最大級の貿易港・塩田港周辺の道路網整備 (2009.2.)
b0075737_0225992.jpg





[PR]
by sceneway | 2009-02-13 23:21 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 02月 12日
深セン新生活日記【129】 ブログ準備も大詰めに (2006.5.6)

深圳新生活日記 【129】  2006年5月6日  ブログ準備も大詰めに

Blog。久しぶりにいい天気。夕方から運動のため歩く。

僑香路を家電店の順電に行き、さらに香梅路を歩いてマンション探しの時に訪れた不動産屋へ行ってみる。
あらま、不動産屋がなくなっている。Blog用の写真を、と思って来てみたが写真が撮れない。
もともとプレハブのような事務所だったのでどこかへ移転したのかも知れない。何かで代用するしかないか。
でもなんか、思い出が一つなくなったようで寂しい感じもした。

傍らに房産証なんとかの標識がある。もしかして、これが抵当権抹消手続きをする所なのだろうか。行ってみる。分からん
龍塘から325のバスで帰る。

9,300歩

内装工事の1000枚の写真を元にマンション購入内装記から始めたブログの準備もそろそろ1ヶ月。大詰め、開設も間近となってきて原稿を書きながら不足している写真を撮影して回っていた頃です。
結構綿密に進めていたのでこの緊張を持続させることは考えられず・・ブログをHPとして放置する運命か、とも思っていた頃です。
さてどうなりますか・・


ブログ準備で撮影していた写真 (2006.5.)

不動産屋
b0075737_011170.jpg

これは家具屋さん、好百年
b0075737_0111849.jpg

そして深圳・崗厦の街
b0075737_0113392.jpg




ついブログの引越準備の方に興味が向いてしまってなかなか更新できていません・・・ (- - ;


[PR]
by sceneway | 2009-02-12 23:22 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 02月 07日
深セン新生活日記【128】 芸展中心 (2006.4.30)

深圳新生活日記 【128】  2006年4月30日  芸展中心

久しぶりに梅園路へ。芸展中心から歩いて八卦路、国展中心へ。
元¥移転中心へ行くときにいつも国展中心と言うところを通るので何かなと思っていたので寄ってみた...何もなかった。
途中マンゴを売っていた。6個10元。買う。
芸展中心は五一節のためか、人が多かった。

7,700歩

芸展中心は年々華やかになってきています。初めての頃は少し寂しい感じで採算がとれるのかな、とこっちが心配していましたが、だんだんにぎやかになってきました。まあ、香港の女人街みたいなのがビルの中にある、と言うようなものですが女人街よりは立派で規模も大きくて見応えがあります。
見た目の割に安価で買いやすい気がします。そんなに値切れません。
→ 芸展中心


芸展中心で買ったアロマテラピー 調光器付きで50元
明かりの上の方にお皿があって水と香水を入れます。
b0075737_10322634.jpg



ところでブログ移転計画、やっとお面ができまして、少しずつ移動させています。まだ正式オープンではないですが・・
http://scenewayfc.blog59.fc2.com/
です。たぶんあと1ヶ月ぐらいで引っ越しです。


[PR]
by sceneway | 2009-02-07 10:34 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 02月 05日
深セン新生活日記【127】 お腹の出が気になって・・・ (2006.4.27)

深圳新生活日記 【127】  2006年4月27日  お腹の出が気になって・・・

今日もBlogの準備。毎日かなり時間をかけている。スキンはすでに終了しているので、記事をどんどん書いて準備中。

夜、景田北へ。洗濯に出しておいた日本用の冬のジャンパーを取りに行く。おなかが出てきて気になったので運動のため歩いていく。
久しぶりに足のマッサージ。いつもの17番の小姐は他の人にマッサージ中なので代わりの小姐。力が入っていなくて頼りなかった。帰りに果物を買って帰る。
マンションまであと少しというところ、香蜜湖路にさしかかったら雨が降ってきた...ほんとに気のきかん雨だ。もう5分待ってくれ。

6,800歩

マッサージ、この次に行ったらあと17番の小姐は事前に電話をくれと言っていました。
それにしてもこのころはお腹の出が気になってたのですね。今思えば嘘みたいな話です・・
今だと、これくらいの距離は歩いていくのが当たり前みたいになっているのですが・・変われば変わるもの。

ところで最近更新をさぼっております。
今回の記事でブログ開設以来963番目となります。1000個まであと少し。で、1000個を記念してブログの移転計画を準備中なのです。連日時間をかけて準備に大わらわ。ようやくブログのお顔(スキン)の設計がほぼ終了しましたのであとは細かい調整とデータの編集移行作業をするつもりです。このデータの移行がやっかいなので楽する方法を考えているところです。

移行する理由はエキサイトブログの自由度が不足していて思うようなレイアウトにするのが困難なこと。まあ、数あるブログに比べると自由度はある方なのですがね。
決心したのはエキブロが中国の規制に対して何も手を打ってくれてないと感じたことが引き金でしょうか・・そろそろエキブロがアク禁されてから1周年。


2009年2月
久しぶりに香港の屯門に行きました。
いつものように春節の飾りがありました。
そしてここ100年のお札、硬貨が大量に展示されていました。日本の占領時代の軍票、国債などもたくさんありましたし、アヘン戦争の紙幣やアジア独立以前のイギリス支配時代の各国の銀貨などもあり、これが戦争かと感じさせるものでした。


春節の飾り
b0075737_0223583.jpg

展示されていた紙幣と硬貨の一部
b0075737_0225233.jpg

夜の深圳湾大橋
b0075737_023455.jpg





[PR]
by sceneway | 2009-02-05 23:16 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 01月 30日
深セン新生活日記【126】 深セン住宅ローン完済の処理 (2006.4.25)

深圳新生活日記 【126】  2006年4月25日  深圳住宅ローン完済の処理

午後、永亨銀行へ。
ローン完済にともない、ローンの抵当になっていたマンションの抵当権を抹消するための資料と必要書類一切をもらう。かなりな量。
日本の権利書にあたる房産証は銀行が押さえていたがこれも返却された。分厚く立派な表紙が付いているだけで中身はもらっていたコピーと同じ。半年以内に抵当権抹消に行けとのこと。
銀行が代理申請することもできるらしいが、手数料300元と言っていたのと経験のため自分でやることにした。

10,300歩

b0075737_2359162.jpgこのあとなかなか処理に行かなかったのですが数ヶ月後にやっと行きました。
銀行が教えてくれたように房地産登記センターへ行って銀行のそろえてくれた書類を提出するとOKでした。

ただ銀行から身分証のコピーを用意しておくように言われていたのに忘れてしまっていました。
近くにコピーできるところがあるというので書類を提出したままコピーに行き、コピーから帰ってくるとすでに処理が終わっていました。房産証には抵当権を抹消したという記述が追加されていました。
それにしても何とも速い仕事。一人で行ったので言葉の問題を心配していましたが、何事もなくあっという間に終了。 →  抵当権抹消手続きへ 

日本のローンの時は妹に行ってもらったのですがなかなかやっかいだったそうで、彼女に聞いた話からするとこちらは気楽この上なし。
銀行に頼むと300元とはぼったくりに思えてきます。
登記の時に300元を支払って銀行代行でやったのですが、これも自分で行った方がよかったかな・・


[PR]
by sceneway | 2009-01-30 23:44 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2009年 01月 29日
深セン新生活日記【125】 久しぶりの宝安-どんどんきれいになる街並み(2006.4.22)

深圳新生活日記 【125】  2006年4月22日  久しぶりの宝安 - どんどんきれいになる街並み

久しぶりに宝安へ行く。
いつものDVD屋でDVDを買う。
街を歩いてみたら変化が大きく、とまどう。僕が深圳で一番最初に見学したマンションは何棟も建ち並びどんどん整備されているし、古い団地は周りを柵で囲まれて入れなくなっている。中にあった店屋はどうなるのだろうか...

結局DVDを買っただけで帰宅。

10,000歩

宝安にはいろいろ思い出があるのです。
私は香港勤務時代から中国工場へ行くことが多く、長期滞在もふつうにありました。
そのときの工場は深圳市の場合は経済特区の外とか東莞市のはずれの工場の他には何もない荒れ地。
こういう場合、工場ができるとその従業員をあてこんでバラック造りの店屋さんがぽつりぽつりと空き地にできてくる程度でタクシーも通りません。ですので、ちゃんとした店屋に行こうとすると車を手配して最寄りの街まで行かなければなりませんでした。

そしてある時、特区外の宝安に工場を持つ会社にしばらく滞在することになり、このとき初めて宝安に行ったのです。宝安に着いたときの印象は・・・
感激でした。工場地帯だというのにちゃんとした街にある・・と言う感じ。まあ、特区内の繁華街に比べるとやっぱり田舎だったのですが、それでもちゃんと固定された、バラックでない店屋が並び、街を形作っていましたから。

それがこのころのマンション建設ブームに乗って、特区外である安価さからどんどんマンションが建設、街並みが整備されていき、行くたびに街の形が変わっていくような感じでした。


宝安の新しく建設されたマンション (2006.5.10)
b0075737_21372681.jpg

右のホテルは日本人が多く宿泊する宝安・都之都酒店 (2006.5.10)
b0075737_2137376.jpg

上島(台湾)珈琲 (2006.5.10)
b0075737_21374944.jpg



[PR]
by sceneway | 2009-01-29 21:45 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント