ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2008年 12月 30日
香港 屯門の年の暮れ

香港 屯門の年の暮れ


新しい1月1日もあと1日とちょっと。
私の中で今年も山歩きの楽しさは衰えませんでした。来年もマイペースで楽しみたいと思います。
1月10日はやっと待望の香港ライオンロック(495m)へ行くかも・・・


日本では1月1日がお正月ですが、ここ深圳、香港では春節がお正月ですので1月1日はふつうの休日。2009年の春節は1月26日、年の変わり目までにはあと1ヶ月近くあります。
でもおもしろい宣伝を見つけました。



屯門 天水圍の近く軽便鉄路「天逸」駅
b0075737_19503175.jpg

おばちゃんも頑張ってます
b0075737_19504750.jpg

そしてこれ。 「歳末大掃除 家事のよきお手伝い」
香港にも年末大掃除の習慣があったのだろうか・・・
b0075737_1951592.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-12-30 20:06 | 香港 | 非公開コメント  
2008年 12月 26日
深セン新生活日記【117】 ローン一括返済手続き (2006.4.6)

深圳新生活日記 【117】  2006年4月6日  ローン一括返済手続き

永亨銀行へ。計算書が来ていたので小切手を持って出かける。
銀行は僕の顔をよく分かっているので話もしやすい。言葉(専門用語)がわからず苦労するが、どうにか手続き完了。XX万ちょっとの香港の小切手にどれくらいの手数料がかかるのか分からず多い目に小切手を書き、後日返してもらうことになった。
来週火曜日ぐらいに小切手の手続きが終わるだろうと言う。また電話をくれるそうだ。
羅湖へ。1万HKDを両替。1.0365。
崗厦の新一佳、香梅路の順電、SAM'S Clubと、料理用の秤を探すが見つからず。やっぱりJUSCOかなあ。

13,900歩

ローンの一括返済の話はしておいてましたので、その計算書が送られてきました。それに基づき小切手を書いて渡しました。小切手は銀行でのチェックがあるので現金に変わるのに数日かかります。従って次のステップはそのあとになります。



蓮花山公園で (2008.12)
b0075737_21591492.jpg




[PR]
by sceneway | 2008-12-26 22:00 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 12月 25日
深セン新生活日記【116】 マルチビザ取得のため香港へ 皇崗への直通バス初利用 (2006.4.3)

深圳新生活日記 【116】  2006年4月3日  マルチビザ取得のため香港へ

香港尖東へ。
まず中国ビザの申請。13時にぎりぎり間に合う。1年を取ろうとすると翌日渡しになるというので半年を。480HKD。IDカードのコピーと写真、パスポートを渡す。
近くの日本料理屋で昼食。ちょうど昼時なので特別メニューで安かったが、内容はそれなりだった。
JUSCOへ行く。うすくち醤油が16HKDで売られていた。中国では46元だったのに。次回からは香港JUSCOにしよう。たこ焼き粉も売られていたが千葉県の知らないメーカー。とりあえず買ってみる。大阪のものとどれくらい違うか比較のため。以前、味の違いが大きくてびっくりしたことがあった。僕にはやっぱり慣れている大阪ものの方がいい。

ビザを受け取ってから6時過ぎ、Hと大阪日本料理屋で会う。帰省したときに買ってきた頼まれものをわたす。

帰りは彼の紹介で皇崗までの直通バスで。彼が時々通勤に使うらしい。現金30HKD、オクトパス28HKD。KCR経由だと上水までKCR9HKD、上水から落馬洲へミニバス5HKD、イエローバス7HKDで21HKD、ただしKCR一等車だと+9HKDで30元。
バスはすごく速かった。30分で皇崗着。これは値打ちがある。KCR経由ならおそらく1時間かかるだろう。
15,200歩

皇崗へのバスはこれが初めての利用でした。香港側の起点はジョーダン駅から歩いて5分ほど脇道へ行くわかりにくいところでした。この後値上げされてオクトパスでも30香港ドルになりましたが最近(2008.12)25香港ドル程度に値下げされたようです。



何気なく撮影したマンション前の風景 以前は招商銀行ビルが見えたのですが・・
b0075737_113181.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-12-25 23:12 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 12月 24日
深セン 道路新設工事現場で

深圳 道路新設工事現場で

今、深圳市塩田区の塩田港付近では大規模な道路建設が行われています。
これは数年前からやっていたのですがだんだん形になってきて改めてスケールの大きさにびっくりしています。
世界最大級の港ということなのに、今までそんなことも思わないほど質素な感じでした。
高速道路はすでに完成して多くのバスが高速道路を利用するようになりました。これがすべて完成したらどんな風景になるのだろうとちょっと楽しみ。

ほぼ終わったところ
b0075737_23512198.jpg

でも舞台裏はまだまだ
b0075737_23513940.jpg


b0075737_23515999.jpg

そして当たり前のような、こんな光景
b0075737_23521929.jpg

高速道路が開通して停車するバスが減ったバス停。
近くには有名な海鮮料理屋さんが多くあるところ
b0075737_23523491.jpg


昨日あたりからのどが痛くなり始め、現在最高潮で頭痛もあって体がだるくて立ってるのがしんどい。これって風邪なんでしょうか。

[PR]
by sceneway | 2008-12-24 23:27 | 深セン | 非公開コメント  
2008年 12月 22日
深センめぐり【43】 塩田区 三洲田森林公園 梅沙尖(753m)へ登る

深圳めぐり【43】 塩田区 三洲田森林公園 梅沙尖へ登る

梅沙尖の山頂付近



梅沙尖 753m
梅沙尖は三洲田風景区に含まれ、梧桐山(944m)、七娘山(大鵬半島、869m)、大燕頂(大鵬半島、796m)に次ぐ深圳第4峰753mの山。深圳中心部から25kmほど東にあります。

三洲田風景区は羅湖区の東隣の塩田区にあり、梅沙尖のほか、三洲田村、三洲茶場、三洲田水庫、市農科中心高山蘭養植基地、大小三洲塘、紅花瀝、騾馬峰水庫などが含まれます。
総面積37.9k㎡の三洲田森林公園を建設中です。



21日の日曜日、先週出発点を調査した梅沙尖に一人行でしたが登ることができました。
でもちゃんとつながった登山道ではなく、とぎれとぎれで久しぶりに何度も不安になりながら進みましたので、梅沙尖の山頂がすぐそこに見えたときは感激でした。

今回はあちこち違うところをたどってロスタイムも多く、下山後、1時間半歩いてやっとバス停にたどり着くというおまけ付きでしたが、深圳最高峰・梧桐山、香港最高峰・大帽山、それに香港の人気の山、八仙嶺と馬鞍山が一緒に見える豪華キャストフル出演の風景を独り占めできてなかなか満足でした。おそらく風景はここが一番かも。(残念ながら写真では香港の山々がよく分かりませんが肉眼でははっきり分かりました)

ま、これでまた一つ目標をクリアしたわけでして、次の目標に向かって・・


詳細は山ブログへ →  梅沙尖へ 


紅花瀝水庫と梅沙尖
b0075737_2441298.jpg

梅沙尖山頂はすぐそこに
b0075737_244321.jpg

豪華キャスト勢揃いの風景
b0075737_2444881.jpg

山頂から見る大梅沙の海 シェラトンホテルも見えます
b0075737_24587.jpg

テーマパーク「東部華僑城」
b0075737_2452373.jpg



[PR]
by sceneway | 2008-12-22 23:37 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2008年 12月 21日
深センの休日

深圳の休日

友人が訪ねてきました。で、あちこちありふれたところへ。


久しぶりの市民中心 コンサートホール付近
b0075737_2304269.jpg


蓮花山頂の鄧小平も優しそうな顔に見えました
b0075737_2305988.jpg

山頂広場で遊ぶ親子
b0075737_2311458.jpg


b0075737_104025100.jpg



そしてマンション恒例のクリスマス飾り
b0075737_23124065.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-12-21 23:03 | 深セン | 非公開コメント  
2008年 12月 20日
深セン新生活日記【115】 羅湖・イミグレ前の新築マンションを見学 (2006.4.2)

深圳新生活日記 【115】  2006年4月2日  羅湖・イミグレ前の新築マンションを見学

招商銀行の預金があと15元、ということなのでとりあえず手持ちの7,000HKDをRMBに換え預金することにした。
104路経由で羅湖へ。まず上海賓館で降り、懐中時計を買うため時計城へ行ってみた。
広かったスペースの半分程度が覆われて内装工事か何か行われているようだ。
いつもがらがらだから経営が成り立たないのかも。懐中時計のところにも店員がいない。華強路で買おう。

あきらめて羅湖へ。香港ドルと人民元の交換レートは1.037。
このまま銀行へ行くのもおもしろくないので、ちょっと新築マンションをひやかしに行くことにした。
羅湖イミグレ前で長いこと幽霊ビルだった双城世紀。モデルルームを見に行く。ほとんど売れている模様。でも全部小さい部屋。一番大きいので87㎡とあまり食指が行かない。まあ950平方フィートなので香港にすれば大きいだろうけど...11,000元/㎡。一次性(一括払い)ならば97掛け(3% off)、ローンならば98掛け。70㎡を見積もってもらうと75万元。香蜜山の121㎡の僕の部屋と同じ値段。ほんとに高くなった。このあたりは駅前といっても将来性はないように思ってるのでこの値段の値打ちがない。おまけに管理費が4.5元と高い。酒店式なので高いそうだ。

見積もりの途中でNから電話。4時にJUSCOで会うことにした。
名前と電話番号を記帳して、地王大厦の招商銀行へ。7,000元を預ける。残りの200いくらかは僕のポケットに。
近くのELLE STUDIOの店に入る。非接触カードを入れるためのいいケースがあったので買う。18元。
Nから電話で世界の窓から地下鉄に乗ったと言っている。
地王大厦から歩いてJUSCOへ。ほどなくNも現れた。少し買い物をしてお茶を飲む。
近くの休暇中心でマッサージ。着替えも出来た。僕の方の小姐はけっこう力が入っていた。痛いが後で気持ちよくなると思った。2時間。
マッサージ後、お互いバスで帰宅。

15,500歩


羅湖駅前のマンション 建設中 (2004.7)
b0075737_19494974.jpg

完成後 (2007.5)
b0075737_1950187.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-12-20 19:53 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 12月 18日
深セン新生活日記【114】 深センでたこ焼き初挑戦 (2006.3.31)

深圳新生活日記 【114】  2006年3月31日  深圳でたこ焼き初挑戦

今回の帰省で買ってきたたこ焼き器を使って深圳でたこ焼きに挑戦。他の道具も一応そろえたつもりだ。日本にいた時も作ったことがなかった。これが生まれて初の挑戦。

WEBでレシピを調べる。たくさんUPされているのでなるべく本場のような感じのするレシピを選ぶ。たこ焼き粉の袋に書かれているレシピも参考にしながら作る。IH対応のたこ焼き器なのでIHを使った。

少し、失敗もありながらもまあまあの出来。ひっくり返すのも割合うまくいく。味もよい。これなら人を呼んでたこ焼きパーティーができるだろうな。
不具合点はたこ焼きがなんか小さい。水が多すぎたのだろうか...今後の課題。それと十六穴のうち、四隅の4個が火のまわりが遅くて温度が低い。


歩いて山姆会員店(SAMS' Club)へ。ほぼ2,000歩。冷蔵庫の中のものを買い足す。今日は運び屋を利用することにして店に入る前に運び屋がいるのを確認して買い物。大根、ヨーグルト、タマネギ、ジャガイモ、レタス、キャベツ、ペプシコーラなど重たいものを中心に。
運び屋は江西人だと言った。10元。

4,800歩



IHでたこ焼き
b0075737_226174.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-12-18 22:10 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 12月 17日
深センめぐり【42】 龍崗区 原子力発電所 大鵬・大亜湾核電站

深圳めぐり【42】 龍崗区 原子力発電所 大鵬・大亜湾核電站

深圳に原発があるのを知ったのはかなり古くて私の香港時代の初期なので、私が知ってからすでに10年ほどになります。
香港にいた頃に香港周辺の原発地図みたいなのを見て深圳にたくさんの原発があることを知りかなり衝撃的でした。

表題の大亜湾核電站は予約をすれば見学ができるらしい発電所です。予約はなかったのですが大鵬に行ったついでにバスで寄ってみました。
バスは入り口の門の前まで行って終点。門には当然ながら保安がいて入場する人に許可証のようなものをチェックしていました。従って私は遠くから見ていました。

この核電站は深圳中心部から50kmほど東の大亜湾にあります。
1987年8月着工、1994年に正式営業を開始。発電量は100億度(「度」は単位のようですが・・・)以上でその70%を香港に供給して30%を広東省に供給しているとのこと。
→ http://www.shenzhentour.com/sight/sightdetail.aspx?sid=201288891


バス終点の核電站入り口
b0075737_2355727.jpg

b0075737_23554149.jpg

ゲート ここで車と人をチェックしています
b0075737_23555384.jpg


b0075737_23561540.jpgバスの中である乗客が「そこで降りるので止めて」と言うと運転手は「12月15日からバス停のみで乗降することを厳格に守るよう通達されている」と張り紙を指さしました・・・
あーあ、ここもこれから融通がきかなくなるのか・・
(写真は動いているバスで強引に撮ったので手ぶれ・・)



[PR]
by sceneway | 2008-12-17 23:03 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2008年 12月 16日
香港 深セン対岸の天水圍からMTR(軽便鉄道)でのんびりと

香港 深圳対岸の天水圍からMTR(軽便鉄道)でのんびりと

中国ビザの切れ目で香港へ。
久しぶりに深圳湾口岸を利用してB2Pのバスで天水圍へ、さらに軽便鉄道でぶらぶらしますした。深圳からよく見える圓頭山の麓を散歩してみました。

「泥圍」と言う駅で降りると周りはふつうの田舎の閑散な住宅地。圓頭山を撮してみようと歩きましたがなかなかうまいアングルが定まらず。
ここでも中国の古い民家がありました。天水圍といい、泥圍といい、名前から客家の住居を思わせます。

猫と犬がいましたが、猫は鋭い顔でにらむし、犬はほえまくる。どうやら歓迎されていないようでした・・・


軽便鉄道
b0075737_0111933.jpg

青山が正面に
b0075737_0113562.jpg

圓頭山の丸い山頂
b0075737_0114835.jpg




猫はにらむし


犬はおとなしそうな顔をしてほえまくる・・・
b0075737_012178.jpg


b0075737_012341.jpg

時代物の建物と圓頭山 建物が崩れかけで危険のワーニングがありました
b0075737_0124477.jpg

団地の門
b0075737_0125829.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-12-16 23:49 | 香港 | 非公開コメント