ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2006年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2006年 07月 31日
香港の病院、日本の病院、町医者 (2)

香港の病院、日本の病院、町医者 (2)

 背中のできものが少し大きくなってるような気が....痛みはないけど背中でこぶみたいになったとしたら、なんかかっこわるいし。ちょうど帰省した時に日本で皮膚科の町医者に見てもらいました。

「痛みはありますか?」
「ありませんけど、手術で切ってしまうことはできないのですか?」
「切ることはできるけどなあ......」

と、お医者さんはのり気ではなく、まださし迫っていないこの時は放置して香港に戻りました。

 そして香港に戻り、マンションの引き渡しを2ヶ月後に控えたとある日曜日、マンション探しによって知った沙頭角のイミグレから深圳に入ってサウナに行きました。そのときのマッサージでできものをかなりいじくったのか、その土曜日かなり痛くなってきたため、車を持っている香港人の友人に頼み病院に連れて行ってもらいました。

 この時は、彼の紹介でほとんど香港の北端、粉嶺というところのマンションに住んでましたので上水にある北区病院の救急へ。
 ここは香港IDがあれば一律100香港ドルでOKとのことで、IDカードを持たない人は一律500香港ドルの医療費となります。以前はIDカードを持っていれば無料だったらしいのですが、多数の人が訪れるので100香港ドルを取るようになったとのことです。

 2時間近く待って問診。数年前からできていて痛みはなかったが最近痛くなった事情をたどたどしく話しますと、薬2種類を5日分と痛み止め2日分を出してくれ、薬を飲みきってまだ具合が悪ければまた来るようにとのこと。驚いたことに1年後の予約票をくれました。さすがにこれには香港人である友人も唖然...

 数日後の深夜に痛みが最高潮となり、翌日、日本語ができる助っ人を頼み再び北区病院へ。
 やっぱり2時間近く待ち、結局切ることになって、しばらく後に手術室へ。手術は女医さんでした。始め看護婦さんと間違ってたました。失礼!
 麻酔はしてくれたけど、そんなに効いていると思えず、痛くて痛くて...悪夢のような40分。もう終わりかと思えば、彼女は意外なように、「まだある、まだある」と独り言を言いながら膿をどんどん絞り出していました。「まだある」というのは広東語でしたが北京語からなぜか類推できました。「ハイヤウ、ハイヤウ」。
でも切ってほっとしました。これでこぶから解放される、 はずでした。

 次の日から毎日傷口を洗うことになりますが、これはどこの診療所でもOKとのことで、私のマンションの近くにある診療所をいくつかピックアップしてコピーをくれました。
 この時も手術費、薬代も全て込みで100香港ドル、1500円。


b0075737_20515773.jpg
背中に膿(abscess)と書かれた治療票(Treatment sheet)。これを持って診療所に行って傷口の手当をしてもらう

 その後、1ヶ月あまり診療所へ通いました。毎日17香港ドルの治療費。始めの1週間のガーゼ交換は地獄。おまけにまだ膿が残っていたようで大きな注射器のようなもので吸い出していました。もう来なくて言い、と言われた最後の日はほんとうにほっとしました。

 しかし...彼女は何か傷口に穴があると。もう一度病院で見てもらう方が良いと言っているようでした。はあ....ため息。

 でも春節も近い、日本へ帰った時に日本の病院へ行ってみようと決めました。日本に帰ってから、意外な結末が....

(木曜日に続く)


[PR]
by sceneway | 2006-07-31 21:32 | ハプニング | 非公開コメント  
2006年 07月 31日
来港10周年 - 初めて香港に住んでから10年

来港10周年 - 初めて香港に住んでから10年

今日は1996年7月31日にキャセイCX503便の片道切符で香港にやって来てから10周年の記念日。

2005年6月5日までほぼ9年間を基本的に香港に居住。
ウィークデイは中国、週末の休みに香港に戻るという生活もありながらの9年。

そして2005年6月5日、深圳に引っ越し。すでに深圳生活も1年あまりが過ぎました。

これからいつまで海外生活が続くのか、また永住的になってしまうのかわかりませんが精一杯こちらの生活を楽しみたいですね。

今までやって来られたことに感謝しながら今後の生活も楽しくやっていきたいと思います。

b0075737_6285769.jpg


[PR]
by sceneway | 2006-07-31 06:29 | 生活 | 非公開コメント  
2006年 07月 30日
香港の病院、日本の病院、町医者 (1)

香港の病院、日本の病院、町医者 (1)

 深圳に来てからはまだ病院とは縁がないのですが、9年間住んでいた香港ではたくさんの縁がありました。

 香港の町医者というと、ちょうどアーケード街に店を出すような感覚で小さな町医者がいたるところにあります。マンションであれば貸店舗になっている1階部分にクリーニング店とか小さな雑貨屋とかに挟まれてテナントみたいに開業していますし、チェーン店みたいな町医者もあります。香港に来た時初めてこの町医者を発見した時は驚きというより、「だいじょうぶかな・・・」というのが正直な感想でした。

 診察には身分証を提示する必要がありますが、事情のある人には無理に提示を迫るようなことはありませんでした。おそらく入境管理事務所に連絡することはないのでしょう。このへん、人道的な立場という建前があるように思いました。


風邪で行った時

医者
「どうしたの?」


「ちょっと風邪をひいて・・」

医者
「はい、わかりました。これで薬をもらって...」

以上15秒で終了。触診もないし、これなら薬局でいいのでは...
(写真 : とある診察券。この医者ではありません)




 脇の下に異常を感じて鏡で見ると少し腫れていましたが、さわらず清潔にしておけば治るだろうと思ってたら、だんだんひどくなってきてとうとう町医者に行きました。
 ここは香港人の友人に紹介してもらった医者で九龍湾の商業ビルの中の一角にありました。普通よりも大きいスペースの所。ここでは傷口を絞って少し膿を出してくれて塗り薬と飲み薬をくれました。1週間後また来なさい、状況次第では切らないとだめですよ、とのこと。

 帰りに町の薬局でガーゼと絆創膏を買い、1週間塗り薬と飲み薬を服用、1週間目に再びこの医者を訪れた時はかなり良くなっていまして、これは私よりも医者が喜んでいました。『この治療がこれだけ効果があるとは..』みたいな感じでした。
 結局1ヶ月足らずでようやく完治したのですが、実は背中にもう1つ同じようなものがありました。こちらの方は全く痛みもなく医者も痛くなければそっとしておきなさい、とのこと。これが今回の物語の主人公になろうとは全く思わずに...

(明日に続きます・・)


[PR]
by sceneway | 2006-07-30 21:40 | ハプニング | 非公開コメント  
2006年 07月 29日
中国深セン初内装日記(7) 友人とマンション見学 (2004-8-14)

【7】  2004年8月14日 中国人の友人とマンション見学

マンションの建設ラッシュはまだまだおさまりそうにありません。私の近くでも同じ。近くにできた新しいマンションで冷やかしにモデルルームでも見ようと思っていくと既に売り切れだと...モデルルームができてまだ数ヶ月だというのに...

中国人にとってはマンションを買うことは大きな関心事でしょう。
私の友人に南山で最近新築を買い(青田買い)、既に内装を終え住んでいる中国人がいました。彼が興味を持って見に来ました。



 中国人の友人と会う。彼は私の買ったマンションを見たがっていて、一緒にタクシーで見学に。彼は部屋が北环大道の近くなのでよくないと言う。部屋を変えることができるかどうか聞いてみた。120㎡の部屋はすでに売り切れ。
どれだけ売れたのか聞いてみると、営業ウーマンはすでに95%程度売れたと胸を張る。びっくり。5月から売り出されたので、3ヶ月半でほぼ売り切れ状態。昨日ネットで調べていたら、近くのマンションは1-2年たっていてもなお売れ残りがあるのを考えるとすごい。
彼は装修でもいろいろ教えてくれた。結構めんどくさいようだ。
新しく向かいに造り始めているマンション、香域中央花園の値段を彼はすでに聞いていた。9,000元/㎡らしい。高すぎてほんとにびっくりする。この近くでできているのも8,000前後。
ほんとにこのあたりはいい。買い物が不便なのがちょっと難点だけど。
14,300歩。

だんだんできてきた香蜜山
b0075737_21202736.jpg


近くの高校
b0075737_21205648.jpg



[PR]
by sceneway | 2006-07-29 21:23 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2006年 07月 28日
中国深セン初内装日記(6) ローンの銀行口座開設 (2004-8-3)

【6】  2004年8月3日 ローンの銀行口座を開設

マンション購入資金の1/4程度を5年の銀行ローンにすることにしまして、香港系の永亨銀行深圳支店へ。これはあの深圳でNO.1ののっぽビル、地王ビルにあります。

b0075737_23145256.jpgやっぱり困難な専門用語のオンパレードで、全てを把握することは無理と判断してポイントだけ把握しようと。手数料や付属する費用など、全部含めて約10%程度のアップになることが確認できた時点で借りることにしました。ここでもやっぱり、弁護士費用があり、借りる金額にしてはけっこう馬鹿にならない金額。高すぎる、と詰め寄ったらあっさりと半額ぐらいになりました。??ですね。(写真:ローン契約、表紙。全15枚)

必要書類がかなりあったのですが、個人のプライベート書類の半分近くを提出拒否したにもかかわらず、借りる金額が少ないことからローンOKとなりました。銀行側も担保としてマンションがあるわけですから、そんなに深刻に考えるわけはありません。

ローンは返済するために銀行口座を作る必要があります。当時は香港に住んでいましたし、香港ドルで借りていますから香港の銀行で口座を作っても良いとのことでしたが内装ができれば深圳に引っ越すことになるので深圳の支店に口座を作ることに。身分証はすべて香港IDカードで。


 昨日電話があり、深圳の永亨銀行へMs. Mを訪ねる。深圳に口座を作ることにしてMs.Mが段取りしてくれた。僕はサインのしまくり。
 Ms.Mは香密山のマンションを見てきたらしい。しきりにいい場所だとうなっていた。たぶんお世辞は入っていないと思う。
30分ちょっとで手続きを終える。

b0075737_23153365.jpg 永亨銀行と同じ階にある食堂街でラーメンを食べる。ICカードになった食券(プリペイドカード)。面白い。たぶんサラリーマンが昼食で利用する場所なのだろう。
(写真:食券・プリペイドカード)


[PR]
by sceneway | 2006-07-28 23:16 | 【深セン初内装日記】 | 非公開コメント  
2006年 07月 27日
お茶と効能

お茶と効能

 上海に出張した時のこと、ちょうど旬だった上海蟹を食べに行きました。上海蟹は小さくて手も使って食べることになりますので、手は油でねばねばしてきます。

 香港や中国では油っこいものを食べる時、レモンをうかべたお茶の入ったフィンガーボールを出されることが多いのですが、この時もフィンガーボールが出てきました。で、油でぎとぎとした指を浸してしばらくすると、指から油がするっと抜けていく感覚をはっきり感じて感激したことがあります。
 さらに油でぬるぬるになった唇をお茶でしばらく湿らすとこれまたさっぱりとして油分が消えていく感じになりました。

 日本では昔から油を「中和」させるために大根おろしを使いますが、こちらではお茶を使うのでしょうね。

 そういえばこちらのスーパーへ行くと日本の普通の大豆油などのペットボトルなら5、6本を束にして売っています。私は1本買っただけて1年近く持ちましたが、こちらでの油の使用量は半端ではありませんので、油を中和させる方法に普通にお茶を使っているのかも知れません。

(マンションにあるお茶屋さん。中国茶の喫茶店、と言うところでしょうか。店内は広くて2階もあります。麻雀をすることもできるようです)


b0075737_21311376.jpg

b0075737_21313058.jpgb0075737_21314768.jpg


 お茶を調べてみますと、中国には中国六大茶と呼ばれる六種類のお茶、「緑茶」「紅茶」「黒茶」「青茶」「白茶」「黄茶」があるそうです。

 それぞれ発酵度合いが違います。発酵させないお茶が緑茶で龍井茶がこれ、半発酵が青茶で烏龍茶や鉄観音がこれに当たります。

 そして体内の脂肪を落とし、コレステロール値を下げると言われるのが、後発酵の黒茶と呼ばれるもので、香港で飲まれている70%がこれ。たぶんフィンガーボールのお茶はこれでしょう。
「普洱茶」プーアル茶、香港ではポーレイ茶と発音されます。黒茶というとおり色の黒いお茶で葉を乾燥させる前にこうじ菌で後発酵させます。他のお茶と違って古いものほど高価になります。
 私は100年ものといわれるのを飲んだことがありますが、お茶の色がかなり薄くなっていて赤ワインがロゼになったという感じで、味が大きく変わっていました。私にはいい味とは思えなかったですが...

 で、私は緑茶の龍井茶、青茶の鉄観音、黒茶の普洱茶、それに雲南紅茶を用意しています。
 龍井茶は味が日本の玉露に似ているので日本料理などの時、油っこいものを食べる時は普洱茶などと、状況や気分で使い分けています。

b0075737_21321669.jpg こちらでは湯飲みにお茶と湯を入れてお茶を沈めてから飲みますが、飲む時に葉っぱも一緒に口に入りそうになるのが面倒です。
 で、写真のような容器を使っています。これには網になった中ぶたがついていますので、中ぶたをして飲むというぐあいです。白いのはふた。


[PR]
by sceneway | 2006-07-27 21:39 | 生活 | 非公開コメント  
2006年 07月 26日
香港初在住日記(8) 銀行口座開設、買い物 (1996-8-30)

  【8】  1996年8月30日(金)  新しい銀行口座開設と買い物  

香港に来て1ヶ月、香港では当時いろいろな支払いに小切手を使うことが多く小切手帳を持っていないと不便だと感じました。この前に開いた口座は小切手帳がありませんので新しい口座を作ることにしました。

当時携帯電話はまだ高価で持っている人は多くはなかったです。ひところのあの大きな携帯電話とは違って安くはなってきましたが...
1996年8月30日の日記から。


 保留にしていたHongkong Bank、今のHSBCのPower Vantage口座、保証人が必要なようだったので会社の香港人秘書(私の秘書ではありません)に頼んで一緒に銀行に来てもらう。
b0075737_20464813.jpg 他にいいのがあるかよくわからないので、Power Vantageに決め、給料の振込先をこちらに変更。
 それに毎月25日に日本へ日本円に換えて送金する手続きをする。
 必要なことを言うだけで書類は銀行員が完成させてくれる。あとはサインをするだけ。口座の使用方法などを書いた小冊子、念のため、英語と中国語のをもらうがちんぷんかんぷん。どうにかしなければ。
 ともかくも初めて小切手帳を手に入れた。10枚綴りで自分の名前は入っていないが次から名前が印刷される。ちょっとうれしい。

 帰りは早めに退社し、同僚(先輩)が携帯電話を買うというので付き合う。
デパートのコーナーでは女性が一人。彼が「Can you speak English?」と言うと彼女「Sorry」と返事。
彼はがっかり、でも英語で話し続けた。彼女も判らないと言いながらも根気よく聞いて筆談で説明をする。僕よりはるかに英語がわかっている。なるほど、香港ではこの程度は英語がだめな部類か...
 いつの間にかギャラリーができ、一人の若者が横に付いた。英語がわかるので通訳してあげる、と言うことのようだ。若者を通訳代わりに話を進める。
 彼は5000ドルで電話とケースを買った。若者は去っていった。


開設したPower Vantageは総合口座。自動の電話サービスがあり電話で残高照会、振り込んだり、為替情報を聞いたり、小切手帳の請求など、現金を扱う以外は何でも電話でできる感じです。これから使い方を特訓。

何しろ電話といっても広東語か英語だけの自動音声なのでまず言い方になれないと。バランスと言われても残高のこととは気が付かないですし...

ATMでも同じようなことができるので電話とATMの両方を1時間以上かけずり回ってやっと振り込み方法を習得。家賃の支払い用に使います。あとは日本円で貯金したものをレートのいい時に電話で両替、という方法も。

(初めての小切手帳)
b0075737_20471588.jpg



[PR]
by sceneway | 2006-07-26 21:20 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2006年 07月 25日
香港初在住日記(7) 疲れた深センの休日 (1996-8-26)

  【7】  1996年8月26日(月)  疲れた深圳の休日  

香港に来る前の会社にいた頃は年に1ヶ月足らずの期間、中国工場(東莞の田舎)に出張していたので深圳は通過するだけでしたが、これからはじっくり付き合っていくことになります。

香港に来て初めてプライベートで深圳入り。
イミグレーションは今よりはるかに時間がかかります。今は香港人のイミグレ通過は一瞬と思えるほど早いですが、以前は何かのイベントの日など数時間かかることも珍しくなく、そのとばっちりを外人である私たちが受けていたのです。

2001年10月の国慶節。2時間待ち状態
b0075737_15353578.jpg

この頃はイミグレも狭くて少し人が入ればいっぱい。
私が待った最高は...
1995年6月に出張した時、香港側でKCRの改札制限を受け切符を買うのに1時間以上かかる状態で、中国に抜けるのに半日かかりました。



 三連休最終日。12時半、香港側イミグレ通過、至極順調。中国側へ入ると健康申告用紙が変更されていて、入国カードと健康申告票が一緒になってコピー式になっていた。
イミグレへ行くと...今まで見たことないような行列。窓口ははるか向こうで見えない。うんざり。
 イミグレを通過して深圳入りできたのは1時間半後の2時。はあ。
駐車場の近くでCD、VCDを買う。CDは15元、VCDは2枚組25元。2年前、VCDは1枚55元もしていたのに。

 遅い昼食のため、粤海酒店にある日本料理屋へ。でも..イミグレで手間取ったおかげで開店時間を過ぎていた。

 外に出るといきなり香港人らしい大柄の男性が広東語で道を聞いてきた。広東語がわかるはずがなく乏しい北京語の知識から「不明白(判らない)」というと、相手はポカーとしたまま。僕が中国人に見えているのか香港人に見えているのか....

 街を歩き回る。それにしても昔はお金をねだる子供が良くいたのに全く見かけないし、以前は服装で香港人と中国人の区別ができたのに、今は見分けるのが困難だ。中国も急速に変わっている。

 また広東語で話しかけられてきた。もうええやろ。彼はきっちりした身なりでビニール袋を取り出した。金(きん)が入っているようだ。金の売買?「不用」と言って立ち去る。

 人が多かったので、早い目に香港に戻ることに。おかげでイミグレは比較的順調にすんだ。
 KCRから地下鉄に乗り換え。待っていると、また広東語で..おばあさんだった。つっけんどんにはできないので判ろうと聞いてみるがやっぱり判らない。ここでも「不明白」と北京語で。
 でもどうして今日はこんなに...自分の身なりを見てみると..中国で買った20元のTシャツにカラージーンズ、サンダル履き..しょうがないのかなあ

今のオクトパスに替わって当時香港で使用されていた70ドルと100ドルのプリペイドカード(あと50ドルもあったと思います)と羅湖へのチケット、それに片道切符。磁気カードでそれぞれ回収後再利用されます。100ドルのプリペイドカードは駅の自動販売機でキャッシュカードで買うことができました。
b0075737_21164645.jpg



[PR]
by sceneway | 2006-07-25 21:19 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2006年 07月 24日
たこ焼きとお好み焼き

たこ焼きとお好み焼き

 香港には台湾系のたこ焼きチェーン店のようなものがありましてたこ焼きを食べることができますが、ちょっとお味の方が..生地はそんなでもない気がするのですが、おそらくソースとマヨネーズの味がおかしい。それと焼き具合。
 名前が同じなのでこのチェーンになるのか、深圳のお隣、東莞で売っているのを見ました。これも生地は良さそうなのですがソースとマヨネーズの味が...

 太古城のJUSCOで食べたたこ焼きはおいしくて、さすが日本系スーパーと思いました。でも遠いのでしょっちゅう来るというわけにいかず、頭の中で自前で作ろうと「作戦」を少しずつ練っていました。

b0075737_20474291.jpg まず、香港、深圳のJUSCOなどで手に入るものをチェック。たこ焼き粉、天かすは香港JUSCO(香港そごうにもあるという情報も入手)、肝心のたこは深圳のJUSCOで刺身コーナーで売っていて、しかも8時半以降では半額になることも発見。で、この時間帯でまとめて購入、冷凍庫に保存、という方法を。ねぎは深圳のスーパーで普通に売っていますのでこれを使用。
 深圳・東門市場の厨安居近くで鉄板を購入、22元とメチャ安(写真、木の台付き)。お好み焼き用の鉄板として使用できそう。

b0075737_20481054.jpg 日本へ帰省した時にたこ焼き器や必要な器具を大阪の道具屋筋で購入。本場の材料として大阪製たこ焼き粉、お好み焼き粉も2kgずつ購入。きざみショウガなども買いそろえておきました。IHクッキングヒーターでできることを条件にして。

 近畿の人間であるにもかかわらず、たこ焼きを作ったことがないので、ネットでレシピをいくつかピックアップ、自分の気に入った方法を選びます。これで準備万端整いました。ではスタート。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

うまい!!!

[PR]
by sceneway | 2006-07-24 21:27 | 趣味・興味 | 非公開コメント  
2006年 07月 23日
深センめぐり【10】 南山区 テーマパーク 世界の窓

南山区 テーマパーク 世界之窗

 入場料収益で中国NO.1の人気テーマパークということです。世界の名勝をミニサイズで展示するのがメインでアトラクションもいろいろあります。敷地面積48万㎡。

 今回はかわいい「モデル」と一緒に。
知り合いの中国人の親戚の子が深圳へ遊びに来ました。もちろん中国人。世界の窓が気に入ったようで大はしゃぎ。小朋友との1日です。


b0075737_59417.jpg


6歳で自然にでるこのポーズ
b0075737_0181028.jpg

b0075737_0194019.jpg

b0075737_23475326.jpg

b0075737_02116100.jpg


b0075737_0251593.jpgb0075737_0263321.jpg

b0075737_0272341.jpgb0075737_0273733.jpg



b0075737_0284876.jpgb0075737_030679.jpg


b0075737_0311910.jpgb0075737_0314266.jpg



b0075737_0325321.jpgb0075737_0331823.jpg


大雨を降らせて川を氾濫させるアトラクション
b0075737_0341372.jpgb0075737_0342869.jpg



b0075737_0362939.jpgb0075737_0365188.jpg



本当に滑れる室内人工スキー場もあります。ジャンパーを貸してくれますが 寒い!!
b0075737_0373995.jpgb0075737_038090.jpg


b0075737_0503963.jpgb0075737_0505574.jpg

b0075737_011845.jpg

b0075737_0113768.jpg



[PR]
by sceneway | 2006-07-23 23:54 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント