ひっこしました(過去記事もすべて) → http://sceneway.blog.so-net.ne.jp/

関連ブログへ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
開設日 : 2006年 5月19日
以前の記事
深圳ブログ
検索
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録本日: SEO対策昨日: メール配信アクセスアップ
  為替レート  ブログトップ

<< 深センめぐり【33】 宝安区福...   深セン新生活日記【11】 なか... >>
2007年 11月 23日
深セン新生活日記【12】 香港のときのADSLモデム返却に香港へ (2005.6.28)

深圳新生活日記 【12】  2005年6月28日  香港のときのADSLモデム返却に香港へ

中国電信もケーブルTVも何も言ってこない。

で、昼から香港へ。HKNetのモデムの返却とOrangeのプリペイドカードの購入のため。
HKNetのビルはわかったが、事務所が見つからない。何の表示もなく尋ね歩いてやっと発見。返却を終える。Orangeはどこへ行っても見あたらない。なくなったのか名前が変わったのか...今日はあきらめる。尖沙咀の吉野屋へ。
深圳に戻ると香港人の友人さんから電話。家に戻ってみると香港人からメールがいろいろ入っている。みんなで食事会、それに僕のマンション見学会の件。返事と思ったが眠さに負けて寝る。

12,800歩

HKNetはNTTの資本が入っている香港のインターネットサービス会社です。
香港に住んでいたとき、友人の紹介で1998年にNTTDataの電話モデムを使ったのが始まりです。理由は日本語が通じるのとメールアドレスがついているからです。
ADSLに変更するときはNTTDataの推薦でHKNetにしたのです。ここもやっぱり日本語が通じ、メールアドレスも付いています。

加入するときは至れり尽くせりのサービスがありますがキャンセルの場合はやっぱり面倒です。指定の場所へ自分でおもむいてモデムを返却しないとデポジットを返してもらえません。でもメールアドレスは保持するので(1ヶ月10香港ドル)関係がなくなるわけではありませんが。
当時は私のようなケースは珍しいらしく、手続きや連絡がちぐはぐでした。今はHKNetからの請求書はPDFファイルにしてメールで送られてきます。当方からは年に一度、1年分の使用料120香港ドルを小切手にして郵送しています。
b0075737_23533854.jpg

Orangeの携帯電話サービス会社は「3」という名前に変わっていると香港人友人が教えてくれました。この時は知りませんでしたので探してもなかったはずでした。
香港で携帯電話はOrangeを使っていたのですが、電話番号を変えずにプリペイドにできるという情報があったのでOrangeのプリペイド携帯にしようとしていました。


深圳南山区蛇口の南山公園大南山からの蛇口の街 2007年11月





[PR]
by sceneway | 2007-11-23 23:41 | 【深セン新生活日記】 | 非公開コメント  
<< 深センめぐり【33】 宝安区福... 深セン新生活日記【11】 なか... >>