ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2008年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2008年 11月 30日
【香港の山めぐり】 香港島・大潭郊野公園鰂魚涌・柏架山、畢拿山へ (Quarry Bay, Mt. Parker)

香港島・大潭郊野公園鰂魚涌・柏架山(532m)、畢拿山(436m)へ

柏架山(Mount Parker)から見た九龍
大帽山、旧空港(啓徳空港)、獅子山(ライオン・ロック)




大潭郊野公園は香港島の太古の南にあり、1977年に制定された部分と79年に制定された鰂魚涌拡建部分に分かれ、合計16平方キロ、香港島の五分の一にあたります。
柏架山(506m)と畢拿山(436m)は鰂魚涌拡建部分にあり、MTR鰂魚涌駅近くから登山道が始まり、よく整備されています。香港の四大ハイキング道、全長78kmのウィルソン・トレールの第2ステージが南北を縦断、全長50kmの香港トレールの第6ステージが通ります。
HP →  大潭郊野公園 




香港の山 柏架山(Mt.Parker)と畢拿山(Mt.Butler) (2008.11.29)

香港島の山、初挑戦です。
大潭郊野公園、拡建部分にある柏架山と畢拿山の登頂を中心にハイク。鰂魚涌(Quarry Bay)に住む友人と歩きました。

柏架山へは舗装された道を行きます。標高300mぐらいにある「大風坳」までは憩いの公園風によく整備されていて危険もなく歩きやすい登山道でした。
さらに上へも舗装されていますが登る人はぐっと減ります。頂上は2つに分かれ、山頂はそれぞれレーダーとアンテナが占領。ここから眺めます。
眺めは最高、またもや一人で声を。
大帽山、獅子山(ライオン・ロック)、それに旧空港(啓徳空港)など眼下に広がります。
さらに東の海には貯水湖から中環(セントラル)へと続きます。
再び大風坳に戻り、数百段の石段を登って畢拿山頂へ。ここ二は三角点があるだけで360度の眺望。
そしていつものごとくごちゃごちゃ適当に進んで下山。元の柏架道に戻ってきました。

それにしても天気が最高で眺めも最高。とても気分のよい週末でした。




畢拿山頂から中環(セントラル方面)を遠望
b0075737_23553212.jpg
b0075737_2355439.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-11-30 23:41 | 香港の山 | 非公開コメント  
2008年 11月 28日
深セン新生活日記【109】 奈良帰省(4) 大阪日本橋と道具屋筋へ (2006.3.17)

深圳新生活日記 【109】  2006年3月17日  大阪日本橋と道具屋筋へ

Mと大阪日本橋の恵美須町で待ち合わせる。深圳で作ってもらったおみやげの大理石を渡す。

SONYのロケーションフリーを見に行く。ロケーションフリー、ロケフリは日本でPCにセットしておけば、インターネットを利用して深圳から日本にアクセスして日本のテレビを見ることができる。噂で画質はそれなりとのことであるがちょっと興味がある。
2万5千円ちょっと。ただひどいお客も多いらしく、ちゃんと深圳でも使用できることをサービスセンターで確認してほしいとのこと。免税の場合5%引きとなる。

b0075737_14541371.jpg道具屋筋へ。なんかスーパーで買うより高い感じも。
たこ焼きとお好み焼き用にIH対応の16穴たこ焼き器1,955円、流し入れ器677円、油塗り670円、コテ小(152円)2個、大(252円)1個、それに大阪で作られたお好み焼き粉とたこ焼き粉を買う。もちろん深圳で使う。
Mと別れて親子丼を食べてJRで帰る。

家へ帰ると使っていないすき焼き鍋があるとのことで、探すと南部鉄のいいのがあったのでもらう。これも深圳行き。

13,600歩


2008年11月深圳
地下鉄4号線「皇崗」駅から「福田口岸」駅 香港MTR


気がついたら深圳地下鉄「皇崗」駅がいつの間にか、「福田口岸」駅に変わっていました・・
調べてみると3ヶ月前に改称されたとのこと。改称以後、何度も通っているのにどうして気がつかなかったのだろう・・

この深圳地下鉄4号線は香港のMTRが30年間の経営権と沿線周辺(約3k㎡)の住宅開発権を持っていますが改称となんか関係あるのかな。

b0075737_1531512.jpg




[PR]
by sceneway | 2008-11-28 15:31 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 11月 27日
深セン新生活日記【108】 奈良帰省(3) 久しぶりに奈良の街を散歩 (2006.3.15)

深圳新生活日記 【108】  2006年3月15日  久しぶりに奈良の街を散歩

b0075737_0174957.jpg近鉄で奈良へ。久しぶりに奈良町界隈を歩く。2010年の遷都1300年用の事業のためかあちこちで工事中。確かに確実に町はきれいになっている。土産屋の中もそれぞれ工夫したレイアウトであきない。

写真美術館へ行く。久しぶりに入江泰吉の写真をみる。でも選択がよくないのかいい写真が少ないような気が...

b0075737_024368.jpg土産用に写真の印刷品を売っている。このうち1枚を選び買う。クリアファイルに二月堂下の写真が印刷されたのも買う。深圳の部屋に飾るのに使える。

のれんを見つけた。85cm x 150cmの物。サンプルに1つ買ってみる。880円。
もしかして中国製?

17,000歩





入江泰吉氏は戦後奈良写真一筋に撮影された方でその道では有名な人です。モノクロ写真の時代の人。もちろんカラー写真もあります。



興福寺
b0075737_0315277.jpg


b0075737_0325682.jpg

ならまち界隈
b0075737_0333115.jpg

ゆったりと
b0075737_0334313.jpg

写真美術館
b0075737_0335296.jpg



[PR]
by sceneway | 2008-11-27 23:06 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 11月 26日
深セン新マンション建設物語【34】 2008年11月 引き渡しまであと1ヶ月

深圳新マンション建設物語 【34】 2008年11月

圧倒する外観




予定ではあと1ヶ月でマンションの引き渡し。
覆いも完全にとれ外観塗装も終えて工事は大詰めとなりました。
外観が現れるとさすが35階建て22棟というのは前面に押し出してくるような威圧感があります。


【マンション僑香村建設 34】 2008年11月


造園作業は進展がありません。引き渡し以後も続行するのでしょう。
(私の所もそうでした)
b0075737_22591453.jpg

僑香路から見た僑香村
b0075737_2302545.jpg

b0075737_2304711.jpg

北環大道側から
b0075737_230588.jpg




[PR]
by sceneway | 2008-11-26 23:06 | 深セン新マンション建設物語 | 非公開コメント  
2008年 11月 24日
深センめぐり【41】 龍崗区 馬巒山郊野公園のカップル

深圳龍崗区 馬巒山郊野公園のカップル

岩登りから叠翠湖と小梅沙の海を見る





馬巒山郊野公園のカップル

b0075737_23521864.jpg

2週続けて馬巒山郊野公園(马峦山郊野公园 MaLuanShan Jiaoyegongyuan:マーランシャンこうやこうえん)に行きました。
馬巒山郊野公園は整備されることが決定している公園です。
ネットでアクセスを調べました。
「バスで小梅沙へ行き、北に行くと叠翠湖がある。ここから馬巒山郊野公園の始まりである」とだけ書いたあった文章を頼りに出かけました。(2008.11.15)

ミンスクのあるテーマパーク航母世界からさらにバスで30分ほど東へ行った海水浴場のある小梅沙でバスを降り、北へ行くと「叠翠湖」と大きく書かれた貯水湖がすぐ見つかりました。そしてこれからは適当に歩いて・・

b0075737_23532162.jpg
岩場を登ります
まあやっかいでした。まず難関の第一は大きな岩ばかりの急斜面。一人なので正直ビビりまして、身分証を持ってこなかったことを思い出して、鞄の中の紙に自分の名前とパスポートナンバーなどを書き記してのぼり始めました。
登り始めるとそんなたいそうなことはなくすぐに斜面は終わりました。なんと小径に出たのでした。
(写真はこの時ではなく次の週、犬を連れて同じように登っている人がいました。犬がビビっているのをはっきり感じました。ここへ来る途中でも急斜面に犬が立ち止まってぜえぜえやっていました)
b0075737_013252.jpg


第二の難関は大きな岩ばかりの沢登り風。岩で滑るとけがをしますので恐がりの私は慎重に。
そしてここもクリアーして小さな滝に出ました。
すると・・・


b0075737_0274718.jpg

深圳で初めてみました、ザイルを使っての登山。練習なのかどうかわかりませんが岩壁の上からヘルメットをかぶりザイルで何人も降りてきました。
しばらく見学したあと、先へ進みます。



いつ終わるとも知れぬ径が続いていまして途中で横からひょっこり飛び出したカップル。
目的が似たようなものなので一緒に行くことになって三人で歩き始めました。カップルは二人で話す時は広東語も普通語も使っていたので聞いてみると広東人だとのこと。でも深圳ではないと。
彼らは僕が日本人だと知るとかなりびっくりしていました。
どうしてここへ来る方法がわかったのかとか一人で歩いていることとか・・
ネットで調べたというと日本語のがあるのか?とかいろいろ話は絶えませんでした。

彼女の方が張り切っていて、先に歩いていきます。三人なので気が大きくなるのか、危険かなと思ったところへもまず挑戦。
しばらく進むと「終点まで約2.5時間」の案内板。今日は下調べの意味もあったのでそんなに時間の余裕がなくすでに4時。これは無理だと引き返すことにして・・・

b0075737_051162.jpg
数時間一緒に歩いたカップル
と言うわけで1時間かけて小梅沙に帰ってきました。午後5時。まあ引き返して正しかったのでしょうね。
あと彼らは僕に彼のメールアドレスとQQの番号をくれて次行く時は連絡しろと言いました。

なので登山口へのアクセスが困難な自分の中で懸案になっている深圳第4峰の梅沙尖(753m)に行く時に協力してもらおうかな、と企て中。



次の週(2008.11.23)に行った時のもの
b0075737_0161169.jpg

山の右手には風力発電風のプロペラがありました
b0075737_0163777.jpg


(詳しい記事と写真は近々深圳と香港の山々ブログに掲載予定です。)


[PR]
by sceneway | 2008-11-24 22:43 | 深セン | 非公開コメント  
2008年 11月 22日
香港 深センと海を展望する八仙嶺郊野公園

深圳と海を展望する香港・八仙嶺郊野公園を歩く

八仙嶺郊野公園 屏風山





香港・八仙嶺郊野公園を行く (2008.11.16)

深圳最高峰・梧桐山を碧桐登山道から登ると背後には香港・八仙嶺が常に控えています。八仙嶺からお隣の香港・船湾にかけての眺めはときおり見える香港・馬鞍山とともに雄大で美しい。
八仙嶺は文字通り連なる峰が特徴的で、碧桐登山道を登りながらその華麗な姿を見てあこがれていた山なのです。

八仙嶺は八仙嶺郊野公園に属し、この公園の最高峰は黄嶺の639m。その東側に犁壁山(550m)、八仙嶺の連峰へと続きます。
この登山道はまた香港の四大ハイキングコースの一つ、全長78kmの衛奕信径(衛奕信徑;Wilson Trail)の最終、第9、10ステージにあたります。

八仙というのは道教の代表的な仙人だということで、八仙嶺のそれぞれの峰に対応させているようです。()内は仙人の名前
峰は西(犁壁山側)から

純陽峰 590m (呂洞賓)
鍾離峰 543m(漢鍾離)
果老峰 530m(張果老)
拐李峰 530m(鉄拐李)
曹舅峰 510m(曹国舅)
采和峰 490m(藍采和)
湘子峰 510m(韓湘子)
仙姑峰 511m(何仙姑)

へと続いています。

この日は私の古巣、香港粉嶺からタクシー(40香港ドル)で鶴藪へ行き、貯水湖からトレール開始、まずはのどかなすそ野を歩き、急坂と変わり高度を急激に増して屏風山に入ります。
その後、八仙嶺郊野公園の最高峰、黄嶺に登り、さらに犁壁山ヘ進み、最後が八仙嶺めぐりとなりました。




深圳・梧桐山から見た香港・八仙嶺、船湾郊野公園。遠く香港・馬鞍山
b0075737_220020.jpg

香港・八仙嶺から見た深圳・梧桐山。遠く、深圳第四峰・梅沙尖753mが見えています。
b0075737_2204090.jpg


記事と詳細な写真は →  八仙嶺郊野公園 

[PR]
by sceneway | 2008-11-22 22:04 | 香港の山 | 非公開コメント  
2008年 11月 21日
深セン新生活日記【107】 奈良帰省(2) 何はともあれ病院へ (2006.3.14)

深圳新生活日記 【107】  2006年3月14日  何はともあれ病院へ

天理病院へ。外来病棟が1月から新しい所に移転していた。
新築、きれいでスマート。手続きも早くなっているように感じられる。
具合の悪い胃の状態を検査するため。以前に逆流性胃炎だと診断されている。
これでいろいろな医者に幾度かかかっているが、今日の話で完治は困難と言われた。薬はオメプラールがよく効くのだが、以前ネットで調べたら連続して飲んでいると副作用で困難な症状になった例もある、と書いてあったが、その通りのようだ。

医師はオメプラールなどは確かによくないので大根ジュースの具合がよければそれで続ける方がよいと言った。
結局は完治はしないのだと割り切るしかないと判断。糖尿病の人のインスリンみたいにこの病気とうまく付き合うしかないと。
大根を続けて時々検査して胃の状態をチェックするという方法しかないかも。
天理で食事をとった後、郡山に戻り西友でショッピング。

13,900歩


新しく、実に便利になっていた病院の外来棟
b0075737_223197.jpg



私の場合、胃は食生活を変えることで症状が出なくするようにできることがわかりました。油を使う時はピーナッツ・オイルはダメでトウモロコシの油がいいとか、食べ過ぎないこととか、遅い食事はしないとか。遅い目の食事は大根おろしや大根ジュースが有効。
なので今は自炊が主で事情がある時しか外食をしないようにしています。

私の場合、転出届を出さずに住民票を奈良のままにしてあるので(市役所の係員がどちらにするか聞いてきたので残した)、国民健康保険に加入していますので保険が使えます。以前は外国にいる期間は保健費が免除されていたのですが、免除されなくなりました。その代わり外国でも保険を適用するとのことですが、これがくせもので、診断書は指定のものがあり日本語でなければならない(日本語以外の場合は翻訳文を添えなければならない)とか、審査して日本に比べて治療費が高い場合は日本の標準治療費に準じて支払い、日本よりも安い場合は安い治療費に応じて支払うとか、なんか虫がいいというか・・・申請しにくい状況を作っています。わずかな保険料も欲しいのかと思ってみたり・・


[PR]
by sceneway | 2008-11-21 22:04 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 11月 20日
深セン新生活日記【106】 奈良帰省(1) 早朝の深セン・香港越境ワゴン車 (2006.3.12)

深圳新生活日記【106】 2006年3月12日 奈良へ帰省(1) 早朝の深圳・香港越境ワゴン車

7時半発のエアインディア機なので2回分程度の大根ジュースを持って午前4時に家を出る。タクシーで唯一24時間オープンの皇崗口岸へ。
朝早いのでバスはもちろんない。で、ネットでよく見た香港機場へ行くワゴン車に挑戦する。ネットでは200香港ドルぐらいだと書いてあった。でももっと安くなるのではという期待で・・・

一人の男が目配せをしてきた。弟がそういう仕事をしているようだ。彼が弟に電話する。まだ来ないらしいので朝飯代わりにサンドイッチを食べて待つ。
結局朝が早いということで200HKDだと言う。
落馬洲からタクシーはたぶん300HKDぐらいかかると思うので、体験という意味もあり、6時に香港空港に到着させるという約束で渋々了承する。
ところがなかなか出発しない。客が揃わないと出発しないというので6時に香港機場に着くという約束を盾にとる。今から自分でイミグレを出て香港でタクシーに乗るといっても難しい時間になってきた。せかせるしかない。そうこうしているうちに客が集まった。見るとほとんど日本人のようだ。目がうろうろしている。ワゴン車を利用するのは初めてなのだろうか...僕も初めてだけど...

b0075737_2217768.jpg
皇崗口岸


中国のイミグレは個人がそれぞれ通過する。一人、日本人でめちゃ遅い人がいてやきもきする。彼は一人、かなり時間がたって涼しい顔でイミグレを出てきた。ちょっとむかつく。時間は5時半を過ぎている。
香港側のイミグレは車に乗ったままパスポートやIDカードを提出して待つ。掲示板に書いてあったな、と思う。僕が永久性居民というので中国人の運ちゃんが少し驚いた模様。
僕がせかしているせいか運ちゃんはかなりのスピードで空港へ。6時12分空降着。彼はにこっとして「有没有問題?」6時40分程度までに搭乗手続きをすれば問題ないとみていたので、僕もにっこりして「没問題」。

久しぶりの飛行機。搭乗手続き。小姐がパスポートをチェックして英語で「Hong Kong ID?」と。思わず「対」と中国語。小姐もにっこりしていた。
イミグレのレントゲン検査、金属の物を体から鞄に移すことを思い出す。
イミグレ、外人サイドはいっぱいだが香港居民側はよくすいている。
待合いで待っていると眠くなってきた。

搭乗後も眠くてうとうとする。機内食がでたが中途半端な時間なので何食になるかは知らない。食事中に大根ジュースはしっかり飲んだ。
着陸前にスチュワーデスが何か言っていると思いながらもうとうと。僕にとって急に着陸してびっくりする。シートベルトもしないまま、リクライニングも戻さないまま着陸・・・初めての体験だった。

関空は思ったほど寒くはない。ただ健康チェックは鳥インフルエンザの影響で時間がかかる。僕は寝ていて準備しておかなかったのであわててカードに記入。
税関ではちょっと身構えてしまう・・前回、パスポートがはんこだらけだというだけの理由で別室へ通されたため。香港、深圳に住んでいればはんこでいっぱいになるのは当たり前だろうが。
係員がパスポートをぺらぺらめくり、「どこからですか?」、「香港」、「どうぞ」と前回とは嘘のようにすんなり通過できて気が抜けた。


この頃はワゴン車に200ドル支払っていますが、これ以後は150ドルでした。そしてこれも交渉ができまして130香港ドルまでなら簡単に安くできました。
最近は利用していないのでわかりませんが、今は元高、どれくらいするのでしょうか・・
でもたぶん向こうの言い値の10%程度は安くできるのではないかと・・


[PR]
by sceneway | 2008-11-20 22:18 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 11月 19日
香港・屯門の海 夕暮れ慕情

香港屯門の海の夕暮れ慕情

九径山に登ったあと、屯門の海が見たくなって近くの海へ。
そこは海上生活をしているのかと思うような船が並んでいました。
ときおり渡し船みたいにやって来た船に乗り降りする人たち。

夕暮れの持つ雰囲気と海の生活感でしばしうっとり。
気がついたら不思議そうな目でこちらを見ている人を感じました。
ぼけーっとしている時間、何となくいいのです。心の一刹那。


下山から少し行くとあった漁港のような海。
b0075737_22583243.jpg

船が着いて降りてくる人
b0075737_2259710.jpg

犬も一緒に出て行きます
b0075737_2259406.jpg


そして軽便鉄道に乗って屯門埠頭へ ランタオ島の夕暮れ
b0075737_22595941.jpg

b0075737_2302675.jpg

空港から飛び立つ・・
b0075737_2304040.jpg

明日もいい日で
b0075737_231183.jpg




[PR]
by sceneway | 2008-11-19 23:07 | 香港 | 非公開コメント  
2008年 11月 18日
香港 新界・大欖郊野公園 九径山(九徑山)507mを行く

新界・大欖郊野公園 九径山(九徑山)507mを行く (2008.11.09)

九径山登山道から深圳方面を かすむ深圳





深圳が見える香港の山をまず登ってみようと前回は香港屯門の青山(Castle Peak 583m)を登ったのですが、その青山と対峙している香港・大欖郊野公園の最高峰九径山(九徑山 507m)に挑戦しました。
登山道がはっきりわからず、これで大丈夫なのかと不安になりながらも頂上に到達。
瓦礫のような下山道を徘徊してやっと屯門に到着でした。
青山にしても九径山にしても、下山はすごい径で今までの香港の山とは少し違う印象でした。

おまけにこの日は気温が少し低い上、猛烈な風。木の少ない山の尾根、私の体は幾度となく吹き飛ばされそうになりました。幾度か引き返そうかと思いましたが最後は登頂成功、といういい気分を味わえました。


ちなみに今回上った径は途中まで麦理浩径(麥理浩徑)、MacLehose Trail(マクリホーストレール)というハイキング道を通りました。

b0075737_23525594.jpg香港には50kmから100km程度の大きなハイキングコースが4つ整備されています。その一つが麦理浩径で、西貢から屯門までの全長100km。屯門は終点にあたります。
そしてトレールは約500mごとに標距柱(Distance Post)と呼ばれる標識を設置してあります。麦理浩径ではM1からM200まであり、屯門は最後のM200となっていました。

この山登りと写真の詳細は
→  山ブログ 九徑山 


香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園分布図 

[PR]
by sceneway | 2008-11-18 23:30 | 香港の山 | 非公開コメント