ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2008年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2008年 09月 30日
深セン新マンション建設物語【30】 2008年5月

深圳新マンション建設物語 【30】 2008年5月

春節の休みがほぼ1ヶ月ほど続き、かなり速度が落ちたように感じられましたが着々と進んでいきます。


【マンション僑香村建設 30】 2008年5月





b0075737_21442561.jpg

少し覆いがとれて本体が顔をのぞかせています
b0075737_2144362.jpg

b0075737_21445717.jpg

b0075737_2145622.jpg

モデルルームの入り口でしょうか・・
ただ、このマンションは経済適用房ということで販売対象が限られています
b0075737_214517100.jpg

b0075737_21452719.jpg

マンションそばの龍華への道もできて工事中だったインターチェンジも本格稼働
b0075737_21453817.jpg






[PR]
by sceneway | 2008-09-30 21:51 | 深セン新マンション建設物語 | 非公開コメント  
2008年 09月 29日
深セン とある鉄道踏切と遮断機

深圳のとある鉄道踏切と遮断機



深圳で鉄道と言えば、地下鉄ができる前は香港から広州へ結ぶ九広鉄路ぐらいしか思い浮かばない上、生活はバス主流であまり馴染みがなくすごしていて鉄道踏切のことを考える機会がありませんでした。

深圳北部の布吉よりも北に平湖というところがあり、単線非電化ですが、この平湖から南山へ行く鉄道があります。これが平南鉄路です。
福田区に近い南山区の西麗というところはこの平南鉄路が通っています。

塘朗山を北側から撮影しようと歩いていた時に偶然平南鉄路に遭遇、さらに偶然にも遮断機が下りていてダンプが1台止まりかけているところでした。

でも遮断機は下りているもののかんかんかんという音もなく、信号灯も点滅していませんでしたのでこの踏切は常に閉じたままになっているのだろうかと思ってしまいました。とにかく深圳で踏切を見るのは初めてなのでさっぱり要領がわかりません。

しばらくするとかんかんかんと音が聞こえてきて、同時に列車の音。踏切の番人のような人が手旗を持って出てきました。
そして列車が通過、めでたく遮断機が上がり、車の通行再開です。

それにしてもいつ遮断機が下りたのか知りませんがかなり長い時間下りたままになっていました。まあ、のんびりしているのでしょうね・・・



塘朗山と平南鉄路 北側から見た塘朗山も二上山みたいでした・・・
b0075737_23572951.jpg

平南鉄路
b0075737_23574095.jpg

音も点滅もなく遮断機だけが下りていて・・
b0075737_23575082.jpg

やっと出てきた踏切番
b0075737_2358010.jpg

列車が来ました
b0075737_23581078.jpg

踏切番もポーズ
b0075737_23582084.jpg

列車が通り過ぎて
b0075737_23583467.jpg

やっと遮断機が上がりました
b0075737_23584756.jpg

b0075737_23585863.jpg






[PR]
by sceneway | 2008-09-29 23:38 | 生活 | 非公開コメント  
2008年 09月 28日
香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(5) 下山

香港第二峰鳳凰山934を行く (5) 下山


遠くなる鳳凰山





下山

遠くの海に砂浜が見えてきた。
ここで初めて香港人の登山者に会う。カップルで登山。あいさつする。
砂浜と反対側に高層マンション群が見えてきた。でも視界が悪くかすかに見えるだけ。
雄大な高原のような景色を見ながらどんどん下る。と、ここでデジカメが「電池残量がありません」
またか・・今日は下調べのつもりだったので普通のショルダーバッグのいでたち、予備の電池を持ってこなかった。まあ、この次かな・・

それから15分ぐらいで伯公坳に到着。午後4時。すぐそばを道路が走る。見るとバスで通った道路、見覚えがある。時間も遅いし深圳に帰ることにする。
近くの工事をしている兄ちゃんにバス停がどこにあるか聞く。
「パッシーチャン、ピンド」
パッシーチャンのイントネーションが悪かったようではじめ間違って解釈されたようだったが結局は通じた。
彼はこの先すぐだと指さす。「ムゴイサイ」お礼を言う。道路の高みの所すぐにあった。5路線あるようだ。
すぐにやってきた行きと同じ23番のバスで東涌へ。6.2ドル。

それにしても東涌の街は美しい。マンションも新しく緑がいっぱいで香港とは思えない整備された美しさ。買い物には不便かも知れないが少し住んでみたいような街。

少し散歩してからバス停へ。来る時はMTRだったので帰りはバスを使ってみることにした。
バスは3つの候補があった。天水圍へ行くバス、屯門へ行くバスと荃湾へ行くバス。天水圍と屯門なら深圳湾口岸を使うことになるかな。
最初にやってきたのは屯門へ行くバスE33。これは満員で立っているので敬遠。次に荃湾行きのバスE31がやって来た。空席があるのでこれに乗る。
荃湾からあとは68Mで元朗、75番で福田口岸へというおきまりのコースで深圳に帰る。

帰って調べてみると東涌から天水圍へ行くE34のバスは元朗を経由していた。E34に乗ればそのまま元朗へ行くのだった。最初元朗でE34を見ていながら番号を忘れていた。
まあ満員でもあったことだし、しゃーないか。
でも次回のルートは決まった。福田口岸→(バス75)→元朗→(バスE34)→東涌。実にシンプルになった。運賃は6+13.5ドル。

おわり




今回の所要時間(いつものように写真を撮りながらののんびりモードです。今回の写真は169枚)
登山口 → 鳳凰山頂 1時間10分
頂上  → 伯公坳  1時間10分

今回は東涌からバスで昂坪(宝蓮寺)。他にはフェリーで梅窩へ、梅窩からバスという方法もあります

バス
 龍運巴士路線 (禁)
 大嶼山巴士 

ホームページ    →  北大嶼郊野公園   南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園 

 地図 



b0075737_2394667.jpg

b0075737_2395788.jpg

b0075737_2310987.jpg

登山道から東涌を 視界が悪く、写真に補正をかけてやっと見られました
b0075737_23101934.jpg

b0075737_23102918.jpg

b0075737_23104096.jpg

b0075737_23104970.jpg

b0075737_23105999.jpg

b0075737_23111037.jpg

b0075737_23111977.jpg

b0075737_23113086.jpg

b0075737_23113920.jpg

b0075737_2311486.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-09-28 23:20 | 香港の山 | 非公開コメント  
2008年 09月 26日
深セン新生活日記【91】 陰暦正月 (2006.1.29)

深圳新生活日記 【91】  2006年1月29日  陰暦正月

香港時代を含めて初めてこちらで迎える春節。もともと行事ごとにはうとい僕、正月気分はあまりない。もっとも雰囲気を盛り上げる努力をしたわけではないが・・
帰省した人も多いのだろうが、人通りがない。

長安へ友人を訪ねる。
帰りに香港へ。中国のビザ期限が切れるため。
9,400歩



2006.1.29撮影

マンションの春節
b0075737_21321935.jpg

深南路の春節
b0075737_21333420.jpg

東莞長安の春節
b0075737_21334859.jpg

東莞長安の春節
b0075737_2134148.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-09-26 21:37 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 09月 25日
深セン新生活日記【90】 陰暦大晦日 (2006.1.28)

深圳新生活日記 【90】  2006年1月28日  陰暦大晦日

昨日、管理所へ部屋の掃除を頼みに行くと家政婦さんはみんな帰省したということだったが、今日は陰暦大晦日、帰省した人が多いのか街は静か。
やっぱり深圳は新しい街、外省者が多いことを示している。

山姆会員店へ行く。客は普段に比べ極端に少ない。
昨日JUSCOへすき焼きの材料を買いに行ったが客は多かった。

北環大道も夜になってぐっと通行量が減った。
1996年に香港で働き始めてからは毎年春節には奈良に帰省していたが、今年初めてこちらで春節を迎える。
明日は東莞・長安へ。




写真は香港上水、粉嶺と深圳。手前のマンション群が上水、左には深圳地王大厦が見えます。
一人で声を出して笑うほどのすばらしい360°の眺めでした
香港・林村郊野公園 - 北大刀屶山頂付近から (2008.9撮影)





[PR]
by sceneway | 2008-09-25 22:30 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 09月 24日
深センめぐり【39】 深センの展望台めぐり(6-2) 羊台山 光変幻

深圳の展望台めぐり【6】 宝安区石岩・羊台山 (2) 光変幻

羊台山頂

b0075737_21552755.jpg


太陽と雲が美しく織りなしていました。そして夕景。


b0075737_2211658.jpg

b0075737_2213488.jpg


b0075737_222060.jpg

b0075737_2221726.jpg

b0075737_222291.jpg

b0075737_2224070.jpg

b0075737_222503.jpg

b0075737_223342.jpg

b0075737_2231317.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-09-24 22:10 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2008年 09月 23日
深センめぐり【39】 深センの展望台めぐり(6-1) 羊台山

深圳の展望台めぐり【6】 宝安区石岩・羊台山 (1)

羊台山頂から





羊台山

b0075737_21592691.jpg羊台山は深圳八景に選ばれている宝安区と南山区の区境にある山で標高587m。
森林公園の整備、造成地に指定されています。

この山は6度山頂に立ちましたが未だ視界のいい日に恵まれず、写真があまりよくありません。



このブログの  全ての記事 →  羊台山 

b0075737_2237823.jpgアクセスは
石岩・羅祖村(罗祖村)、石岩汽車站などで下車、ミニバス769(石岩湖-羊台山)に乗り換え。
 →  羅祖村 
(769路のバスは[龙眼山村-石岩湖]になっていますがバスの表示は[羊台山-石岩湖])

車道の登山道はありません。登山口は標高62m、標高差525mを足で登ります。



パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。3000ピクセル)



登山道
b0075737_22363097.jpg

山頂より
b0075737_2263355.jpg

梧桐山と鶏公頭
b0075737_2264333.jpg

山の間に地王大厦と賽格広場が見えるのですが・・ 一番右は長嶺皮水庫(貯水湖)
b0075737_2265580.jpg

連山の右端に塘朗山 西麗湖
b0075737_227653.jpg

塘朗山 西麗湖 野生動物園など
b0075737_2271898.jpg


b0075737_2273632.jpg

b0075737_2274982.jpg



[PR]
by sceneway | 2008-09-23 22:16 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2008年 09月 22日
香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(4) 鳳凰山頂へ

香港第二峰鳳凰山934を行く (4) 鳳凰山頂へ

香港・鳳凰山頂へ





鳳凰山頂へ

嶺を過ぎて山頂までの径は足場が小さく油断をするとずり落ちそう。20分ほど進む。登山口から1時間10分で標高934mの山頂へ。時刻は2時40分。

小さな小さな山頂。山頂の標識、三角点、ゴミ箱、それに「臨時避風站」と書かれた防風壕。入ってみようと思ったが蜂が飛び交っていたのでやめる。それにしても山頂でトンボの大群、それに混じって蜂が飛び交っているとは思わなかった。しかもでかい蜂。

ガスはないが視界は最悪で期待していた展望は望めない。でも雄大さは感じる。木がないので大帽山の時と同じように高原のように見えなくもない。

標識に昴坪(NGONG PING)1.5km 3/4時間、伯公坳(PAK KUNG AU)3km、1.5時間と書かれている。どうやら所要時間は時速2kmとして計算されているようだ。
3/4時間コースは来た道を引き返すだけで面白くないので伯公坳コースを選ぶ。(「坳」とは辞書によると「山間の平地」となっている。)

さて下山。石を並べた段が続く。でもこの段が高すぎて下りるのがしんどい。1段下りる毎に足に衝撃が伝わる。


ホームページ    →  南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園 




小さな嶺をあとにして・・
b0075737_19145696.jpg

油断できない登山道を歩きます
b0075737_19151229.jpg

そして嶺から20分、登山口から1時間10分で山頂へ 2:40
b0075737_19152399.jpg

三角点
b0075737_19153672.jpg

防風小屋
b0075737_19154717.jpg

蜂が多くて緊張
b0075737_1915563.jpg

山頂から・・ 視界がよくない。山の向こうの宝蓮寺がかすんでます
b0075737_19162166.jpg

ズームを使って・画像処理をして・・・
b0075737_19163145.jpg

伯公坳へ行くか(3km)、戻るか(1.5km)
b0075737_1916112.jpg


b0075737_19164174.jpg

伯公坳方面から登ってくるカップルがありました
b0075737_19165380.jpg

b0075737_19171018.jpg

伯公坳へ下山します
b0075737_19172027.jpg

b0075737_19173589.jpg

b0075737_19174699.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-09-22 19:30 | 香港の山 | 非公開コメント  
2008年 09月 21日
香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(3) 一つの嶺へ

香港第二峰鳳凰山934mを行く (3) 一つの嶺へ

宝蓮寺 露座の天壇大仏





一つの嶺へ

それにしても気持ちがいい。今日登ってよかったと思う。
上から下山してくるグループのいくつかとすれ違う。いずれも外人ばかり。かけられる言葉は「Hi!」「Hello!」。やっぱり香港人は夕方、涼しくなってから? でも・・
深圳最高峰の梧桐山にはいつ行っても大勢の人が山頂をめざして登っているし、他の山もびっくりするほどよく登っている。まあ、夏は夕方に登る人が圧倒的だが。
大帽山に登った時、登山者が少ないなと感じたが、他の日はどうなのだろうと思っていたのだが、香港第二の高峰、鳳凰山もこんな調子ならこれが香港なのかな・・・

登っていくと大仏がロープウエイと並んで全容を見せてきた。でも視界があまりよくない。始めからそんなによくなかったが登るにつれて曇り空になりどんどん視界が悪くなってくる。
そして登山口から50分、一つの小さな嶺に着いた。頂上まではあと少しだろうが道しるべには頂上までの距離が書いていない。「伯公坳経鳳凰山 3.5km」


ホームページ    →  南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園 



登山道を
b0075737_2144159.jpg

あいにく視界は悪くて
b0075737_214543.jpg

b0075737_2152466.jpg

b0075737_2153644.jpg

天壇大仏とロープウエイ
b0075737_2154925.jpg

景色は雄大
b0075737_216164.jpg

すれ違うのは外人ばかり
b0075737_2161542.jpg

心経簡林
b0075737_2164033.jpg

b0075737_2165453.jpg

大仏がどんどん遠くに・・
b0075737_217525.jpg

遠くに・・・
b0075737_2171681.jpg

b0075737_217299.jpg

一つの嶺に
b0075737_2174015.jpg

さらに頂上をめざします
b0075737_2175281.jpg




[PR]
by sceneway | 2008-09-21 21:27 | 香港の山 | 非公開コメント  
2008年 09月 19日
深セン新生活日記【89】 深センの寒い冬 (2006.1.26)

深圳新生活日記 【89】  2006年1月26日  深圳の寒い冬

今年は1月29日が正月、あと3日。
飲料水が切れる。電話で配達手配を。

少し暖かくなってきた。日本ではまた春のような暖かさになってきたらしい。この冬はほんとにどうなってるのだろう。電気こたつの出番も多い。今までの冬はこんなに寒かったかなあ。
来季は220V仕様の新しいこたつを買うかなあ。

香港にいた頃、冬になるともちろん寒い日もありましたが、電気こたつが必要なのはほんの2、3日。ところが前年あたりから冬になるとすごく寒い日が増えてきました。明け方の気温が5、6度という日もありました。もともと亜熱帯のこの地方、暖房設備などないのでこの気温は日本でなら零下という感じだと思います。何しろ外出して寒くて適当な店に入っても暖かくないのですから。

深圳に引っ越す前、中国の工場にいた時、この寒さに遭い、夜はジャンパーを着たまま、靴下をはいたまま上布団に簀巻き状態で寝て寒さをしのいだこともあります。この時は香港人が「寒いから『ナベ』を食べに行こう」と誘いに来て一緒にでかけました。
レストランでももちろん暖房はなく全員白い息を吐きながらジャンパーにくるまってナベをつついていました。



通天閣、招商銀行大厦と月
b0075737_2254529.jpg




[PR]
by sceneway | 2008-09-19 22:55 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント