ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2007年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2007年 04月 30日
深センめぐり【22】 南山区 南頭古城博物館

南山区 南頭古城博物館

2002年11月にオープンした博物館。

深圳博物館によれば、南頭(南头)は西暦331年、深圳の前身である宝安県が誕生してその政治、経済、文化の中心地となったところです。
618年からは東莞県になり、1573年に再び東莞から分かれ新安県として成立、現在の深圳、香港を含んでいました。このときの中心も南頭です。これがアヘン戦争によって新安県が分断されるまで続いた模様です。
(羅湖の北側に宝安北路という道があります。宝安区からはかなりはずれているので変だなあと思っていたのですが、宝安北路の名前はこの歴史と関係があるのでしょうか・・・)

したがって南頭地区は歴史的に有意義な場所であるのでしょう。
ただ、見学客は少ないようで私が行った時、券売り場の小姐は居眠り中、館内は電灯が消えていて、私が訪れたことで電灯がつきました。そして案内の小姐がやってきました。
門票20元。

展示は古代の考古学遺跡の発掘資料とアヘン戦争、抗日戦争。


博物館の近くにあったお廟
b0075737_23522620.jpg

b0075737_23523840.jpg

南頭古城博物館
b0075737_23524915.jpg

b0075737_23525878.jpg

b0075737_23533193.jpg

b0075737_23534751.jpg

b0075737_2354338.jpg

b0075737_23543513.jpg

アヘン戦争
b0075737_23545292.jpg

b0075737_2355336.jpg

抗日戦争
b0075737_0184583.jpg





[PR]
by sceneway | 2007-04-30 23:55 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 04月 29日
深センめぐり【21】 羅湖区 仙湖植物園 (5) 化石森林・エピローグ

羅湖区 仙湖植物園 (5) 化石森林・エピローグ


化石森林






遼寧、新彊、内蒙古、インドネシアなどから持ってきた化石植物を展示しています。



b0075737_22505464.jpg

b0075737_2251479.jpg

b0075737_22512858.jpg

b0075737_22513940.jpg

b0075737_22515144.jpg

b0075737_2252515.jpg

b0075737_22522136.jpg

b0075737_22524038.jpg

b0075737_22525214.jpg

b0075737_2253412.jpg

b0075737_22531634.jpg

テレビ塔
b0075737_22532681.jpg

こんな近くに深圳の街並みが見えます
b0075737_22533790.jpg

b0075737_22535618.jpg




b0075737_23123323.jpg 今回はこれにて時間切れ。まだたくさんの所を見ていませんので再び来ることになるでしょう。

 遊覧バスで出口に近いところで降り、バスを乗り換えて出口までと思っていると、白タクが声をかけてきました。話をしていると出口までは30分程度歩けば着くとのことで歩くことにしました。

b0075737_2313564.jpg バスを使いながら歩いても帰ってみたら1万8000歩、歩いていました。


羅湖・仙湖植物園 終わり




[PR]
by sceneway | 2007-04-29 23:25 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 04月 28日
中国深セン初内装日記(83) ベランダのフローリングの勇み足 (2005.4.19)

【83】  2005年4月19日  ベランダのフローリングの勇み足

 深圳へ。反日運動のせいか、イミグレで日本人を見ることがなくなった。

 世紀中心へ行って香港のコンセントがないことを告げる。スイッチの追加注文をするが現品がないので後日受け取り。あと照明を見て回るがこれというものがない。向かいにあるホームセンターにも行ってみる。

b0075737_21241771.jpg 香蜜山へ。ベランダの木地板(フローリング)が安装されている。??? どうして・・
こちらから工事の依頼をまだ出してないし、何よりもまだ木地板の工事ができる段階ではない、早すぎる。

 どうやらあの木材を売っている仮店舗の兄ちゃんが勝手にやったようだ。彼がプロでなくて休みを利用して西安からやってきたただのアルバイトなのにどうして・・
 仕上がりを見ると板の隙間が広くバラバラでかなりひどい。下の汚いコンクリート面がもろに見えている。気分が悪くなる。

 あとでけりをつけることにして、まず一つ一つ灯管の寸法を確認する。そしてローズウッド調色の確認。その後、あの兄ちゃんとベランダの木地板のチェック。
 何度見ても気に入らない。しかも処理方法が約束されたものと違う。やり直しを言い渡すと、自分でも悪いのがわかっているのか、値段を安くするので、と言うがそういう問題ではない。

 帰ろうとしたところへ、項目経理とその上司がやって来た。かなり工事が遅れているので、竣工期限に遅れたら香港のアパートの賃貸を延長する必要があるのでアパート代を持ってくれないか、と打診してみる。プレッシャーになればいいけど、契約書に書いてないからなあ。

 同行のもう1人の工程部だと名乗る男性がローズウッド調の赤茶色の色彩を気に入っている。こちらは最終的にどうなるか冷や冷やしてる。

 みんなと別れて時計を見ると7時になっている。456路のミニバスに乗って宝安北路のホームセンター街へ行って照明を再び観察。ついでに百安居へ行ってコンセントの値段を調べる。どうやら世紀中心で10%程度安く買えたようだ。照明も見るが百安居はやっぱり高い。
 近くの快餐店(ファーストフード店)でご飯を食べて帰る。

16,800歩

 内装工事も大詰め、いろいろうっとうしい問題も出てきました。ベランダの木地板はどうやら面積が小さいので人がなかなか来てくれないようでした。で、素人の兄ちゃんが初めて日曜大工をしたわけです。でもそれは仮店舗側の都合でそれをこちらに言われてもねえ。少々のことなら目をつぶるのですがあまりにひどかったので。
お金はまだ手付け金だけしか払っていないのでこちらは強いです。このときに全額前払いはすべきではないとしみじみ思いました。
郷にいれば郷に従え、こちらの風習に則って全額前払いなどしないこと。意味をよくかみしめるように・・・

b0075737_21412054.jpg塗られた赤色。この写真ではわかりにくいですがけっこういい色でした。これより更に色が塗られますので最終的にはもう少し濃くなります。
この色は2年になる2007年の今見てもあきが来ません。成功でした。




[PR]
by sceneway | 2007-04-28 21:49 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 04月 27日
中国深セン初内装日記(82) またもやスリに・・・ (2005.4.17)

【82】  2005年4月17日  またもやスリに・・・

 まず内装材料センター「世紀中心」の2階へ昨日注文したコンセントを取りに出かける。まだ用意ができていなかったので天井埋め込み用の筒灯(ダウンライト)を見る。高さ10cmのものをキッチン用に4個買う。あと、灯管(スリムランプ)の各長さを測りながら組み合わせを考え直して注文しておいて、1階へキッチンシンク用の蛇口を買いに行く。前に当たりをつけているので簡単に見つかった。

 2階に戻るとコンセントは明日になると言う。でもしばらくしてコンセントなど抱えてやってきた。揃ったようだ。灯管も揃ってくるとけっこう重い。
 彼女たちの昼飯が来た。一緒に食べようと誘われる。好奇心で僕もお相伴にあずかる。久しぶりに工場で食べる昼飯の気分を味わった。まずくはない、けっこう食べられる。
(写真はダウンライト。電球無しでだいたい15元程度、200円)


 3時前、湯船を検討するために元設計士がやってきた。世紀中心には湯船のいいのがないので、コンセントや灯管はあとで取りに来ることにして店に預かっておいてもらい楽安居に行く。

 按摩湯船の有名どころでは「美標」、「科勒」、「TOTO」ということだ。ただし全部高い。1万以上必要。美標ではサンプルが置いてない・・さらに資料もない、売る気があるのだろうか。ここは検討しようがない。
 ほかにもいろいろ見て回る内、項目経理から電話。家具の色目をチェックしてほしいとのこと。あと2時間ほどかかると言っておく。

 6時前に元設計士と別れて香蜜山へ行く。
香蜜山では油漆担当の工人が待っていた。穏やかな物腰で雰囲気は悪くなかった。色はこちらが承認した色よりも明るくしたという。もし承認の色にするには重ね塗りをすればいいという。かなりな赤の強い色だ。ま、やってみるか。

 項目経理に電話してくれたがなかなか来ないので彼に手伝ってもらい一緒に世紀中心へコンセントなど品物を受け取りに行く。彼はよく手伝ってくれた。帰ってきて20元の紅包を進呈。
411路のミニバスに乗って羅湖へ行く。

 やられた。イミグレを通ったあと香港人に注意された。スリに鞄を切られていた。あのネクタイをした紳士風の男だ。少しおかしい雰囲気だったのでよく覚えている。ごそごそしてる感じがあったのでGパンのポケットを探ったが異常はなかったのでよかったと思っていたら鞄をやられてたのだ。
 411路は繁華街の華強北を通るためだろうか...比較的混んできてたので隣に座られてもそんなに違和感はなかった。一応最悪自体を避ける用心はしてあるのでほかに被害はないが鞄がぱあになった。わかっていただけに思い出しても腹が立つ。今後注意が必要。

11,000歩

やられました。まあ、貴重品は奥の奥なので普通には盗られないようにはしているので被害はなかったのですが・・・切られた鞄は使えないので。ほんとに、盗る方も実がなくて恨まれるだけなのにどうしてなんでしょうね。大儲けさせる人がいると言うことでしょうか。


あんま湯船など、こういう製品は種類も量も非常に豊富です。家庭サウナとか、ジェットシャワーとかも手頃な値段でたくさんあるので迷います。でも、品質とかの面を考えるとやっぱり限られるのでしょうね。







[PR]
by sceneway | 2007-04-27 23:28 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 04月 26日
深センめぐり【21】 羅湖区 仙湖植物園 (4) 深圳古生物博物館

羅湖区 仙湖植物園 (4) 深圳古生物博物館


深圳古生物博物館






b0075737_19221090.jpg中国初の古生物博物館。
ここは入場券が必要です。20元。
門の前の白い鉄骨は恐竜の骨格をイメージしてるようですね・・

私は地球の生い立ちとか生命の起源みたいなのにすごく興味があり、今回自分で一番の目的とした博物館です。
この博物館は子供にわかりやすく作られているような感じ。けっこう中国(深圳)の博物館って展示がわかりやすいですね。




四川省は恐竜が豊富だとか。
四川省で発見された世界一首の長い恐竜の化石
b0075737_192348.jpg

b0075737_19232442.jpg

b0075737_19234118.jpg

窓の外にも恐竜のディスプレー
b0075737_19241415.jpg

b0075737_19242754.jpg

b0075737_1924487.jpg

b0075737_1925535.jpg

b0075737_19251771.jpg

b0075737_19253273.jpg

博物館の横に香港回帰記念林が
b0075737_19255056.jpg

b0075737_1926731.jpg



b0075737_19261995.jpgこの博物館の前が化石を集めて作った化石森林になっています。

「仙湖植物園 5」 へつづく (日曜日)





[PR]
by sceneway | 2007-04-26 20:13 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 04月 25日
香港初在住日記(83) 香港で - アパート問題 (1997.4.1)

  【83】  1997年4月1日(火)  香港で - アパート問題  

 今日は住居のことをはっきりさせるため香港に出勤すると連絡してあるので九龍湾の事務所へ。
アパートの契約が4月15日に切れるのでいい加減はっきりしておかなければならない。まず出張旅費などの精算をすませる。

 午後に話をする。一応自己負担で今の家をキープすることで話が付く。4月15日の契約切れのあと再契約となるが新しい家賃は14500と伝えてきた。
14000に値切って欲しいという。いくらになるかはわからない。基本的に継続の場合、家賃を30%以上値上げをできないと言うことだ。

 退社後水道代の小切手の郵送とガス代を支払う。

香港のアパートは一般に2年契約でこの間、家主は家賃を値上げすることはできません。契約によりますが住む方は1年間住む責任があり、1年以後は数ヶ月前に連絡すれば出ることができます。契約時には家賃2ヶ月分のデポジットを払いますが、普通部屋を引き払う時に全額返ってきます。

私は前年の10月に入居したばかりですが、前に住んでいた人から引き継いだので今回借り人名義も変更しますので家主が値上げを言ってきたものです。


ある契約書

b0075737_23495446.jpg






[PR]
by sceneway | 2007-04-25 23:52 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 04月 24日
香港初在住日記(82) 復活祭最後の休日 (1997.3.31)

  【82】  1997年3月31日(月)  復活祭最後の休日  

イースター最後の休日。のんびりする。
ビデオをまとめたり音楽を聞いたりテレビを見たり。明日は中国工場ではなく香港に出勤予定なので少し余裕がある。前回、中国へ行く前に台所の生ゴミの処理を忘れていてこばえが発生していたので台所の掃除をする。

あと1-2日休みがあれば・・・
今後どうなっていくのだろう。会社の方針がはっきりしない、はっきりできないのだろうな。
中国で家を借りて住むことになるのか、どうなるのか見通しが立たない。僕としては7月の香港返還の時には香港にいたいし。

会社の業績が良くなさそうなので、はっきりできない事情がありました。

生ゴミの処理を忘れたことに中国から帰ってくるまで気がつきませんでしたが、けっこうすごいことになるものだと実感。と言ってもこばえが群がっていただけですが。帰って台所に入ってすぐに処理をしたのですが、精神的に気持ち悪いので掃除を念入りにしました。


3日前にスーパーへ買い物に行ったらそろそろ旬のドリアンが・・・
人だかりがしていていてぽんぽん売れてました。
今まではちょっと高かったのですが初めて5元台になったので、香りに誘われ私も思わず買ってしまいました。

値段は500グラムあたりです。中身の重さではなく表皮に入った状態で測ります。1つを買うと30元ちょっとでしょうか。さすがにひとりで1つは多いので半分ぐらいを買いました。
おいしかった。


b0075737_22213325.jpg



[PR]
by sceneway | 2007-04-24 22:33 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 04月 23日
深センめぐり【21】 羅湖区 仙湖植物園 (3) 砂漠植物区

羅湖区 仙湖植物園 (3) 砂漠植物区


砂漠植物区






仙湖を出て砂漠植物区へ。アメリカ州、アジア州、アフリカ州に分かれて温室がありました。


アメリカ州
b0075737_2274797.jpg

b0075737_228579.jpg

b0075737_2282410.jpg

b0075737_2285657.jpg

アジア州
b0075737_2291782.jpg

b0075737_2293385.jpg

アフリカ州
b0075737_2295896.jpg

b0075737_22101956.jpg

b0075737_22103640.jpg

b0075737_221141.jpg



b0075737_2211281.jpg砂漠植物区の坂を歩いて登り詰めると化石植物区、古生物博物館がありました。


 「仙湖植物園 4」 へつづく (木曜日)



[PR]
by sceneway | 2007-04-23 22:22 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 04月 22日
深センめぐり【21】 羅湖区 仙湖植物園 (2) 仙湖

羅湖区 仙湖植物園 (2) 仙湖


仙湖





さて小姐に5元を払い遊覧バスに乗り込みました。しばらく走ると一つめの観光スポットに到着。降りようか、それともまずとにかく1周してみようか、一瞬迷いましたが、小姐の「降りないのか?」の声に誘われるように降りていました。続きは別のバスに乗れとのこと。

観光スポットで降りては観光しながら進むもののようです。昔、杭州西湖を旅行した時に観光遊覧船(ボートみたいな小さな舟)が同じシステムでしたのですぐに勘がつきました。乗車券をなくさないようにしないと。

まず着いたところは「仙湖」、湖です。



遊覧バス。このバスは入り口(大门口)までは行きません。弘法寺が起点終点になってます。
あとは園バスに乗るか、入り口に近いところで降りて30分程度歩くか・・





b0075737_21242715.jpg

b0075737_2125065.jpg

網で金魚を捕ってます。金魚がたくさんいました
b0075737_21252891.jpg

b0075737_2126355.jpg

ゆっくりお茶を飲みながら
b0075737_2127149.jpg

ここには雀が・・・
b0075737_21272861.jpg

鄧小平のお手植えだとか・・・
b0075737_21275411.jpg

お坊さんも休憩
b0075737_21284816.jpg

b0075737_21292377.jpg



b0075737_21303510.jpg



b0075737_21305943.jpg湖を見終えて指定場所で次のバスを待ちます。バスを待っている間に、何人かの観光客が車でやってきました。車があれば楽ですね。

バスに乗り込むとすぐに盆景園(盆栽園)、ここはパスしました。時間的にほかを見たいので。ただ盆景園、待っていたところからすぐでした。これなら歩いて行ったのに・・・道しるべにキロ程を書いて欲しいのです・・

次は砂漠植物区へ・・


 「仙湖植物園 3」 へつづく (明日)




[PR]
by sceneway | 2007-04-22 21:42 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2007年 04月 22日
ある友人の思い出




旧友H.T.の思い出のために・・
2007.4.21

From Sceneway


[PR]
by sceneway | 2007-04-22 12:46 | その他 | 非公開コメント