ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2007年 06月 30日
中国深セン初内装日記(101) ホームセンター巡り (2005.5.16)

【101】  2005年5月16日  ホームセンター巡り

ホームセンター楽安居へ行く。まずコンロ、消毒槽,レンジフードの配達手配をする。
システムキッチンのお金を払う。

ホームセンター百安居へ。4連のスイッチが必要とのことだったが、松下のがなく、他のメーカーでいいのを探す。同じ所に使う3連のも同じメーカーのを買って香蜜山へ。

皆は昼休みで昼寝。買い物を下駄箱の上に載せて会所へ房産証申請のお金を払う。いつ受け取れるかと聞くと、ローンがあるので受け取れないという。ローンを払い終えたあとで返してもらえるらしい。房産証は銀行でおさえるようだ。
(写真は房産証)

部屋に戻って返品するコンセントをもって出かけようとすると項目経理(現場責任者)から電話。財富広場にいるらしい。百安居へ買い物をしなければならないようだ。
彼に会うと彼は他の内装工事の顧客との用事もあるらしくしかたなく招商銀行へ付き合う。オーナーが待っていて支払いをしてくれるという。。第1次だろうか6万元。予算が35万程度だという。大口だ(僕のは予算9万元)。オーナーもいい感じだったので余裕のある金持ちかも知れない。名雕の会計の小姐がいた。どうして項目経理が付き合うのか意味が分からない。おまけに僕も・・僕はまあ好奇心があるので・・・
お金をおろすのに時間がかかると思うので、僕はマクドで腹ごしらえ。帰ってくると既に支払いは終わったようだ。やっと百安居へ向かう。

百安居でタイル用の硅胶など購入。僕は香蜜山へ、彼は崗厦へ行くとのこと。今日、彼と同じ行動で彼が思いがけず気弱で段取りが悪いことを知る。
彼にあさってからのフローリング設置工事のことを確認する。彼は電話をしていたが、担当者にその準備をするように伝達していたようだ。香蜜山に戻ると一斉に安装の段取りを始めていた。彼の扱い方はこちらで全部段取りするのがいいのかも知れない。
(フローリング工事はこちらの仕事で手配はこちらでするのですが、フローリング工事ができるようにしておいてもらわねばなりません)

返品用品をもって再び外出、タクシーで崗厦にあるホームセンター世紀中心へ。返品と追加購入をする。広東客家のタクシーの運ちゃんは戻るなら待ってると言うが時間がかかりそうなので待たなくていいと言って帰ってもらう。
また400元あまりの買い物。照明に金がかかる。今回は世紀中心の前にいる運び屋を使う。タクシーは23元だったのでそれより安い金額が目標、20元で手を打つ。

香蜜山へ戻るとすでに6時半、水電工が来ていた。水道管破壊の修理打ち合わせと照明の段取りの打ち合わせ。かなり照明の設置が進んでいるので遅くなっても大丈夫だと思っていたら、管理所から作業者に早く帰るように催促があった。外へ出る。一緒に食事でもと思ったが、彼らは帰っていった。白石洲に住んでいるという。

b0075737_2334169.jpg遅くなった。325路のバスはなかなか来ない。皇崗へ。
香港側の落馬洲。2階建てバス76Kも遅いだろうと思うとぞっとする。
で・奮発してタクシーで。48香港ドル。マンションにある台湾料理の店で久しぶりに食事。

11,900歩

マンションはすでに入居者がいると夜や休日の内装工事はできません。私の場合新築マンションなのですがそろそろ内装工事を終えて入居者が出始めたようです。で、管理所から作業者を早く帰すよう催促がありました。
こういう時管理所は便利ですね。入居してから数度、管理所に苦情を言ったり言われたりしました。




[PR]
by sceneway | 2007-06-30 23:46 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 06月 29日
中国深セン初内装日記(100) コンセント・照明工事 (2005.5.15)

【100】  2005年5月15日  コンセント・照明工事

b0075737_23393273.jpg1時頃香蜜山(マンション)に着く。コンセントは2日前から工事をしていたのでほとんど完成。
工人は休憩時間。3人ほどの水電工がやっている模様。少し見てご飯を食べに行くことにする。ミニバス411路で出かけ、マクドのまがいもののようなファーストフードの店でハンバーガーを。

b0075737_23225352.jpgその後香蜜山に戻り、コンセントなどの使用状況や部品の欠品状況を探る。
電気関係は急ピッチで進み、間接照明として使う灯管(スリムランプ、写真)もかなりの設置されている。
彼らが欠品状況を僕に伝えてきた。かなり欠品があるが、灯管が点灯できるようになり、夜間に入ってもこれでしのげるようになる。主人房の棚の青い灯管はどうもピンとこない。電球色に変えるか....

角阀(水栓、蛇口みたいなもの)のつなぎ部分が短いため「内外牙直接」というつなぎが必要なようだ。かの水電工と連れだって買いに行く。ちょうど香蜜山の地下2階の仮店舗で売っていた。なかなか便利だ。
角阀が2つ余った模様。公衛生間の分かな。
明日は中心灯も安装して終了の予定。

香蜜山の会所で房産証(権利書)の申請に行く。税金や手数料がたくさん。香港ドルで買ったので香港ドルでの支払いが必要だという。持ち合わせがないので明日払うことにした。

壁塗りの人を残してみんな帰ったあとに元設計士がやって来た。久しぶりの彼女は少し太ったように見える。彼女が自分であちこち見て回ったあとに本題に入る。

名雕設計会社のエライさんに電話、いつになったらできあがるのか話をする。彼はすぐにこちらへ来ると。
ややあって項目経理がやってきた。上司の命令できたせいか、ちょっと従順だ。トイレやシステムキッチンの安装期日を決定させる。ほぼ18日に統一し、元設計士が各店に電話をしてくれた。
いろいろあったがともかくも今日は帰ることにする。彼女は財富広場近くに用事があるというのでタクシーを拾って共に財富広場へ。ここで別れて、僕はまた日本料理を。

遅くなった、香港に帰ると10時。

13,100歩

しばらく牛歩の歩みで工事が足踏みしていていらいらしていたのですが、2日ほど前からやっと電気関係の工事が始まり何となく部屋らしい気分がし始めてきました。


昨日(左)、今日(右)。寝室部の飾り棚。やっぱり青はけばけばしい。
他にもダイニングで青色を使ってみたのですが、青は使いこなしが難しいです。
こちらの分はあとで電球色と取り替えました。



書斎部の間接照明
b0075737_23304125.jpg

リビング
b0075737_23304914.jpg

書斎部の机
b0075737_233057100.jpg





[PR]
by sceneway | 2007-06-29 23:42 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 06月 28日
香港 屯門旅情

香港 屯門旅情

時々深圳から皇崗経由で香港(上水)に行くのですが、今回は気が向いて落馬洲(皇崗の香港側)から適当にミニバスに乗りました。見ると屯門フェリー行きになってました。11香港ドルということでけっこうな距離がありそうです。10ドル超えると1時間ぐらい乗っていられると思ってしまいます。元朗は随分昔に行ったことがあるようなのですがほとんど記憶がなく初めて状態です。

高速道路を走り屯門フェリーでバスを降り、まずフェリー乗り場へ。景色が雄大です。気がつくと飛行機が・・かなりひっきりなしに降りてくるので見てみると遠くに香港国際空港が見えました。ランタオ島でした。でたらめにバスに乗ってきたのにちょっと得した気分。
b0075737_21343252.jpg


b0075737_2140684.jpg香港の鉄道KCRには路面電車を改造した軽便鉄道というのがあり、ちょうどこの屯門、元朗地区で走っていますのでこれにも乗ってみました。各駅は無人駅、オクトパスを使用。なんか簡単に無賃乗車ができそうな感じに大丈夫?と思ってしまいます。

元朗は通過しただけですが、双方とも景色が雄大(結構広くて香港らしく高層住宅が林立している)で歩いたりバスに乗ったりしていると気持ちがいいのでまたやってきたくなりました。


b0075737_2146087.jpg

飛行機が降りてきました
b0075737_21461074.jpg

b0075737_21464013.jpg

b0075737_22373.jpg

b0075737_21465943.jpg

b0075737_2147933.jpg

KCR軽便鉄道
b0075737_21471888.jpg

b0075737_21472995.jpg

b0075737_21474869.jpg

b0075737_2148667.jpg

b0075737_21481877.jpg

b0075737_21482968.jpg


動画です。軽便鉄道電車内のこの場所から2分ちょっと撮り続けました


 → 写真ブログ 香港・屯門旅情   → 写真ブログ 香港・屯門旅情2 


[PR]
by sceneway | 2007-06-28 22:01 | 香港 | 非公開コメント  
2007年 06月 27日
香港初在住日記(101) 手術 (1997.5.27)

  【101】  1997年5月27日(火)  手術  

手術の日。事前に腹腔鏡手術と聞いている。状態次第では普通に切り裂いての手術に変えると。
朝5時頃から採血、血圧、体温など調べる。浣腸も入る。全く体調が悪くなってくる。
注射を何本も打ち点滴までしながら準備。

9時前ベッドを手術室まで移動。手術は初めて、手術室とやらを隅々まで観察する。テレビで見るような手術室とは少し違う。
手術気というものを来て手術室に入り手術台から別の服になる。そしてすっぽんぽん。
全身麻酔をかける。知らないうちに意識がなくなっている。

気がつくとベッドの上。部屋も2人部屋。小便は管、点滴ありとうっとうしい状態。2人部屋の夜遅くでも急に大声を出してびっくりして目が覚めたりする。

手術は9時から3時間ほどかかったようだ。麻酔がさめた時は少し苦しかったが夜になるとかなり楽になってきた。

生まれて初めての手術。物珍しさに手術室をつぶさに見ていると看護婦さん、「部屋はどうですか?」「テレビで見るのとは違うなあ・・・」
それにしてもここまでしつこく厳重にやるかと思うほどの慎重さ。手術は初めてなのでこんなものかと思う気持ちもありますが、神経質すぎるだろうと、ちょっとうっとうしかったですね。
でも手術をしてくれた先生は優秀だったかな・・とあとで感じました。最近この病院へ行って先生の名前を探しましたがありませんでした。

最近感じているのですが、病院は保険のこともありますが、日本、香港、中国を比較すると簡単な病気ならともかく、手術とかになってくると日本が一番安くて安心なように感じます。中国ならちょっとした病気でも1万元、2万元とかかります。香港の場合、政府がやっている病院は香港IDがあればかなり安くつきますが、医師レベルに不安を感じる時があるので・・ただ香港は患者の状態をよく観察してくれて気を遣ってくれるのを感じます。
で、基本的に、深圳では簡単な病気は薬、少し複雑になってくると香港へ、手術と言うことになると日本、ということにしています。緊急と言うことになるとしょうがないですが考えておいた方がいいですね。



[PR]
by sceneway | 2007-06-27 22:57 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 06月 26日
香港初在住日記(100) 奈良で - 手術帰省なのに雑用が・・ (1997.5.21)

  【100】  1997年5月21日(水)  奈良で - 手術帰省なのに雑用が・・  

手術のために帰省。前日は鍵の件で大騒動でしたが、帰ったら帰ったでこれまた雑用があるもので・・

私のところでもようやく下水が整備されるというのでその説明があるとのことでした。特に私が買っていた家は少し複雑なつくり。小さな袋小路のようになっていて袋小路の部分は私道になっていて私のところと向かいの家が半分ずつ所有しています。更に奥の家は私道の所有権はないのですが通行権と水道管などの埋設権を持っていると言うことになってます。変な家を買ったものですが・・
で、下水道を埋設するのにこの私道部分の工事は誰が負担するのか、というのが問題のようでした。


久しぶりの日本。奈良(郡山)。
母から聞かされていた下水の件で市役所へ行って話をしなければならない。昨日の資料をまだ読んでいないがとにかく市役所へ。雨が降っているがかまわず自転車で。
市役所の4階に下水道の部署がある。話を聞く。私道の場合は複数の戸数で使用しているので市の方で工事をしてくれるらしい。これはまだ「お向かいさん」には言っていないが、と言いながら説明してくれた。そのための契約書に自分の名前とはんこを押す。受益者負担としては3万円程度になると言うことだ。下水の自己負担工事は10万から50万程度だと言う。
説明書を読んでみると3年以内に自己分の工事をする場合は36万円まで無利子の融資があるらしい。
帰って母と共に「お向かいさん」へ説明に行く。
奥さんは私道部の工事を市がすることにほっとしていた。

明日から病院。
6月1日から電話番号の変更がある。07435-2-から0743-52-に変わる。市内電話は番号が長くなる。田舎番号も良かったのだけど。


家の近くの城跡から


家から7kmほどの法隆寺





[PR]
by sceneway | 2007-06-26 23:26 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 06月 25日
壁紙Gallery 【1】 中国・深セン 羅湖区 仙湖植物園 +α

壁紙Gallery 【1】 深圳 羅湖区 仙湖植物園 +α

壁紙を作ってみました。
サイズは 1280x700ピクセル を基本にしました。

サイズを小さくする場合はいろいろなフリーウェアをダウンロードできますので利用してください。たとえば Downsizeall   縮小専用 
などいろいろあります。「画像縮小」のキーワードで検索するとたくさん出てきます。

まず仙湖植物園です。画像をクリックすると1280ピクセルの画像が出ます。
これから少しずつ紹介します。



仙湖植物園



仙湖植物園弘法寺



仙湖植物園



仙湖植物園 化石森林




東門歩行街



芸展中心



(すべてScenewayの撮影・作成です。著作権は放棄していません。)


[PR]
by sceneway | 2007-06-25 19:12 | 壁紙 | 非公開コメント  
2007年 06月 24日
深センめぐり【25】 羅湖区 深セン市動画制作中心

羅湖区 深圳市動画制作中心

113路という、南山区の蛇口から福田区を横断、深南路を通って羅湖区東端の蓮塘という所へ行くバスがあり、蓮塘へ行く時はよく乗ります。途中で漫画を派手に描いたビルと塀が見えるところがあり、いつもなんだろうと思っていたのですが、とうとう気が向いて降りてみました。
b0075737_22123232.jpg

どうやらアニメの制作会社が集まったビルのようです。門の中には入れたのですが、建物の中に入るには普通の工場同様に入門手続きをとらなければならないようでしたので今回は断念。誰か知り合いがいれば中に入って見学したいのですけど。


門には「深圳市動画制作中心」と「深圳怡景国家動漫画游戯産業培訓基地」と書かれています。怡景と言うのは土地の名前のようです。怡景花園というマンションが向かいにありますので。


塀に書かれていたのは世界の有名な漫画です。日本人のは手塚治虫の鉄腕アトム(阿童木)や千と千尋(千与千寻)が描かれて顔写真付きで作者の紹介もされています。手塚治虫は「日本現代漫画の父」、宮崎駿は「日本動画大師」となっています。



b0075737_2236249.jpg

b0075737_22361368.jpg

b0075737_22362295.jpg

b0075737_22363323.jpg

b0075737_22365060.jpg

b0075737_2237072.jpg

b0075737_2237898.jpg

b0075737_22371728.jpg

b0075737_22372787.jpg

b0075737_22373637.jpg

b0075737_22481528.jpg





[PR]
by sceneway | 2007-06-24 22:49 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 06月 23日
中国深セン初内装日記(99) あ、水道管が・・・ (2005.5.7)

【99】  2005年5月7日  あ、水道管が・・・

今日はガスの改管用に穴あけをする。給湯器リモコン配管用の孔もあけるので2カ所。マンションの外にたむろしている孔あけ屋に穴2個50元で交渉したあと、管理所へ行って付き添ってもらうよう依頼。

管理所人の見守る中、穴あけ開始。しばらくして問題、水道管を打ち抜いたようだ。元栓を締めて応急処置。項目経理に電話して修理を頼む。またやっかいになった。あと一つの穴は無事に貫通。

しばらくすると名雕の検査役が5人ほどでやって来た。1人の作業者に対してこの人数の検査役、びっくりする。彼らが帰っていったあと、作業者にできあがりを聞く。あと4日ほどかかるとのこと。それから考えると5月15日の完成は難しいようだ。
するとまた1人、名雕の装飾顧問だというのがやってきた。なんか働かない人間が多いような・・・
外へ出ると既に帰ったはずの検査役がベンチでだべっている。

456路のミニバスで宝安北路の「内装材料街」へ。内装用品を見るためだが、おなかも減ったので「一番ラーメン」でラーメンと餃子を。
そのあと、バスに乗らずに羅湖駅方面に歩いてみる。まずは地王ビルへ向けて歩きだす。なかなか面白い店屋がない。どんどん歩くとサウナの看板。久しぶりにサウナへ。2時間マッサージをして外へ、また歩き始める。地王に着く。意外に近かった。ついでに羅湖のイミグレーションまで歩いた。

16,800歩


孔あけ 1カ所30元










[PR]
by sceneway | 2007-06-23 22:45 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 06月 22日
中国深セン初内装日記(98) 装飾設計公司の検査員 (2005.5.5)

【98】  2005年5月5日  装飾設計公司の検査員

内装材料センター、世紀中心でダイニングの備え付け食器棚用にノブを5個買う。そこへ照明屋から電話が入る。まもなく向かうとのこと。続いて楽安居からも浴室用小物の配達の件で電話が入る。タクシーで香蜜山へ。



香蜜山に着いてしばらくすると楽安居の小姐が浴室小物を持ってやって来た。一つ一つ念入りに確認しながらやってくれる。
随分待たされてやっと来た照明屋、彼は中を確認させようとしない。すぐ帰りたがっている。こちらで確認している間に、ガス会社の人がやってきた。連休前に頼んでおいた改管の件。そちらにかかっている間に照明屋は帰った。・・またおかしかったら後で文句を言いに行けばよいか...

ガス屋はガス管の変更は可能とのこと。ただ当初思っていた位置は元栓を扱いにくいだろうから、左の方に移動させたらどうか、と言う彼の提案に同意する。彼は「穴を開けたら連絡してほしい、そのあとで改管をする」と言い残して帰って行った。

ついでに穴あけ許可を取るため管理所へ。彼らは部屋を見に来た。以前、穴あけをするときに許可書を書いてもらったので今回も必要かと思っていたが、必要はないとのこと。ただ穴を開けるときに管理所が立ち会うと言うことらしい。
(マンションの売買契約書では外壁関係はマンション側の所有となっているため、ここに穴を開けるにはマンション側の許可が必要なので申請しなければなりません)

管理所の人と話している内に名雕の偉いさんたちが工事具合のチェックに来た。今日は非常に充実している。
トイレは設置出来るかと聞くと出来るという。しかしタイルの間の処理も出来てないし、掃除もまだなのでしばらく様子を見た方がいいだろうと自分で判断する。あと、システムキッチンもシステムキッチン会社側での準備ができていることを伝えておく。
彼らはほぼできあがっている壁塗りをアルミの長い角材でチェック。でこぼこが多いためやり直しを命じているようだ。その後彼らは姿が見えなくなったので帰ることにした。

b0075737_17371055.jpg喫茶店でサンドイッチを。その後、325路のバスで帰途。
香港に向かう皇崗のイエローバスは蚊がめちゃくちゃ多かった。蚊の巣の中に入ったような感じ。あちこちから手のひらでたたく音。しばらくは羅湖からの方がいいかもしれない。

11,900歩



[PR]
by sceneway | 2007-06-22 17:37 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 06月 21日
深セン マンション建設今昔(4) 塩田区 沙頭角

深圳マンション建設今昔(4) 塩田区 沙頭角

香港との境界で一番東にあるイミグレ、梧桐山の街、沙頭角。
ここもマンション探しのときに知った街。2004年当時から比べるとここも都市化が進んできれいになりました。


2004年8月 梧桐山森林公園入口付近



2004年8月



2007年6月同じ場所
緑も増えて景色が大きく変わりました。新しいマンションも建設中



2007年6月
上のマンションの反対側から梧桐山をバックに・・






山の向こうは羅湖。梧桐山トンネル(2300m)を出たすぐの沙頭角






[PR]
by sceneway | 2007-06-21 21:20 | 深セン | 非公開コメント