ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

 
<   2006年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧
| 非公開コメント  
2006年 06月 30日
深センめぐり【8】 福田区 花卉世界 - 花と植木街

福田区 花卉世界

深圳には数カ所の「植木街」がありますがその一つ、中心公園にある植木街、花卉世界です。ガーデニングの材料や設備も取り扱っています。とにかく規模は大きいですし、値段も安いです。

b0075737_14465524.jpg



b0075737_1748142.jpgb0075737_17482177.jpg
b0075737_17485896.jpgb0075737_17491844.jpg
b0075737_17501144.jpgb0075737_1750331.jpg


深圳中心公園は文字通り深圳の中心地区にある大きな公園の1つで1.5k㎡あります。
さらに中心公園を歩いて....


b0075737_17512311.jpgb0075737_17514511.jpg
b0075737_17521832.jpgb0075737_17523451.jpg



筍崗西路(笋岗西路)に出ます


b0075737_17532673.jpg



このブログのテーマ・バナーです。5枚の写真をつなぎ合わせています。クリックしてください。(前世代バナー)



[PR]
by sceneway | 2006-06-30 17:57 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2006年 06月 29日
深センめぐり【7】 羅湖区 芸展中心-贈答品、アクセサリーなどのブティックビル

羅湖区 芸展中心


b0075737_16433462.jpg  芸展中心 は深圳・宝安北路の家具店の密集地帯の近く、梅園路にあり、香港モンコックの女人街のように気軽に買い物が楽しめます。贈答品などを扱っています。女人街は露天ですが、芸展中心は複数のビルの中に多数出店されていて規模が大きくきれいです。

 ぶらーっと行ってみました。マンションからは323路のバスで2元の距離、お手軽です。



b0075737_15312100.jpg

b0075737_1534129.jpg

b0075737_1535128.jpg

b0075737_154349.jpg

b0075737_1541391.jpgb0075737_1542341.jpg

b0075737_1543398.jpg

b0075737_1544410.jpgb0075737_1545346.jpg

b0075737_155421.jpg

b0075737_15513100.jpg

b0075737_1553197.jpg芳香器用の香水。2種類買い、45元でした

b0075737_1552129.jpg 何となく芳香灯/アロマランプ(香薰灯; xiāngxūndēng)を買いました。調光器付き26元。
 電球の上にある皿の中に水を入れ香水(香薰)を数滴垂らします。水が温かくなって香水の香りが漂います。


[PR]
by sceneway | 2006-06-29 16:52 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント  
2006年 06月 28日
香港初在住日記(1) いざ香港へ (1996.7.31、8.1)

  【1】  1996年7月31日(水) - 8月1日(木)  いざ香港へ  

1996年7月31日、片道切符で香港へ。日本の会社を退職して香港に出てオーディオの設計技術者として日系現地企業に再就職しました。
1996年を選んだ理由は97年の中国への返還まであと1年、じっくり違いを感じることができるだろうと思ったからです。

そしてこの日から日記をつけ始めました。
香港での最初に就職した会社を離職するまでの1年7ヶ月、ノート5冊分。これから定期的に振り返ります。
来港記念日7月31日と8月1日の日記ですが合わせてノート8ページにわたって書かれていました。その抜粋です。


 1996年7月31日水曜日の夕方、40kgの荷物を持って香港に到着。新しく勤務する会社が手配してくれていたホテルにチェックイン。チェックイン後、地下鉄で会社に向かう。面接時に来ただけなので道がよくわからず、会社の名刺を頼りに通行人に3度ほど道をたずねながら会社にたどり着く。
旧香港啓徳空港。(まだデジカメがなかったのでフィルムカメラからスキャン)
b0075737_0354093.jpg


 その日のうちに総務で入社手続き、契約書にサイン。終業規則には休日が年107日と。思っていたよりも多い。隔週5日制。出勤日の土曜日は半日勤務。香港のワーキング・ビザを申請するために離職票と卒業証明書が必要だと言われる。日本にいる時に言ってほしかった...

 そして勤務第1日目の8月1日、午前に銀行へ行って口座を開設、午後、既に契約がすんでいるというマンションへ。途中、10万円を香港ドルに両替。
 部屋は32階で窓からは空港の滑走路が少しだけ見える。しかしながら自分の思いとは違って少し貧弱...

 会社の香港事務所には日本人も多く、マンション見学から帰ると彼らが寄ってきてどんなところだったか、と聞いてくる。よく問題があるとのことで私の場合も紆余曲折を経て結局2ヶ月後には引っ越しすることに。


b0075737_11452259.jpg

b0075737_1925380.jpg



[PR]
by sceneway | 2006-06-28 18:27 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2006年 06月 27日
香港初在住日記 目次 (1)

  香港初在住日記 概要と目次 (1)  

初めての海外在住生活の体験を中心に振り返ります。
1996年7月31日から1998年4月までの日記から火曜日と水曜日に記事を追加更新中です。

日本ではずっと技術屋でアジアが好きでした。で..
日本で設計して香港の会社に生産委託、中国工場で生産しアメリカへ輸出する、という会社に転職、したがって年に1ヶ月程度の中国出張があり、ここで中国生活と少しの香港生活を経験。入社4年で香港に出る決意をし、会社を辞め1996年7月31日香港へ。奈良語しか話せないまま(特に英語は最悪)、面接をすませていた会社に就職・・
1996年 7月31日 香港へ
1996年 8月 1日 初出勤、普通預金口座開設、アパート決定
1996年 8月30日 総合預金口座開設
1996年10月11日 ワーキングビザ取得
1996年11月14日 IDカード取得
1997年 2月 8日 1997年春節
1997年 2月19日 鄧小平死去
1997年 5月   胆石手術で日本へ
1997年 7月 1日 香港返還、中国・香港特別行政区となる
1998年 2月20日 退職


香港初在住日記( Ⅰ )  1996年7月31日 - 1996年12月31日
【 1】 1996.07.31-08.01 いざ香港へ 【 2】 1996.08.03 香港のマンションの初休日-ガス屋 【 3】 1996.08.07 中国・東莞工場見学 【 4】 1996.08.17 英国文化協会へ 【 5】 1996.08.20 子供と老人と自転車、ビザ申請 【 6】 1996.08.22-23 請求書と支払い 【 7】 1996.08.26 疲れた深圳の休日 【 8】 1996.08.30 銀行口座開設、買い物 【 9】 1996.09.09 Phone Banking 【 10】 1996.09.10 英語の初レッスン
【 11】 1996.09.11 初小切手作り 【 12】 1996.09.14 日本製 【 13】 1996.09.18 自動振込機 【 14】 1996.09.25 日本へ初振り込み、電話の申し込み 【 15】 1996.09.27 中秋節 M氏の経歴 【 16】 1996.09.29 引っ越し 【 17】 1996.10.04 腹痛 【 18】 1996.10.05 電話設置 【 19】 1996.10.06 再び中国へ遊び 【 20】 1996.10.08 英語のレッスンと帰りのバス
【 21】 1996.10.09 香港2度目の自炊 【 22】 1996.10.11 ワーキングビザ取得 【 23】 1996.10.13 安物と高級品 【 24】 1996.10.15 お国訛りいろいろ 【 25】 1996.10.23 IDカード申請 小切手 【 26】 1996.10.27 非常ボタン?【 27】 1996.11.01 今日から11月【 28】 1996.11.03 絵を買う【 29】 1996.11.10 マンション近くのバス停探索、初餃子作り【 30】 1996.11.12 英語レッスン 1ターム終了
【 31】 1996.11.14 IDカード取得【 32】 1996.11.17 複雑な香港の電気機器事情と深水埗【 33】 1996.11.19 急激に冬へ 【 34】 1996.11.30 事務所のぼや-小火 【 35】 1996.12.01 新年カード 【 36】 1996.12.06-11 中国東莞工場へ【 37】 1996.12.11 香港の日本人事情いまむかし【 38】 1996.12.13 テレビドラマ【 39】 1996.12.14 ある香港人同僚との会話 おっ、お金持ち!【 40】 1996.12.15 尖沙咀への路線バス
【 41】 1996.12.18 香港有線テレビ雑感【 42】 1996.12.21 日本料理屋【 43】 1996.12.23 香港と中国をまたぐ会社の配置転換【 44】 1996.12.24 クリスマスイブ、結婚披露宴の招待状【 45】 1996.12.30 年末から元旦へ

香港初在住日記( Ⅱ )  1997年1月1日 - 1997年6月28日
【 46】 1997.01.03 日本のドラマ「29歳のクリスマス」【 47】 1997.01.13-14 香港で仕事で初めての徹夜【 48】 1997.01.16 香港人Mr. Tと【 49】 1997.01.18 中国東莞工場へ - タクシー【 50】 1997.01.21 中国東莞工場で(第4日)ゲストハウスの水トラブル
【 51】 1997.01.22 中国東莞工場で(第5日)【 52】 1997.01.23 中国東莞工場で(第6日)香港で同僚の結婚式【 53】 1997.01.25 中国東莞工場で(第8日) 結婚披露宴の翌朝【 54】 1997.01.29 中国東莞工場から12日ぶりに香港へ-白タク初体験【 55】 1997.01.29 中国東莞工場から12日ぶりに香港へ - 海鮮料理【 56】 1997.01.31 東京出張~春節帰省【 57】 1997.02.10 東京出張~春節帰省(2)【 58】 1997.02.13 2週間ぶりに香港へ【 59】 1997.02.17 春節あけの初出勤-紅包【 60】 1997.02.18 マンションのお隣さん-キャセイのスッチー
【 61】 1997.02.19 鄧小平死去のニュース【 62】 1997.02.20 鄧小平の死と香港人の感情【 63】 1997.02.21 日系アメリカ人Mr. KK【 64】 1997.02.25 Kit Chan 陳潔儀【 65】 1997.03.01 冬の蚊【 66】 1997.03.02 中国工場Ⅱ第3日【 67】 1997.03.04 通訳の面接【 68】 1997.03.05 中国工場Ⅱ 中国カラオケへ【 69】 1997.03.08 中国工場から香港に戻る【 70】 1997.03.09 久しぶりのような日曜日 香港で
【 71】 1997.03.10 また中国東莞工場へ【 72】 1997.03.12 中国工場で シンガポール人技術者【 73】 1997.03.13 中国工場で ある朝鮮族中国人の恋【 74】 1997.03.14 中国工場で - ちょっとしたトラブル【 75】 1997.03.15 中国工場で - やっと香港へ【 76】 1997.03.17 そしてまた中国・東莞工場へ【 77】 1997.03.23 東莞工場で また日曜出勤・・【 78】 1997.03.24 東莞工場で - 初マッサージ【 79】 1997.03.26 東莞工場で - うわさ【 80】 1997.03.29 香港は復活祭の休日
【 81】 1997.03.30 見せかけの香港?【 82】 1997.03.31 復活祭最後の休日【 83】 1997.04.01 香港で - アパート問題【 84】 1997.04.02 中国工場へ - 感情が爆発【 85】 1997.04.03 中国工場 寮のボヤ【 86】 1997.04.04 国際機確認証ISO9000【 87】 1997.04.10 雨の日のロマン AUDIX - 不要輻射試験【 88】 1997.04.13 香港で - 除湿器とじゅうたん【 89】 1997.04.14 週明けの中国工場へ【 90】 1997.04.16 中国工場で - 寮(ゲストハウス)の風呂
【 91】 1997.04.21 深圳のイミグレで【 92】 1997.04.27 香港アパートのクーラー修理【 93】 1997.04.28 香港事務所で【 94】 1997.05.01 メーデー【 95】 1997.05.07 「愛多」 - 当時の有名なVCDメーカー【 96】 1997.05.09-10 中国工場から恵州へ出張【 97】 1997.05.11 ある香港人の若者【 98】 1997.05.18 自宅に香港人を招待【 99】 1997.05.20 胆石手術のため帰国へ - 帰国寸前の大騒動【100】 1997.05.21 奈良で - 手術帰省なのに雑用が・・
【101】 1997.05.27 手術【102】 1997.06.16 日本での手術を終えて香港へ【103】 1997.06.19 香港返還記念切手の申し込み【104】 1997.06.20 手術休みあけで久しぶりの中国東莞工場へ【105】 1997.06.22 香港の休日




[PR]
by sceneway | 2006-06-27 21:10 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2006年 06月 27日
香港初在住日記 目次 (2)

  香港初在住日記 概要と目次 (2)  


香港初在住日記( Ⅲ )  1997年6月29日 - 1997年12月30日
【106】 1997.06.29 香港返還前前夜【107】 1997.06.30 香港返還前夜【108】 1997.07.01 回帰香港1997、香港返還【109】 1997.07.03 フェリーで回帰香港後の東莞工場へ【110】 1997.07.07 ひどい頭痛
【111】 1997.07.10 クビになった小姐【112】 1997.07.13 日曜・香港で休息中なのに【113】 1997.07.19 タクシー乗り換え【114】 1997.07.20 初めての香港ペニンシュラホテル【115】 1997.07.33 社用車のとんでもない運転手【116】 1997.07.24 中国カラオケへ【117】 1997.07.27 上海出張前夜 - 香港の休日【118】 1997.07.28 上海出張日記第1日 初めての上海【119】 1997.07.29 上海出張日記第2日 気のいいポン引きとひげそり【120】 1997.07.30 上海出張日記第3日 ちょっといい加減な運転手
【121】 1997.08.05 香港で3つめのIP電話会社に登録【122】 1997.08.08 香港事務所で - 中国からの訪問者【123】 1997.08.09 香港のたばこの値段【124】 1997.08.10 香港の休息・日曜日【125】 1997.08.13-14 今日も香港勤務 中国工場が懐かしい?【126】 1997.08.16 日本人とフィリピン人の結婚式 教会で【127】 1997.08.19 3週間ぶりの中国東莞工場【128】 1997.08.23 香港の休日 香港カラオケへ【129】 1997.08.24 尖沙咀の休日【130】 1997.08.31 日本へ電話三昧
【131】 1997.09.01 香港返還記念切手やっと入手【132】 1997.09.06 香港の庶民的なレストラン 【133】 1997.09.11 香港で大寝過ごし【134】 1997.09.13 Ms.Kの困窮と嘘【135】 1997.09.14 頭痛と休息 - 香港で【136】 1997.09.17 中秋の名月と再び頭痛 - 香港【137】 1997.09.19 株主総会 - 香港【138】 1997.09.22 明日からまた上海出張 - 香港で準備【139】 1997.09.23 上海出張 - 初めての中国国内航空便を行く【140】 1997.09.27 出張中・土曜日の上海 - 4級VCD
【141】 1997.09.28 上海出張最終日【142】 1997.10.01 香港初の国慶節休日【143】 1997.10.03 日本へ設計の仕事に行った香港人【144】 1997.10.05-06 再び鍵が中に・・深夜の締め出し顛末【145】 1997.10.10 日本から友人の来港 9時20分、10時20分?【146】 1997.10.12 訪問者と香港の休日 輸入オーディオの値段【147】 1997.10.14 香港旅行の友人帰国【148】 1997.10.19 香港・会社の寮にフィリピン人女性たちが・・【149】 1997.10.23 上海出張 - 危険なタクシーの呼び込み 【150】 1997.10.25 上海出張 - 上海の休日
【151】 1997.10.28 上海出張を終えて香港へ【152】 1997.10.30 偶像 - アイドル【153】 1997.11.01 中国東莞工場へ - 再び日本の中古タクシーが 【154】 1997.11.12 ある中華系アメリカ人の社員【155】 1997.11.13 社用車の運転手のマナー 【156】 1997.11.16 アントニオ猪木 - 香港・尖沙咀東【157】 1997.11.28 雑談 -- 東莞工場で【158】 1997.12.01 香港12月【159】 1997.12.03 日本へ行った中国人の感想 - 東莞工場で【160】 1997.12.04-5 風邪 -- 東莞工場で
【161】 1997.12.07 日本のスーパー・ヤオハンの倒産 - 香港【162】 1997.12.08 深圳・羅湖の食堂で【163】 1997.12.12 深圳観光ガイド経歴を持つ中国人社員-東莞工場で【164】 1997.12.14 VCD - 香港の休日【165】 1997.12.15 ふたたび職工食堂へ - 深圳・羅湖で【166】 1997.12.22 みたび職工食堂へ【167】 1997.12.26 結婚したら女性は仕事を辞める!【168】 1997.12.30 大晦日前夜の中国工場


香港初在住日記( Ⅳ )  1997年12月31日 - 1998年2月20日


香港初在住日記( Ⅴ )  1998年02月21日 - 1998年3月22日

(完)



[PR]
by sceneway | 2006-06-27 21:00 | 【香港初在住日記】 | 非公開コメント  
2006年 06月 27日
香港人・深セン人のマナー (3) 深圳の交差点で

香港人・深圳人のマナー (3) 深圳の交差点で

 以前よく通った4車線どおしの道が交差する小さな交差点。朝の通勤時間帯にはバスや乗用車、トラックなどが行き交いよく渋滞しています。

 青信号が黄色に変わる頃、渋滞で交差点を渡りきれる可能性も全くないまま駆け込みで交差点に飛び出す車。案の定、交差点を抜けきることができずに交差点内に留まります。で、せっかく青になった方はこの車がじゃまをして交差点へ入ることができません。渋滞が加速していきます。とまあ、こういう状況も数多く見受けます。

 ある日、この道がスムーズに流れていたので何があったかと思っているうちに交差点にさしかかりました。信号灯を見てびっくり、停電らしく信号がついていません...
で、各車が自分たちの判断で走っているだけなのです...ほんとにぼーぜんとしてしまいました。信号機は必要ない?? で、私は普段より緊張しながら交差点を横断したのでした。

b0075737_15334734.jpg


 そういえば、深圳の街角で横入りとかあってもそんなに気にしている様子がなくクラクションも鳴らさず道を譲ることも多くて寛大だなあと思っていたのですが、その影響なのでしょうか...ただ競争心は強いみたいです。せっかちの人も多いみたいで、バスなどでもとんでもないスピードで走り抜ける時があります。

 深圳で中国を感じるにつけ、現在の欧米中心に決められたマナーではなく、中国独特のマナーを確立した方がいいのでは、とよく思います。この小事件もそれに属する事項なのでしょうか...



 ついでに...
歩行者の道路横断方法ですが、まず中央分離帯までの安全を自分の責任で判断してとにかく分離帯付近までわたります。分離帯でふたたび対面までの安全を自分で判断できたら渡ります。分離帯がなくても立ち止まっていても大丈夫です。車の運転者は頭の中で認識して注意しています。したがって非難するクラクションもありません。

 ただ私が杭州へ旅行した時、杭州で友人の杭州人は「上海なら難しいが狭い道だから大丈夫」と8車線と6車線の道が交差する交差点を信号無視で斜め横断し始めましたのはちょっとまねできない行動でした。


[PR]
by sceneway | 2006-06-27 14:35 | 生活 | 非公開コメント  
2006年 06月 26日
香港人・深セン人のマナー (2) KCRでの小事件

香港人・深圳人のマナー (2) KCRでの小事件

 香港・深圳共に「老弱病残孕抱嬰者譲座」のマナーは絶対的なようですが、香港KCR列車内での出来事です。
b0075737_13514510.jpg
(写真:香港・粉嶺)

 羅湖でイミグレをすませてKCR鉄道を利用して中国から香港へ行く白人ペアがいました。いつも通り羅湖駅は大混雑で到着した列車に乗り込むのはたいへんでどうにか車内に入り込みました。

 見ているとな白人ペアの女性の方が座っている老人になにやら怒っている様子で、最後には杖をついた老人を席から立たせて自分たちが座り込みました。おそらくその老人が自分たちを押しのけて座った、とでもいってるのでしょうか。

 これを見ていた香港人の中年女性が自分の席をその老人に譲り激しく白人をにらみつけていました。広東語で文句を言いますが白人はきょとんとした顔。

 電車が次の駅の上水に着く頃、思いあまったような香港人中年女性は知っている英語の単語をすべてはき出すかのように「私たちは香港人だ!」と白人に対して怒鳴りました。



 私は声はよく聞き取れなかったものの、知ってる範囲だけで推測すれば、どんな事情があるにしろ、はっきり見てわかるハンディーのある老人を無理矢理立たせる、というのはやりすぎだと思います。
 白人側もこの大混雑で自分たち流のマナーを持たない香港人にいらついて理性を瞬間的になくした気持ちもよくわかりますが、第3者から見れば明らかに問題でした。

 つれの白人男性は黙ったままでしたが冷静になりやすい立場だったので冷静に判断して欲しかったような・・・

 やっぱり、郷に入れば郷に従え、当地の常識をまず把握することが大切と思った事件でした。
b0075737_1352256.jpg
(写真:香港・ビクトリアピーク)



[PR]
by sceneway | 2006-06-26 14:34 | 生活 | 非公開コメント  
2006年 06月 25日
香港人・深セン人のマナー (1)

香港人・深圳人のマナー (1)

 普通電車の乗降は降りる人が先のはずなのですが、深圳や香港では様子が違います。混雑する駅ではうまく降りないと降りそびれてしまうかと思うほど乗ってくる人に迫力があります。

b0075737_11133080.jpg香港KCR粉嶺駅

 普通、駅で列車を待つ人はドアの両側付近に待機しているのですが、ドアの真ん中に待機、列車が着いてドアが開くと降りる人も関係なく一目散に空いている座席めがけて突進。親に怒られていた自分の子供時代を思い出しました。とすれば、こちらでは子供のままの状態?

 深圳と香港の境界駅の羅湖ではこれが一番ひどい状態でした。今は乗降ホームが別になったので楽ですが。

 私は電車内の携帯電話の使用は全く問題ないと思っているのですが、こちらでは話す声が馬鹿になりません。対岸の人に大声で話しかけるぐらいの声で話します。そんなに大声なら携帯電話がなくても相手に聞こえるだろうに・・・

 と、マナーは最悪のように思えますが、ここにも彼ら独特のマナーがあることを発見することができます。老人やハンディのある人が乗ってくると必ず誰かが席を譲ります。香港でも中国でも観察しているとこれは徹底しています。妊婦さんにも譲ります。
 香港では以前、日本のシルバーシートのような座席ができたことがありましたが、今ではなくなったようです。こういうシートは必要ないのです。誰かが席を譲ってくれます。

b0075737_11144686.jpg香港のとあるバス停

 深圳のバスには「老・弱・病・残・孕・抱婴者让座」と書かれています。(让は譲の簡体字)。老人、虚弱者、病人、身障者、妊婦、それに赤ちゃんを抱いた人には席を譲りましょう、というものです。
 これらに該当する人や準じる人が乗ってくると必ず席を譲ります。時々はバスの車掌がそういう人が乗ってきた場合、すぐさま周りを見渡して「あなた、席を替わって!」と指示することもあります。その指示は絶対的なようで乗客も素直に従います。

b0075737_11152519.jpg

 私はこういう場面に数え切れないくらい遭遇していますが見ていてもほんとに気分のいいものです。

 深圳に引っ越して1年。時々香港に行きますが、香港では急速にマナーが改善されていまして電車を降りる前に突進する人もぐっと減ってきましたし、携帯電話も声がかなり小さくなりました。

 道路横断のとき、赤信号を無視することも少なくなってきました。ただ...
小さい声で言いますと、これは改善しなくても良かったのですが....実は私がそうなのです・・・やりにくいなあ

[PR]
by sceneway | 2006-06-25 11:16 | 生活 | 非公開コメント  
2006年 06月 20日
果物の王様 ドリアン (榴蓮)

果物の王様 ドリアン (榴蓮)

b0075737_18204021.jpg 今年もかなり安くなってきたのでドリアン(榴莲liúlián)を食べました。500g5.8元。強烈な臭いと味に日本人には好き嫌いがはっきりしている食べ物のようですが、私はけっこうよく食べます。

 今までは取り出された中身だけを買っていたのですが今回は1個丸ごとを買ってみました。30元ちょっと。部屋がドリアンの臭いで充満。外から帰ってくるといっそう臭いを感じます。このごろ慣れたのか、けっこういいにおいに思えています。



b0075737_18205610.jpg 今年初めて買ったのは半月ほど前に香港へ行った時に買って帰りました。香港の方が深圳より心持ち安いです。袋を2重にしてドリアンを密封して、香港の上水からミニバスに乗ったのですが運転手がこっちを見てニコッ。やっぱり臭いが漏れてました。乗客はたぶん香港人ばかりだったと思うのでいやがられることはありませんでしたが。
イミグレではインドネシア人がちらっとこちらを見ました。


[PR]
by sceneway | 2006-06-20 18:31 | 生活 | 非公開コメント  
2006年 06月 19日
深センめぐり【6】 福田区 会員制ウォルマート-山姆会員店, SAM'S CLUB

福田区 山姆会員店 SAM'S CLUB

 山姆会員店(SAM'S CLUB)はウォルマート系の会員制のスーパーで深圳には1店のみで、2005年末に2kmほど西に移動して大きくなりました。

 ここは1年150元の会費を払って店が会員を代表して品物を大量に安く仕入れる方式です。車での来場を基本としていて大きな駐車スペースを持っています。

 2,000元買うと無料配達サービスがありますが実用的な金額ではありませんので普通は入り口付近にたむろしている運び屋を使っています。

b0075737_17144789.jpg

b0075737_17151813.jpg

b0075737_17154165.jpg2階

b0075737_17155992.jpg大きな倉庫に製品を並べた感じのディスプレーです

「大金空調」、ダイキン・エアコン

b0075737_17162415.jpg1階

b0075737_17165230.jpg寿司・刺身のコーナーもありますがネタが少し古そうでJUSCOに比べると少し不安があります

b0075737_17171039.jpg


[PR]
by sceneway | 2006-06-19 17:22 | 【深セン巡り】 | 非公開コメント