ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2007年 01月 31日
香港初在住日記(61) 鄧小平死去のニュース (1997.2.19)

  【61】  1997年2月19日(木)  鄧小平死去のニュース  

 今週から始まった有線の日本のドラマは2つともなかなか面白い。1つは医学生もの、1つはつんぼの男性の恋愛もの。
香港に来て日本語のドラマといえば、こちらが選ぶ余地はなく、あるものを見るしかないが、そうしていくうちにいろいろ感じることになった。
 まず感受性が強くなった。時々白々しい部分もあるが、けっこう共感できること。涙もろくなっていること。日本にいる頃、東南アジアの歴史や過去の出来事の本などを読んでいるうちに人間性も養われてきたのかも知れない。でも性格は思うようにならない。感情が激しやすい。

 鄧小平死去のニュースをテレビでやっている。どうやらたった今死去したようだ。現在2月20日午前3時。これからも中国の政策にそんなに大きな変化はないと思うが香港返還を見ることなく死去したことに本人は無念なんだろうか。1904-1997とあるのは生涯。とすると93歳の大往生となる。
 これで7月1日の香港返還の日に何か変化があるだろうか。あるような気がしないが次の実力者は...?
 有線テレビのニュースチャンネルも一般のテレビもほとんど鄧小平死去のニュースを伝えている。明日騒がしいかも知れない。




鄧小平氏が1997年2月19日午後9時8分に死去しました。香港返還を実際に見てみようと1996年に香港に来て、もう一つの歴史的な出来事を香港で迎えました。

鄧小平は四川省出身の客家。当時は広東省のボス、台湾のボスも客家。
香港に出てくるに当たって鄧小平の新書本を読んでましたのであらましは頭の中にありました。数度にわたって職を追われ、逃亡生活では客家の村落にかくまわれたこと、深圳に来て「ここに香港を作れ」と言って深圳が経済特区になって発展のきっかけとなったこと。

当時、深圳は客家人がほとんどだと言うことですが、これにも関係があるのでしょうか。でも発展している香港の隣ですので不自然さはありませんが。
1979年の深圳の人口は31.4万人、ほとんどが客家。2005年6月の深圳は1200万人とも言われています。ただし深圳に戸籍を持つ人は170万人。
 → 深圳市の概要 

鄧小平死去を報じる20日付の香港の新聞。当時の新聞を買い置いたものです。
クリックしてください。大きくなります。




[PR]
by sceneway | 2007-01-31 22:24 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 01月 30日
香港初在住日記(60) マンションのお隣さん-キャセイのスッチー (1997.2.18)

 【60】 1997年2月18日(火) マンションのお隣さん-キャセイのスッチー 

マンションに帰るとお隣さんと門で会う。お互いに笑みを交わす。きれいな人だった。
以前キャセイ航空のスチュワーデスの制服姿を見たがその人だろうか。いろいろな人が出入りしているように見える。何人かで部屋を借りているのかも知れない。それとも寮?

会社のMs.Chに結婚祝いのお金を渡す。日本で買った祝儀袋に300香港ドルを入れて渡した。彼女は嬉しそうだった。
彼女は僕に中国語で、「結婚式の時、あなたは忙しくて来られなかったのでしょう?」と言うようなことを言った。中国風としては会社を休んでも結婚式に出席するもののようなのか・・・


空港が現在の場所に移動するまでは私の住んでいるマンション(Sceneway Garden)にキャセイ航空のスチュワーデスが多く住んでいると聞いていたのですが本当のようでした。
彼女がドアを開けたとき、きれいな内装の部屋が見えました。このときに初めて、同じマンション内の内装の違いを実感したのです。おそらくあれは個人で買ったものではないかと・・
レンタルにするつもりならあんなにお金はかけないだろうと。
家族が香港へ遊びに来たとき、行きのキャセイ航空機内で香港の入国カードの書き方をスチュワーデスに聞いていたら彼女も以前はSceneway Gardenに住んでいたと言い懐かしがって代書してくれたそうです。

結婚祝いは私が中国にいる時に結婚をした彼女です。香港人は中国工場から香港に帰り披露宴に参加したのですが、日本人は工場にとどまっていましたので香港に帰ってから彼女に祝儀を渡しました。当時、普通は披露宴では600香港ドルが相場でしたので、不参加のため半額にしたのですが、今から考えるとケチみたいな感じがしますね。

以後、日本人は高い給料をもらっているという感覚があるので、近くの日本人たちの話も聞いて1000香港ドルで統一しました。
(写真は子供のできたMs.Ch)

ちなみに不幸の時は601香港ドルとなぜか1ドルがつきます。両方とも今まで「お返し」というものをもらったことがありませんのでそういう習慣はないのでしょう。

そしてこの翌日、北京で突然の歴史的な出来事がおこりました。


[PR]
by sceneway | 2007-01-30 21:18 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 01月 29日
【旅行】 杭州・蘇州の旅(1) - 杭州

【旅行】 杭州・蘇州の旅(1) - 杭州


きのう恵州西湖を書いているときに思い出しました。

2000年の夏、会社で10日間の休暇をとって上海近くの蘇州・杭州へひとり旅に出ました。1996年、香港に出てきてから初めての中国旅行。
杭州と蘇州へ行くと決めて香港から行きと帰りのチケットをとっただけで細かい日程は決めずに出かけました。

ひとり旅のぶらぶら旅行といっても、杭州には杭州人の友人が彼女とふたりで旅館の手配をしてくれたり、鍾乳洞を案内したりしてくれました。
蘇州ではネットで知り合ったばかりの日本人がこれまた世話を焼いてくれたこともあってひとり旅という印象の少ない旅行になりました。

それでも日程の半分以上はひとり旅だったわけでいろいろ経験もありました。このころはまだ言葉も困難が多かったので・・・

杭州・西湖は30元程度で観光舟。小さな小舟で西湖内のいくつかの小さな島を巡ります。
島巡り後、船着き場の前には「車で10元の観光案内」と言う紙を見せる客引きのような人たち。

車で10元は安すぎるので何があるのか、私の中国語の解釈も難があるので少し不安に思いながらも好奇心が勝ってしまいました。
車に乗り込み、まず「龍井問茶」へ。龍井茶は緑茶で日本の玉露に似た味。お茶は好きなので買いました。すごくいい香り。
運転手は私からお金を受け取り買ってきてくれます。
ほかには中国の名産品店とか真珠店とかをまわりましたが、私にはこれらは全く興味なし。買わずに過ごします。

運転手はだんだんいらいらしてきました。結局買ったのはお茶だけ。運転手はもう怒髪天の気持ちを抑えているのか・・・
適当なところで降ろされ、追加の金を要求されました。すったもんだで5元だけ払いましたが、運転手は収まりきれない様子で戻っていきました。

そういうことだったんです。いろいろな場所へ連れて行って買った分のマージンを店から回収することで儲けるのでした。私が買わないので利益が出なかったのでしょう。
龍井茶の時はバックマージンのことを思ったので即座に頭の中で計算、10%程度のマージンを取ったと感じましたがあくどいことはないですね。

ただこれはみんな承知で行くのでしょうか。だとすれば私は申し訳ないことをしたと言うことになりますが・・・
この辺が言葉の不自由な時の功罪でしょうか。



西湖
b0075737_23384046.jpg

b0075737_23385813.jpg

b0075737_23392877.jpg

b0075737_23395015.jpg

西湖湖畔 ここから10元観光車が出発
b0075737_2340492.jpg

龍井茶の入り口。
この奥にミニ滝やらのこしらえがあって立派な龍井茶会館みたいなものがありました
b0075737_23402155.jpg


日が変わって杭州人の友人が連れて行ってくれた鍾乳洞の近く
b0075737_23403258.jpg

鍾乳洞の中庭みたいな・・
b0075737_23404215.jpg


さらに友人の友人が龍井茶をやっているとのことで家に連れて行ってもらいました
b0075737_2341685.jpg

b0075737_23411587.jpg

b0075737_23413168.jpg

龍井にある龍井茶の会館です
b0075737_23414155.jpg


六和塔
b0075737_2342469.jpg

霊隠寺
b0075737_23421462.jpg

霊隠寺
b0075737_23422924.jpg

b0075737_1145793.jpg


[PR]
by sceneway | 2007-01-29 23:54 | 旅行 | 非公開コメント  
2007年 01月 28日
【散歩】 恵州

【散歩】 恵州

ぶらっと深圳のお隣の市、恵州に行ってみました。予備知識全くなしの状態で高速バスに乗って出かけました。お隣といっても地図を見ると80kmぐらいありそうです。高速バス約1時間半、45元。

恵州の長距離バス駅を降りるとトウモロコシ売り、買い食い。2元。
適当なバスに乗って市内見学と思ったらそんなに走ることもなく終点。まあ2元なのですが・・
運転手に「どこまで行く?」と聞かれ
 「僕もわからない。初めて来たので市内を見学しようと・・・」
 「これから折り返すからもう一度お金を払いなさい」
 「ここで降ります」

ここに恵州西湖と言うのがありました。西湖の本家は上海近くの杭州です。
バスはここで停まりましたので恵州西湖を散歩。

さすがにここでは広東語主体。恵州西湖は観光地のようで普通話(標準語)も・・
広東語のことをふつう広東語とは言わず「白話」と呼びます。

塔の入場料5元。10元札を出すと
 「チーガヤン?」
窓口のおばさん、普通話と白話がチャンポンになってます。
 「チーガレン?」(何人?)【普】
 「ヤッコ」(一人)【白】
おつり5元をもらって塔へ。

思い切り歩いて22,000歩

ちょっと気になって「白話」の意味を調べてみると口語のことを言うとありました。広東語の意味でなく単純に方言と言うことなのでしょうか。ご存じの方、コメントを・・・(2007.1.30)



恵州西湖
b0075737_23515598.jpg

b0075737_2352103.jpg

b0075737_23522371.jpg

b0075737_23523892.jpg

b0075737_23524970.jpg


b0075737_23532236.jpg

b0075737_23533425.jpg

b0075737_23534316.jpg

b0075737_23535664.jpg

b0075737_2354824.jpg

b0075737_23541679.jpg

b0075737_23542788.jpg

b0075737_23543817.jpg

b0075737_23544740.jpg

怪しげな・・・・
b0075737_2355023.jpg

b0075737_23551350.jpg

電線を物干し竿に使ってます
b0075737_23552340.jpg




[PR]
by sceneway | 2007-01-28 23:57 | 散歩 | 非公開コメント  
2007年 01月 27日
中国深セン初内装日記(59) 一苦労の破損タイル交換 (2005.3.16)

【59】  2005年3月16日  一苦労の破損タイル交換

 深圳へ。427路のミニバスで楽安居へ。角がほんの少し欠けている破損タイル交換の交渉。

 あの小姐は買うときは雰囲気がよかったのに、交換となると豹変、状態を確認する気もなくダメを繰り返す。腹が立ってくる。もっと言い方があるだろうに。
 こちらも引かず、すったもんだ。そのうち彼女が激しい口調でボスに電話する。彼女が今回のオーダー総金額を言っている。ボスが彼女に金額を尋ねたのだろう。どうやら金額が大きいのでOKとなった模様。彼女は何か取り繕う口調となる。言い訳のように聞こえる。ボスはどう言っているのだろう、興味がわく。明日交換ということになった。

b0075737_2332550.jpg 百安居へドアノブを買いに行く。いつものように長い時間をかけて選択。気に入ったのがあればすぐ買えるがそういうことは少ないので選ぶのに苦労をする。苦労したわりにいい選択ではないのが普通だ。アルミ(中空鋁と表示がある)の金色アルマイトのつや消しのものを選択、鍵のある部屋用(主人部屋、多効能房)2つと鍵のないもの3つ(トイレx 2 、キッチン)、さらにドア止め(门吸)5個を買う。他にもいろいろ見て回るがいいのが見あたらない。今度一度香港のIKEAあたりを見学してみるか...

 香蜜山へ行くと部屋の中が湿気ですごい。取り付けられた鏡やガラスはことごとく水滴が流れている。急に暖かくなったせいだろうか? 外は視界も特に悪いし。これが潮湿なのだろうか。スモッグみたいでいやだなあ。タイルの件を伝え、ドアノブをわたす。

 実物を見ながらそれぞれのタンスや書棚などに使うノブのアイデアを考える。
411番のミニバスで久しぶりに華強北の順電へ。消毒遭の説明を受ける。最近のは2部屋の間を金属板で区切られ上下独自に動作させられるらしい。中のガス抜きのようなものが付いている。カタログをもらう。
 華強北へ来たついでに久しぶりに吉野家で牛丼。歩き回ったあと地下鉄へ、地下鉄で帰る。

香港に帰ってきたらカメラが見あたらない。香蜜山に忘れたのか、盗られたのか、全く不明。今日は最悪の日か...

18,000歩

この日は湿気が多く、視界の悪い日でした。以前、現地の人に聞いたことがあるのですが、見通しの悪いときは潮湿だ、と言っていたのですが、これかも知れません。

別の日本人が余ったタイルを返品するとき、すったもんだしたあげく、割り引かれたとのこと。お金を払ってしまえばお金を取り返すのに苦労します。ここが中国での買い物のコツでしょうね。お金を払う前に十分いろいろなケースを考慮しなければなりません。あとで体力を消耗させないために。
百安居で買った照明具が破損したので持って行くとすぐ交換してくれました。百安居はかなり高い商品価格設定になっていますがその分こういうときに楽ですね。でも高いので買う気は起こりにくいですが...

交換を待っているタイル
b0075737_23343237.jpg


「不銹鋼」はステンレス、「鋁」はアルミニウムのことです。中空鋁はおそらく中の詰まっていないアルミだろうと勘がつきました。ノブは豪華な感じがいいと思うのですがなかなか趣味があいません。比較的安価なシンプルなものに決定。頭の中では、装飾品は派手にならない程度の控えめな金色と考えていますのでつや消し金色アルマイトを選びました。


[PR]
by sceneway | 2007-01-27 23:44 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 01月 26日
中国深セン初内装日記(58) インターホン配線変更 (2005.3.15)

【58】  2005年3月15日  インターホン配線変更

 インターホンの配線変更。状況説明のため、大工さんに一緒に管理所に来てもらうが、管理所は関係ないらしい。担当に電話してもらうとすぐ来るそうだ。

 主衛生室のタイルで花片の角がかけているとのこと。これは一番高価なものだ。タイル屋に行って換えてもらうよう交渉してみよう。公衛の方は床のタイル(地片)を除いておおかたできあがっていた。

 インターホンの変更がすんだが、300元請求されたがだまされたかな。なんか引っかかる。

 項目経理(現場責任者)がやって来て管理所に付き合わされる。内装期限変更の申請。明日までのを5月15日まで延長する。名札も変更、写真は古い名札のをはさみで切り取っていた。数が多いのでけっこうな手間だ。とりあえず終了。6時をすぎた。

 時間が遅いが楽安居へタイル破損の件の話しに行く。買ったときの人とは違うが、僕を覚えてくれてるようで、すぐ了解してくれた。明日、あの小姐に話をしておくとのこと。
 ドアノブを見て回る。異種類が少なくいいのがない。これはやっぱり高いのを我慢して百安居か。
近くの快餐店で酢豚を食べて(10元)26路のバスに乗り皇崗経由で帰る。香港・落馬洲でのバスは今日も来るのが遅い。帰りは羅湖の方がいいかな。

11,100歩

b0075737_14264027.jpg
インターホンの変更
右の丸枠の所がオリジナルの場所。ここから左の丸枠の所へ移動します。配管の準備はできています

b0075737_2203097.jpg


インターホンの変更代300元はその後も頭に残っていて、結論としてはだまされたと思います。写真のように領収書がカーボンコピーでなく手書きになっています。
その後もこの彼に会ったことがありますが、やっぱりおかしい、だまされたと断定です。機会を見て投訴しようと思いながら・・・
気をつけたいところ。
b0075737_21543244.jpg


項目経理は起工早々に管理所にこっぴどく叱られてから管理所をいやに苦手にしているようです。この日も内装工事延長の申請につきあわされてしまいました。
作業員全員の写真を2枚ずつ用意、IDカードを1人あたり2枚作ります。
使い方は1枚をマンションに入るときにゲートのガードマンに預けて、出るときにあと1枚のIDカードを提示して預けたIDカードを返してもらいます。これで管理所がマンション内にいる作業員を把握します。


香港・落馬洲バス停。
皇崗から香港に帰るのが好きなのですが、香港サイドの落馬洲からのバスの本数が少なくちょっといらいらします。20-30分に1本しかないような感じ。本数の少ないものは時刻表がほしいですね。
b0075737_2158203.jpg



[PR]
by sceneway | 2007-01-26 22:04 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2007年 01月 25日
雑感 - 香港人【7】 香港永久性居民申請で

雑感 - 香港人【7】  香港永久性居民申請で


 考えてみれば私の知人には日本人の香港永久性居民が6-7人いるわけですが、その中の一人にフィリピン人と結婚して子供2人ができた人がいます。

 香港では正規に7年以上在住すると永久性居民(永住権も含まれます)の申請をすることができます。子供は4年(うろ覚えです。要確認)だとか。

 彼らが香港永久性居民の申請をするとき彼と奥さんの二人は香港在住7年以上、ひとりの子供は規定以上なのですが、もうひとりの子供はまだ規定に達していません。
 ただ香港の役人の判断が家族3人が永久性になるのであれば1人だけ除外するというようなことはしないのでとにかく申請しなさい、ということだったようで、彼らが申請するとまだ条件に満たない子供も含めて家族全員が永久性居民となったということでした。
   (写真は永久性居民IDカードとIDカード正式発行までの仮証明書)


 以前、イギリス占領時代の香港に中国や他の国からの無籍者が増えたとき、香港政府が戸籍を与えることを条件に申告するようにした、という話を聞いていました。もっともこれは香港というよりイギリスの処置で、いろいろなおもわくがあってのことでしょうがこれはいろいろな国と地続きである国なら日常茶飯事のことかも知れません。今の時代、四方が海でもそんなに孤立しているとは言えなくなってきています、

 法は人民のの幸福というものが原則にあるべきものでしょうし、事情により、原則のために法を曲げて解釈することも必要かも知れません。

 日本で最近不法滞在の話がよくニュースで流れていますが、まだこういう問題になれていないのか見解がまちまちになっているようです。香港政府ならどういう判断をするだろうかと興味のあるところです。

 → 香港永久性居民 



[PR]
by sceneway | 2007-01-25 22:24 | 雑感-香港人 | 非公開コメント  
2007年 01月 24日
香港初在住日記(59) 春節あけの初出勤-紅包 (1997.2.17)

  【59】  1997年2月17日(月)  春節あけの初出勤-紅包  

 今日は新年の初出勤日。
出勤するとMr. KKが愛想を振りまきながらお年玉を配っている。僕は用意がないので少し焦る。マネージャークラスの人が配りながら回り始めた。
 Ms. Rの所へ行く。事情をいうと
「何枚?」
「50枚」
「はい、1000香港ドル」
20香港ドル入りの紅包を50枚、すぐくれた。用意されていたようで手回しがいい。「もっと早く言って」としかられる。

 一応持って回る。香港人Mr. Cは誰かが配り始めると手を挙げて合図をしている。あくまで陽気だ。下の階からもにこにこ愛想を振りまきながらもらいに来る人、配りに来る人がいる。いい雰囲気だ。


香港では春節の新年にお年玉、紅包を配るのが習慣です。初めてのことで気がつかず、出勤して焦りました。Ms. Rは日本語のできる社長秘書、この辺さすがに手回しがいい。

紅包は普通、既婚者が未婚者にあげる、と言うのが基本だとのことですが、会社では上司から部下へと言うのが基本のようです。中身は20香港ドル、300円程度ですが、数があるとけっこうな金額になります。香港人の私の相方は40枚集めたと言ってました。

紅包。売っていますが、銀行などで粗品としてくれます
b0075737_22151961.jpg




[PR]
by sceneway | 2007-01-24 22:39 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 01月 23日
香港初在住日記(58) 2週間ぶりに香港へ (1997.2.13)

  【58】  1997年2月13日(木)  2週間ぶりに香港へ  

今日香港に戻る。
兄が駅まで車で見送ってくれる。JR駅9時24分の快速電車に。朝のラッシュからはずれるので比較的空いている。大阪の天王寺駅で9時52分の関空快速に乗り換え。関空にはかなり早く着いた。10時40分。12時半の便には2時間近くもある。とりあえずチェックイン。今回は荷物を預ける。
時間があるのでショッピング。「梅しば」を3袋買う。ほかには取り立てて何もない。銀行の両替レートを見てみると香港ドルは安いところで18円40となっている。かなり悪そう。

機内は広東語が飛び交っている。やっぱり正月休みで日本へ遊びに来ている家族連れが多そうだ。あんなに早くチェックインしたのに席は悪い。ど真ん中。右を見ると2席のシートが2つとも空いている。あとでねらう、と思いきやシートベルトのサインが消えると同時に香港人にとられてしまった。さすがめざとい。

香港時間15時40分香港に。着陸の様子がスクリーンに映し出される。鋭く旋回したかと思うと滑走路がすぐ目の前になる。見ていると一瞬どきっとなる光景。着陸したとたん香港人から拍手がわき上がる。陽気でいい。でも拍手って初めてだ。

久しぶりのような香港。タクシー乗り場はけっこう人が多い。2階へ行ってズルをする。すぐタクシーがつかまった。

「梅しば」と言うのは梅干しを乾燥させてお菓子にしたような感じのもの。香港の女性には人気がありました。ただ、香港人男性は食べたとたん眉間にしわを寄せながら「クレージー・・・」

日本の空港の両替店はどうしてあんなにレートが悪いのでしょう。このころはまだはっきり知らなかったのですが、香港に着いて両替レートを調べてみると日本の空港の18.4円に比べて16円でした。どうしようもない時だけ、必要最小限の交換にとどめておく方がいいですね。

このころはまだ香港は啓徳空港、離着陸が難しいと言われていた空港です。この様子をスクリーンで初めて見ることができました。前の風景が大きく旋回し、旋回したらすぐ着陸態勢に入って着陸という、飛行機に弱い人なら次から飛行機で香港に来れなくなるような感じでした。スリル満点。
町に非常に近くて空港からはバスよりももっぱらタクシーが一般的でした。で、タクシー乗り場は長蛇の列。
タクシーは空港まで運んできた人を2階で降ろし、この1階のタクシー乗り場にやってきます。なので、2階で客を降ろしたタクシーに乗り込むと手っ取り早いというのでズルをする人が常に数人たむろしています。このときはちょっとまねをしてみました。


1998年に空港が現在の場所に移動しました。これは移動寸前の旧空港です。
1998年7月撮影、フィルム写真から。


到着ロビー。 両側には出迎えの人々


飛行機が旋回しながら滑走路に入ります



b0075737_22325897.jpg



b0075737_22333094.jpg




[PR]
by sceneway | 2007-01-23 22:48 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2007年 01月 22日
深センめぐり【20】 羅湖区 厨安居と道具屋さん

羅湖区 厨安居と道具屋さん

深圳で有名なショッピング街の東門、その東にあるカーテン商店ビルを散策中に見つけた厨房器具専門の厨安居です。

店は4階まで。香港のレストランからの買い付けも多く、店内は広東語であふれ、繁体字の表示が目につきます。香港へのデリバリサービスもあります。
大阪道具屋筋に比べると値段はかなり安いです。

近くには小さな道具屋が軒を連ねますが、少しごちゃごちゃしています。


厨安居
b0075737_16371011.jpg

b0075737_22594842.jpg


深圳買単香港提貨(深圳支払い、香港受け取り)
この香港人向けと思われるコメントだけ簡体字とは・・・
b0075737_16465276.jpg

日本料理用もあります
b0075737_232690.jpg


肉のスライサー
b0075737_16374299.jpg

b0075737_16375197.jpg

b0075737_1638235.jpg

「人気商品」と日本語で書かれたものも・・
b0075737_1271987.jpg

b0075737_16381841.jpg


厨安居付近の通り
b0075737_16383158.jpg

b0075737_16383942.jpg




[PR]
by sceneway | 2007-01-22 22:32 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント