ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2008年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2008年 02月 29日
深セン新生活日記【38】 ペンダント時計と懐中時計 (2005.9.11)

深圳新生活日記 【38】  2005年9月11日  ペンダント時計と懐中時計

昼、出かけようと外に出たとたんNから電話。梅園路の芸展中心に行きたいらしい。現地で2時半に待ち合わせ。

僕はひとまず先に着き招商銀行で1万5千HKDを預ける。
家具のチェーン店、好百年の1階にある飲食コーナーでヨーグルトジュースを注文すると同時にNから電話、着いたらしい。こちらに来るという。
彼はアイスティーを頼む。

芸展中心ではいつもながら足が疲れる。手洗い用に飾り玉を買う。近くの薬屋で胃薬を買い、羅湖商業城へ。
ペンダント時計用に鎖を買う。彼はルイビトン風の鞄を買った。

味千ラーメンで食事をした後、地下鉄で帰宅。

10,000歩



この頃はよく芸展中心に行きました。
この日に買った飾り玉は洗面の流しの中に敷きつめようと思ったのですが・・・
発想はよいと思うのですが玉が小さすぎて失敗。排水溝の隙間に入ってしまいます。

b0075737_21405610.jpg


深圳も香港も夏は暑くて湿気が多いので私は腕時計をすることがあまり好きではありません。
で、会社で名札を首にぶら下げるような感じでペンダント時計というのはどうだろうかと、試しに安物(30元、400円)ペンダント時計を買って使ってみたのですが、鎖がすぐにだめになってこの日に新たに買いました。

でも使い勝手は上々で気に入りましたが、ちょっと女性っぽい印象があり照れくさい感じは残ります。で、懐中時計も試してみました(25元~30元)。これもいいのですが大きいのでポケットに入れるとふくらんで感覚的によくありません。

そして今は・・・両方あきらめて通常、時計は携帯しません。外出時、どうしても時刻を知りたい時は携帯電話か、デジカメの時刻を見ます。
でもペンダント時計は気に入っているのでTPOを考えたいいものがあれば買いたいと思っています。

b0075737_21431542.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-02-29 21:48 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 02月 28日
深セン新生活日記【37】 上水でスーパーなど見つける (2005.9.9)

深圳新生活日記 【37】  2005年9月9日  上水でスーパーなど見つける

夕方、香港へ。深圳皇崗のイミグレーションから香港落馬洲に入ってミニバスで上水へ。
落馬洲での広東語の雰囲気、ミニバス内での習慣など、やけに懐かしく感じてしまった。もう深圳人になってしまったのか?

あれだけ見つからなかったスーパーがバス停の近くにすんなり見つかった。小ぶりだが3軒。百佳、Wellcome、華潤百貨。これに郵便局、香港バンク(HSBC)などがある。全部小さい店だがこれで何とか事足りるだろう。

香港で事業をしている知り合いから電話。沙田に工場を造ったらしい。工場は賃貸だが今改装中とのこと。パイオニアの50型プラズマTVを6万で買ったと。

深圳に戻ると香港人の元同僚から携帯メール、明日ランチをしようとか...
でも連絡がおかしな具合になって話ができず・・

深圳も広東省で本来なら広東語のはずなのですがもともと30万人ちょっとの街から今では800万人とも1200万人とも言われるようになりました。で、中国各地から多数の人がやってきたので共通語の普通語が使われているのです。
ですので、深圳を離れて広州へ、または香港へ行くとたちまち標準語は広東語に変わります。深圳は広東語圏の普通語ホール(穴と言う意味のホール)なのです。
おそらく明治に開拓された札幌と同じ感じなのでしょうか。



上水 香港落馬洲から上水へのミニバス
b0075737_105796.jpg

ミニバス車内
b0075737_10573681.jpg

上水
b0075737_1048840.jpg







[PR]
by sceneway | 2008-02-28 19:53 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 02月 27日
香港初在住日記(164) VCD - 香港の休日 (1997.12.14)

  【164】  1997年12月14日(日)  VCD - 香港の休日  

昨日の土曜日は夜に帰ってきた。

今日起きて昨日タイマーでセットしておいた粥を食べる。休みが1日だけだと気が焦ってあわただしい。
ビデオやVCDを見る。

3時過ぎMTRで旺角へ出発。信和中心へVCDの買いだめ。「ひとつ屋根の下」と「東京ラブストーリー」、それに中国工場で頼まれていた内田有紀のものを買う。ちょうど「時をかける少女」があった。上下の2巻だ。香港のテレビでやっていたものをビデオにとった時は5回分くらいあったから4時間近くあるはずなのに。
それにしてもVCDは安くなった。DVDのソフトもかなり増えている。台湾ものだと130~160香港ドルくらいで手に入るがまだまだ高い。
VCDは12枚入りのもので230香港ドル。

久しぶりに日本料理屋「大関」へ。ここのおかみは相変わらずよそよそしい。
215Xのバスで帰る。5.7ドルと思っていたら6.2ドルになっていた。着実に物価は上がっている。

帰ってVCDを見る。
「東京ラブストーリー」はもう一つだが「ひとつ屋根の下」はけっこういけた。しかし5枚目ぐらいから白けてくる。
妹からの電話によると正月休みに母を連れて香港に来るらしい。


このころの香港は毎年賃金が確実に上昇、それに伴って行事のように物価も上昇、バス代、昼飯代など5%以上は確実に上がっていました。
その結果驚いたことに、当時一人あたりのGDPは占領国のイギリスよりも多かったのです。
このころの一人あたりのGDP世界一は日本。
でも日本の長い経済停滞の間にヨーロッパが軒並み経済復興してGDPが急激に上昇、現在の日本の一人あたりのGDPは世界22位に後退してしまいました。

そして毎年着実に賃金が上昇してきた香港も停滞期がくると物価の上昇もはっきり止まりました。これにはちょっとびっくり。


[PR]
by sceneway | 2008-02-27 23:43 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2008年 02月 26日
香港初在住日記(163) 深セン観光ガイドの経歴を持つ中国人社員 東莞工場で (1997.12.12)

 【163】 1997年12月12日(金) 深圳観光ガイドの経歴を持つ中国人社員-東莞工場で 

明日は休日の土曜日のため香港人はほとんど帰って行った。
いつものようにまた問題が起こる。あるカスタマーの問題がひとつ片づいたばかりなのに別の問題があると言っているらしい。カスタマーはすでにこちらに伝えてあると言っているらしいがこちらで聞いている人は誰もいない。
またまたややこしいことだ。
今日のアモイ(開発部の事務の女性)は少々気分がよくないらしい。この子は気分がすぐ顔に出る。

残業を終えて食堂に行くと日本人カスタマーと担当の中国人が話をしている。話に参加する。
この中国人は前に1年ほど深圳の旅行会社でガイドの仕事をしていたらしい。日本語ができるので日本人を案内していたと言う。
観光客を店へ連れて行くとそこで客が使った金のうち15%が彼のもとに入り、15%が旅行会社に入るという。

店では品物の原価の10倍を定価として表示し、それを3割引にすると言って客に売るのだそうだ。したがって旅行会社への30%を考慮に入れても原価の3倍以上の儲けが店に残る。
多い時は4万元を稼いだ月もあったらしいがほとんど収入のなかった月もあったという。平均して年収12万元だと。
そのあと日系音響会社のデンオンに入社、給料は8500。その後、この会社へ。給料は5900だという。


当時深圳で買い物をすると日本で買うより桁が違っていたものです。
10倍の値段がつけられていても日本人にはそんなに高く感じなかったのでしょうね。だからこういう商売が成立していたのでしょう。

深圳の日本料理屋の近くには日本人向けのカラオケ屋がたくさんあって、カラオケ小姐がカラオケに来たお客とよく日本料理を食べに行きます。
今はどうか知りませんが以前はカラオケ小姐が日本人を誘って日本料理屋に連れて行くと店は売り上げの15-30%をカラオケ小姐にマージンとして渡していました。
いずれにしてもこういうマージンというのはふつうの会社でもこちらのしきたりとして大きな部分を占めていると思います。

深圳・羅湖駅前の味千ラーメン (2008年2月)
b0075737_22542481.jpg



[PR]
by sceneway | 2008-02-26 22:56 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2008年 02月 25日
深セン新マンション建設物語【Intermission2】 2007年1月 付近の工事・北環大道

深圳新マンション建設物語 【Intermission2】 2007年1月24日 付近の工事・北環大道

付近の工事

このテーマのマンション付近は他にも毎日砂ぼこりが気になるほどの工事が展開されています。
今回は休憩してあたりを眺めてみます。2007年1月24日の写真です。


【マンション僑香村建設 Intermission2】 2007年1月24日 付近の工事/北環大道


北環大道
立体交差道路・橋脚用の鉄骨材
b0075737_1362310.jpg

上部に赤い鉄骨材が見えています
b0075737_1365537.jpg

立体交差工事
b0075737_22384260.jpg

道路拡幅のための路肩壁
b0075737_223997.jpg

高圧線鉄塔群 私のマンションの窓からは50基以上の鉄塔が見えます
b0075737_121164.jpg

b0075737_2240719.jpg

道路拡幅のためトンネルを広げます
b0075737_2240257.jpg

b0075737_22403585.jpg

地下高圧線用の地下壕 電線を受けるコンクリートが少し貧弱に見えます
すでに1カ所折れてます
b0075737_2241096.jpg

b0075737_22412122.jpg

b0075737_2242188.jpg

作業員用の仮設住宅と物置
b0075737_22412835.jpg

この写真だけではとこの国の工事なのか・・・
b0075737_22414818.jpg

b0075737_22415664.jpg

マンホール
b0075737_22421292.jpg

b0075737_22423546.jpg

近くでも別件のマンション建設が
b0075737_22424144.jpg

b0075737_224305.jpg

b0075737_2243680.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-02-25 23:01 | 深セン新マンション建設物語 | 非公開コメント  
2008年 02月 24日
深セン新マンション建設物語【13】 2007年1月(3)

深圳新マンション建設物語 【13】 2007年1月(3)

マンション建設の様子を別の場所から
2007年1月24日


クリックすると大きくなります



b0075737_23463634.jpg

b0075737_2347313.jpg

b0075737_23471570.jpg

b0075737_23473355.jpg

b0075737_23474760.jpg

b0075737_23481278.jpg

b0075737_23482639.jpg





[PR]
by sceneway | 2008-02-24 23:58 | 深セン新マンション建設物語 | 非公開コメント  
2008年 02月 23日
壁紙Gallery 【10】 中国・深セン 新深センの夜景と梧桐山

壁紙Gallery 【10】 中国・深圳 新深圳の夜景と梧桐山

新深圳の建設が進み全体が見え始めたばかり。まだまだ建設は進みます。その夜景です。

梧桐山はいつ言っても興味深いところ、天気によっていろいろな姿を見せてくれます。

画像をクリックすると1280ピクセルの壁紙画像になります。

 写真の縮小ソフトについて 
 壁紙セットアップソフトについて 


蓮花山公園から



市民センター







中梧桐山より大梧桐山



中梧桐山と小梧桐山



十里杜鵑長廊と中、小梧桐山



泰山澗



碧桐道から沙頭角を ミンスク航母世界





(すべてScenewayの撮影・制作です。)


[PR]
by sceneway | 2008-02-23 22:35 | 壁紙 | 非公開コメント  
2008年 02月 22日
深セン新生活日記【36】 魚の調理 (2005.9.6)

深圳新生活日記 【36】  2005年9月6日  魚の調理

この前買った魚を夕食に食べる。
魚の名前は知らないが香港に住んでいた時、いろいろ食べ比べて一番食べやすかったピンク色の魚。
香港と同様、こちらで買っても魚をさばいてくれるので残っている鱗を洗い流す。
塩こしょうをすり込んでアルミホイルでくるんでオーブンレンジで15分。こんな調理方法があるのかどうか知らないが、水分が残って煮魚みたいになってけっこういける。でも、今日はちょっと塩、胡椒が多すぎたようだ。

食後の後片づけを終えてから足のマッサージへ行く。
歩いてなら30分足らずのところにある。この前にやってもらった力強いNo.18の小姐は辞めたとのこと。別の力強い人を頼む。少しおばさんだが、力強くてよい。次も頼むかな。湖南人。
途中、となりのパン屋で明日の朝食用のパンを買ってから再び戻って全身マッサージをする。

終わると深夜12時半、まだ411のミニバスが走っていた。助かった。


2008年2月 深圳

新しくできた北環大道のインターチェンジからの風景




[PR]
by sceneway | 2008-02-22 22:58 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 02月 21日
深セン新生活日記【35】 深セン吉野家の牛丼 (2005.9.4)

深圳新生活日記 【35】  2005年9月4日  深圳吉野家の牛丼

b0075737_21474594.jpg深圳の電気街、華強路に吉野家がある。実際は華強路の隣の筋。
吉野家でNと待ち合わせて牛丼を食べる。彼は香港の吉野家の方が味がいいと言う。確かに味は違う。

彼はカラオケ小姐に電話をして上海賓館で待ち合わせる。
彼女はふるさとのおみやげだと言って朝鮮人参やらをくれた。活力剤になるようなものらしいがどう調理するのか分からない・・

b0075737_21485421.jpg近くにある「時計城」へ行く。リビング用に置き時計を買う。155元。現品のみだと言う。仕方ない。
修理屋で、ペンダント時計の電池を交換する。

梅園路の芸展中心へタクシーで、20元。
前の洗面セットの店に欲しかったのが入荷していたので購入。他に、ようじ入れ、呼び鈴の内機用に人工芝を買う。
彼らもここが気に入ってくれた様子だった。ビルを2つ見た後、323路のバスで僕の家に。

彼女は台所ベランダからの眺めを気に入っている。北環大道の騒音はあまり気にならないようだ。
肝心のおみやげの調理方法は次回と言っている。
東海坊の韓国料理屋で焼き肉を食べて解散。ほぼ10時。

15,000歩

ベランダから
b0075737_22201110.jpg




b0075737_21523662.jpg2008年2月21日 深圳

購物公園のJUSCOにカトキチの冷凍たこ焼きを売っていました。8個8.8元。
説明が中国語で書かれていました。中国向けかな。
電子レンジで3分間。

お味は・・・
よろしいですね。東門とかよりはずっといいですが、たこが少し小さい・・・



[PR]
by sceneway | 2008-02-21 22:22 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2008年 02月 20日
香港初在住日記(162) 深セン・羅湖の食堂で (1997.12.8)

  【162】  1997年12月8日(月)  深圳・羅湖の食堂で  

今日は太平洋戦争勃発、トラトラトラの日。
朝、香港の事務所へ。今日は昼から中国東莞工場へ行く予定。

会社の雰囲気がよろしくない。暗い話ばかり耳に入ってくる。
11時半過ぎ会社を出て中国東莞工場に向かう。昼食を食べてからでもよかったのだが早く香港を出たい気分。

1時、イミグレを抜け深圳・羅湖に出る。ここで昼食を食べていくことにした。
職工食堂とかいう店に入る。サンドイッチとコーヒーを注文。コーヒーはすぐ来た。
食堂はすでに満席。香港人らしい男性が僕と同席してきた。
僕よりあとの彼の注文は次々とやってきたが、僕のサンドイッチが来ない。まだ来ていないことを言うためにウェイトレスを呼ぶ。
ウェイトレスは何を勘違いしたのかマイタン(勘定)に来たようだ。おかげで言葉が堪能でない僕の頭は混乱してしまう。この食堂は先払いなのかと思ってしまった。
訳が分からすにとりあえず書かれた金額のお金を払う。そして料理がまだ来ていないことを告げる。香港人も助けてくれた。最終的にはウェイトレスにもサンドイッチがまだ来ていないことが分かったようで、めでたしめでたし。

香港人が食事を終えて立ち去る時「Thank you」とお礼を言うと彼は「ニッポンノヒト?」と日本語で僕に聞いた。
どこへ行くか、バスで行くのか、などと英語で聞いてきた。東莞までバスで行くと返事をしてありがとうのバイバイをする。

いつものようにバスで東莞工場へ。
工場に着くとひっきりなしに電話やPE(生産技術)からの質問。助けて---

中国や香港では自分のテーブルまでウェイトレスがお勘定に来てくれますのでややこしくなってしまいました。
サンドイッチというのは注文が少ないので後回しにされていたのかも知れません。
ただ、香港も中国も遅い時にははっきりと店員に言う必要があるようです。言えばウェイトレスもすぐ厨房まで見に行ってくれますし、それなりの効果があります。


2008年2月20日
昨日あたりから気温も上がり太陽が顔を見せるようになってようやく平年並みになってきたようです。
そして空気の透明度が悪くなりました。今までこの季節にしては透明感があるな、と思っていたのがこれも平年並みになったようです。


正月も2週間近く過ぎたのにまだ正月飾りを売っていました。売れ残り?
(香港・元朗)
b0075737_2159192.jpg




[PR]
by sceneway | 2008-02-20 22:04 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント