ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2007年 12月 30日
深センめぐり【32】 梧桐山煙雲への道Ⅱ (登山道3) 秀桐登山道

深圳八景・梧桐山煙雲への道Ⅱ 【登山道3】 秀桐登山道


秀桐登山道 ( 2007年12月1日 )






秀桐登山道は碧桐登山道の標高800m付近で合流します。地図では合流点から頂上まで秀桐登山道となってますが、現地の案内板では碧桐登山道となっています。

秀桐登山道は塩田の標高153mから合流点まで2146mの行程です。この日は碧桐登山道で大梧桐山の登頂をした後にこの秀桐登山道を下りました。
ただふもとの登山口への交通(バス)がなく、近くのバス停まで30分ほど歩きました。
2146mで650m登るので斜面もそれなりに厳しいです。上の方では視界も開けてくるのですが下の方は眺めも草木ばかり。まあ体力挑戦コースとでもなるのでしょうか。




大梧桐山頂上
b0075737_23344338.jpg

まず碧桐登山道を下ります
b0075737_23345545.jpg

碧桐登山道と秀桐登山道の合流点
b0075737_233519100.jpg

秀桐登山道へ
b0075737_233733.jpg

b0075737_23373372.jpg

b0075737_23383532.jpg

b0075737_23385537.jpg

b0075737_23391845.jpg

b0075737_23393476.jpg

やっと休憩所に
b0075737_23395453.jpg

b0075737_23401041.jpg

b0075737_23403096.jpg

b0075737_23404684.jpg

登山口
b0075737_2341762.jpg

さらに歩きます
b0075737_23412434.jpg

30分ほど歩いてやっとバス停が
b0075737_23413953.jpg





[PR]
by sceneway | 2007-12-30 23:54 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 12月 29日
深セン最高峰とミンスクの海

深圳最高峰とミンスクの海



深圳最高峰・大梧桐山とミンスクのある塩田の海







そしてお昼寝牛が立った



すべてクリックすると大きくなります


[PR]
by sceneway | 2007-12-29 23:51 | 深セン | 非公開コメント  
2007年 12月 28日
深セン新生活日記【22】 訪問客 足の裏のマッサージ (2005.7.24)

深圳新生活日記 【22】  2005年7月24日  訪問客 足の裏のマッサージ

朝、中国人の友人から電話。10時半から11時半にこっちに来ると。新しいマンションを見学したいようだ。
12時過ぎやって来た。しばらくして夕立のような雨が降ってきた。一通り見学して雨が上がるのを待って帰って行った。

梅園路の芸展中心へ。前に目をつけていた手洗いセットは在庫がなく展示品だけというのであきらめる。
プラスチックで作った金平糖のような「石」を2種類買う。
トイレの手洗いの中に入れると見栄えがするかなと。1つは失敗、小さすぎて流れてしまいそうだった。

夜、快餐店で夕飯のあとマッサージへ行く。足の按摩は気持ちが良かった。力が入っていた。次のために彼女の番号を覚えておく。18号。
夜11時半でも411のミニバスが走っていた。


8,900歩

見学に来た彼は私よりも2年ほど早く南山区にマンションを買っていました。新築で82平方メートルのマンション。彼が内装してから私も見学しましたが数万元で内装したとのことでした。結構安く仕上がるもんです。

そろそろ部屋も落ち着いてきて装飾関係し少しずつ気が向いてきました。芸展中心に行くといろいろ面白いものを売っていて気がそがれます。プラスチックの石も試しに買ってみたのですが小さすぎて失敗。

買ったのはこれ。小さすぎて失敗
b0075737_23475515.jpg


で、今は・・・
石の卵と玉・・あまりよくないけど
 



[PR]
by sceneway | 2007-12-28 23:55 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2007年 12月 27日
深セン新生活日記【21】 もう一つのJUSCO 東湖店 (2005.7.22)

深圳新生活日記 【21】  2005年7月22日  もう一つのJUSCO 東湖店

朝は雨。昼に上がる。昼から東湖のJUSCOへ。福田の一号店よりも小振りで2階ある。
見ていると店員が応対してくる。
平日100元、土日で200元買い物をすると無料配達サービスがあるとのこと。福田は平日150元、休日300元だったので条件がいい。心を決して買い物をすることに。ゴミ箱、トイレ掃除用の器具、バケツなど、配達してもらうように大きいものを買いだめた。350元の会計、十分無料配達可能になった。
登録用紙に住所と電話番号。次に頼むときは電話番号さえ言えばよいということだ。

マンションを昼過ぎに出たのにもう7時だ。9時から10時の間に配達するというのでKFCでハンバーガーを食べて帰る。

配達される前に電話がかかってきて所在の確認の後、9時前に配達された。

5,000歩

深圳はスーパーが乱立しているためか客の獲得のためいろいろサービスをしています。一つはマイクロバスで路線を決めて一定時刻に無料送迎バスを走らせるもの、そしてデリバリサービス。客にとってはありがたいもの。
ただ引っ越してきたばかりの時は買い物がたくさんあってすぐに配達してもらえる金額になるのですが落ち着いてくるとなかなか大量には買い物をしないので私にはそんなに意味を持たなくなってしまいました。


深圳の新しいJUSCO、COCO-Park店の無料送迎車ルート
b0075737_0308.jpg




[PR]
by sceneway | 2007-12-27 23:57 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
2007年 12月 26日
香港初在住日記(148) 香港・会社の寮にフィリピン人女性たちが・・ (1997.10.19)

  【148】  1997年10月19日(日)  香港・会社の寮にフィリピン人女性たちが・・  

中国滞在者が香港に来たときに使うように会社で香港に部屋をいくつか借りている。3つのベッドルームがあり、一つはある中国滞在者が常に使っている部屋があり、ほかは一定の住人がいないフリーの部屋。ここに出張者などが泊まる寮となる。リビングは共同で使うことになる。

この寮に上海から出張で香港に来ているS氏が滞在中。彼から電話。
寮にフィリピン人女性が多数押しかけているらしい。全員アマさん(家政婦)だということだ。
かの部屋の住人の親しい女性に鍵をわたして自由に使わせているらしい。その彼女が友人を連れてきているのだ。
あそこは会社の寮ということになっているので会社に知れるとまずいのではないか。
確かに彼は落ち着かないだろう。
フィリピン人たちは一旦外出したものの夜9時ぐらいまでいたとのこと。夕食も作ってみんなで食べていたらしい。

香港では共稼ぎが一般的なため家政婦を雇う家が多いのです。フィリピン人の英語の話せる女性が香港にやってきて家政婦として働きます。彼女らをアマさんと呼びます。合法です。給料は住み込みで当時3500-5000香港ドル程度で年1回、アマさんが母国へ帰省する費用を雇い主が負担するのが一般的なようです。

寮につめかけていたアマさんたちはもう一人の住人の親しい女性とその友人たち。なぜか香港ではこういう関係にある女性たちを公私混同する日本人をよく見かけます。上の役職にある人でひどい人もいるようでした。
そういうのを知ったときはすごくショックでした。日本でもそんなことをする人が・・・・
まじめにやりたいものです。


深圳・中梧桐山付近の小さい山の頂上で 2007年12月26日

なぜか狭い頂上で海を眼下に昼寝する牛。どこから登ってきたのだろう。かなりきつい道しかないのに・・・
b0075737_0125945.jpg





[PR]
by sceneway | 2007-12-26 23:10 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 12月 25日
香港初在住日記(147) 香港旅行の友人帰国 (1997.10.14)

  【147】  1997年10月14日(火)  香港旅行の友人帰国  

6時半起床。
日本から遊びに来て僕のマンションに宿泊している友人Mは今日日本に帰る。昨日は近くに住む友人Hの細君(広東人)に深圳のテーマパーク、民族村と錦繍中華へ連れて行ってもらったらしい。

7時。彼を見送るためともにタクシーに乗り込み空港へ。(旧空港のため近いです)
彼は飛行機のリコンファームをしていないと言っていた。
僕が一人で初めて香港にやってきた1992年は時は電話をかけたどたどしい英語でリコンファームをして苦労したことを思い出す。
まず問題ないと思いたい。
7時20分無事チェックインをすませる。

セルフサービスの店で朝食。サンドイッチとコーヒー。併せて50何ドル。以前よりだいぶ高くなったような気がする。
Mを入り口まで送った後、少しぶらぶらするがパスポートを忘れたのを思い出して急いで家に戻る。

会社へ行くと少し遅刻。
午後からカスタマーへ。さんざんな目に遭う。

上海から来ている技術者は昨日顔色が悪いと思っていたら今日病院に行ったらしい。



テーマパーク 錦繍中華 (民族村と併設) 2000年11月撮影。このころはまだ「世界之窗」はありませんでした。

写っている中国人の服装が今と全く違っています
b0075737_23102668.jpg


うしろに深圳の市街が写っていますがこれも今とは全く違うのどかな風景
b0075737_23104273.jpg



[PR]
by sceneway | 2007-12-25 23:14 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 12月 24日
Intermission 深セン福田区 中海華庭から

Intermission 深圳・福田区 中海華庭から

知人が深圳にやってきました。その住み家がCOCO-Park対面の中海華庭。
早速遊びに行きました。彼の部屋は22階の120平方メートル。
写真を撮りました。晴れていないのがちょっと残念ですが夜景もなかなかいいと思います。
まあいい天気で透明感のある写真は来年の夏までおあずけ。

ツインタワーの手前に麦わら帽子のような屋根が見えますがこれがJUSCOの入っているCOCO-Park。
近くには450mのビルが2年後の完成をめざして建設される予定です。深圳で最も高いビルになるはず。

現在の最高は羅湖区の地王ビル(地王大厦)の384mで、建設された1996年では中国一でした。
その近く、釘子戸で有名になった蔡屋围にも同時期に400m級のビルが建設される予定。




クリックすると大きくなります




[PR]
by sceneway | 2007-12-24 23:13 | 深セン | 非公開コメント  
2007年 12月 23日
深センめぐり【32】 梧桐山煙雲への道Ⅱ (登山道2) 碧桐登山道

深圳八景・梧桐山煙雲への道Ⅱ 【登山道2】 碧桐登山道


碧桐登山道 ( 2007年11月17日 )




碧桐道は塩田区沙頭角の人民医院横に登山口があります。
大梧桐山まで4377mの道のりでそんなに厳しいところはありません。あの雄大な好漢坡登山道は通らず一気に頂上へ向かいます。
沙頭角にあるミンスク航母世界周辺が常に見えています。全体的に景観は良好な登山道です。

→  地図   写真ブログ 碧桐道(1) 
 写真ブログ 碧桐道(2)   写真ブログ 碧桐道(3) 



登山口
b0075737_23355597.jpg

b0075737_23361883.jpg

b0075737_23364267.jpg

b0075737_233873.jpg

航母世界 ミンスクの見える風景
b0075737_23382224.jpg

b0075737_23384588.jpg

b0075737_2339515.jpg

b0075737_23392241.jpg

b0075737_23393646.jpg

b0075737_23395582.jpg

b0075737_2340953.jpg

b0075737_23404574.jpg

後ろに頂上が。あと少し
b0075737_23405888.jpg

大梧桐山頂上
b0075737_2341271.jpg




3回目の登山の時。
母親(たぶん)に助けられながら自分の足で登山する女の子がいました。さすがにきついらしく休み休み登っていました。顔には少し苦難の表情。
そしてある休憩地点へ。いきなり360度の雄大な展望が開けました。その瞬間、彼女は満面の笑みを浮かべて休憩所へ走りだしました。
すてきな笑顔でした。


お母さんに助けられながら自分の足で登ります







でもああしんど









満面の笑顔に 幸せをくれます


b0075737_0114831.jpg




公園内の道をジョギングしたり一人でウォーキングしている白人は今まで結構見ているのですが登山口を通りすぎても登ろうとする白人は全くいませんでした。
このとき初めて目にしたので珍しいと思って写真を撮りました。中国人のグループの中にいて英語を話す小姐がいました。結構みんなにかまわれている様子でした。

b0075737_23411359.jpg





[PR]
by sceneway | 2007-12-23 23:17 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 12月 22日
深セン 福田と龍華を結ぶ新道路開通 

深圳 福田と龍華を結ぶ新道路開通 

深圳の急激な道路の混雑により「一横八縦」の道路建設計画があります。

「一横八縦」とは文字通り、東西の新線を1本、南北の新線を8本ということです。
一横は南山と龍崗の坪山を結ぶ南坪快速路全長61kmで八横は深港西部過境通道と福田・龍華間道路、東部過境通道など8本です。

この「一横八縦」の一つ、福田と宝安区龍華を結ぶ全長14.25km福華路が開通しました。
これにより福田区香蜜湖周辺から龍華までは15分で結ばれるとのこと。以前に龍華へ行くのにバスで1時間程度かかったと思いますが、かなり短縮できるのでしょう。
しかも中西部地区の南北快速道路では唯一の無料道路になるとのこと。

→ 深圳スクエア (内容が中文サイトの記事と微妙に違う感じがあります)
→ 深圳新聞

私の所感として現在の深圳の道路渋滞は道路信号の運営にも問題があるのではという感じを持っています。
青から次の青になるインターバルがとても長いのです。ぎりぎりのタイミングで赤になった交差点にさしかかると3分4分待たないと青になってくれません。私のマンションの近くでもいくつか長いインターバルに変更されて所要時間が以前よりかなり長くなっている気がします。
市の方でシミュレーションをしてみたらどうなのだろうか、と思っているのです。



この福華路、私のマンションの裏を福田区の起点にしていて私の部屋から丸見えになっています。で、これまで写真を撮ってきました。


2005年1月 深圳経済特区の北部を東西に走る幹線道路「北環大道」
b0075737_135579.jpg


2006年6月
b0075737_1361537.jpg


2007年4月
b0075737_1374154.jpg


2007年12月
b0075737_1382448.jpg


2007年12月 夜景
b0075737_1385621.jpg




[PR]
by sceneway | 2007-12-22 23:11 | 深セン | 非公開コメント  
2007年 12月 21日
深セン新生活日記【20】 暑い! 夜も気温が下がらない (2005.7.19)

深圳新生活日記 【20】  2005年7月19日  暑い! 夜も気温が下がらない

巻き尺を携帯して宝安北路へ買い物に行く。

百安居では電気工事関係のものを買う。自分で内装を変更するため。
あと壁に絵を掛けるための金具を考えてみたがいいアイデアがでない。

金海馬家具店へ。
ソファやベッドを買ったときに仲良くなった小姐は休みのようだった。食卓用のランチョンマットとティッシュカバーを買う。

b0075737_2155642.jpg楽安居へ。
今は中国スタイルで洗濯機を北側のベランダにおいているが、やっぱり劣化が気になるのでトイレのスペースに入れ込むことを検討中。
そのためにはトイレに電源コンセントと蛇口を追加する必要がある。で蛇口を二股にするものを探してみたが思うのがない。
店員がこれはどうだと「三通」なる真鍮の三ツ股を持ってきてくれた。安いものだし、とりあえず買って検討してみることにする。

楽安居のとなりの何とかいう家具屋さんへ。ベランダ用にきれいなテーブルが見つかった。とりあえず寸法を測って懸案事項とする。

久しぶりに近くの「一番ラーメン」で食事。店員の小姐は久しぶりだなという。覚えていてくれてた。

暑い。9時だというのに気温が下がらない。ぞっとしてきた。息苦しい。
323路のバスで帰る。
帰ってすぐに書斎の空調を入れるがなかなか涼しくならない。が、リビングに出るとむっとする暑さ。空調はよく効いている。

10,400歩

洗濯機は60kgちょっとの重量があります。いったん設置してしまうとサービスマンを呼んで移動してもらわなければなりません。
コンセントは2つ入りのものに換え、蛇口も「三通」とかいくつか組み合わせてウォシュレット用と分岐することができたのですが、結局サービスマンを呼ばないうちに洗濯機の塗装が焼けてちょっと小汚くなってきて今もそのまま。買い換えの時に移動するしかないかな。


マンションの玄関口にはいつもの大きなクリスマス人形 2007年12月21日
b0075737_21561363.jpg




[PR]
by sceneway | 2007-12-21 21:59 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント